FC2ブログ

ISのテロとサンデーモーニングなどの偏向メディア。

しばらく休んでしまいました。
申し訳ありません。
体調面や精神的部分(日本に対する絶望感?)が大半ですが、詳しくはご勘弁ください。
以前青山繁晴さんも、「この国に絶望感を感じる。いやになる。物書きに専念したい。」とおっしゃっていました。
そんな中今日の産経新聞に、三島由紀夫事件の特集記事が載ってました。
三島は日本の背骨を抜かれたような社会、国民を憂い、命を懸けて訴え自決しました。
市ヶ谷駐屯地のバルコニーで演説した三島を待っていたのは、自衛隊員の罵声とヤジでした。
三島はどんな思いで自衛隊員の声を聴いたのだろうか?、凡人の私には到底理解できません。
しかしこの記事を読み、今日久しぶりにブログを書こうと思いました。

私が休んでいた間に世界は大きく変わろうとしてます。
中国の南沙諸島軍事拠点化の動きに、ようやくオバマが危機感を感じ、イージス艦を派遣しました。
しかしこれは遅きに逸してます。
レバノンでの爆破テロ
ロシア旅客機のエジプトでの爆破テロ。
その後すぐ世界中が連日報じたパリでのテロ。
日本のメディアは、安保法整備により日本も中東に自衛隊を派遣するのではないか。
そしてイスラム国(国ではないので今後ISと表記します。)が日本に対しテロ攻撃してくる。
その責任は日本を右傾させてる安倍政権にある。
メディア、コメンテータ、大学教授がこう言って、テロ事件を絡めて安倍政権批判を展開しています。
今日のサンデーモーニングを見てると、金太郎飴の様に左巻きのコメンテーターばかり、視聴者もよくもまあ飽きないものだと感心します。

日本は国連に加盟して、国際協調を目指しています。
左翼的偏向メディアもこれを主張してます。
しかし左翼偏向メディアはIS問題にになると、日本は関わるべきでないと国際協調を無視した放送を垂れ流しています。
関われば日本もISのテロ攻撃を受けてしまう。
しかし日本はエネルギーの多くを中東に依存してます。
ISに対しテロには屈しないと対決姿勢を示す英米仏ロ他の国に対し、彼らは日本はこう言えと主張します。
「日本は平和国家です。中東は日本の安全保障に関係ありません。ISからテロ攻撃も受けたくないので、有志連合の皆さんでISを潰してください。そして中東から日本への安定的、また安全な石油供給をお願いします。」
有志連合、英米仏が「わかりました。日本は安全な場所にいてください。後はこちらがすべてやります。」
左翼偏向メディアや評論家は、諸外国がこう言うと思ってるのでしょうか。諸外国の若者が日本のエネルギー政策の為に血を流すと。
本気で思っていたら彼らは狂ってます。
狂った人間が一定の発言力を持っていたとしたら、日本も狂った国家と諸外国から思われても仕方ないでしょう。

最後に私は三島の思想にはすべて共感するものでもないし、また私の様な凡人には理解できるものでもないでしょう。
しかし下記のような三島の遺書は、私には先の偏向メディア、評論家、大学教授などについても言えるのかなと・・・・。
「・・・日本は見かけの安定の下に、一日一日、魂の取り返しのつかぬ癌症状をあらわしているのに、手をこまねいていなければならなかった。・・・・」

TBSサンデーモーニングニュース23などを見ると、三島の予言が現実化するかもしれません。
日本は取り返しがつかない事になってしまいそうで、恐怖を覚えます。




にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 安倍総理 イスラム国 ニュース23 三島由紀夫 IS TBS サンデーモーニング

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-