FC2ブログ

号外、SEALDsの学生諸君に寄せる。

9月1日です。
今回は無料公開します。

昨日夜の番組、TVタックルがsealdsの特集をやってました。私見てしまいました。
色々考えさせられたので、sealdsの学生諸君に語りかけたいと思います。

SEALDsの皆さん、まだ若いのに政治に興味があり、具体的に行動を起した事に敬意を表明します。
私が皆さんの年齢の頃はノンポリで女の子の事しか考えていませんでした。
バンドを組んで、女の子をナンパすることしか考えていませんでした。
それに比べれば皆さんは立派だと思います。
ホームページを拝見しました。一応「特定の政党は支持してない」とありました。
皆さんの主義、主張はオリジナルで考え、運動を展開してるすれば大変立派なことです。
しかし皆さんほど頭がよくないこの親父には、理解できない事がたくさんあります。
色々お教えいただきたく、御教示いただきたくここにブログを公開します。
特定の政党を支持しないとありましたが、皆さんが主張されるスローガン「戦争法案」、平和憲法堅持、集団的自衛権反対、沖縄辺野古移設反対、特定秘密保護法反対、等々、日本共産党の主張に近いのは偶然の一致でしょうか?。
出来れば「戦争法案」などの既存の政党が主張する手垢が付いた主張ではなく、自分たちオリジナルの言葉で反対を訴えてほしいのです。
この際はっきり「SEALDsは特定の政党、宗教団体、企業には一切属さない事をここに宣言します。」と表明してはいかがですか?
また以前皆さんが主張されていた、特定秘密保護法は成立しましたが、皆さんや反対する、映画監督、作家の方が主張された「映画が作れなくなる。小説が書けなくなる。反体制を表現すると特高警察のような集団によって刑務所送りになる。」
今映画は作れないのでしょうか。小説は書けなくなったのでしょうか。誰か特高警察に捕まって刑務所に送られたのでしょうか。教えていただきたいと思います。
次は安全保障について教えていただきたいと思います。
憲法堅持(9条だと思いますが)、集団的自衛権反対、安保法案整備反対、靖国参拝反対、中国などとは平和外交で日本の安全を守る。と皆さんは主張されてます。
まあこれも既存の政党、日本共産党と同じ主張と理解させていただいてよろしいでしょうか。
外交的手段で日本の安全を守るとは、具体的にどういう外交をすれば、中国は力による現状変更をあきらめるのでしょう。教えていただきたいです。
皆さんは、世界の平和、人権問題も重要なことだと思ってますよね。
では中国の人権問題、チベット、ウイグルでの人民解放軍による侵略と民族浄化政策についてなぜコメントが無いのですか。
もうすぐ、チベット、ウイグルの言葉、文化、民族が地球上から消えようとしてます。その原因は中国共産党による侵略です。
この国とどういう平和外交を考えているのか教えてくだい。
日本列島は、アジア大陸に沿って弓のように横たわっています。中国にとっては太平洋に向かうための障害であり、またアメリカにとっては中国が太平洋に進出するのを阻止するための防波堤のようなものです。
これは好むと好まざるに関わらず地政学的現実です。
この地政学的見地から、沖縄を含めた安全保障を教えていただきたいと思います。
日米同盟、軍事力に頼らない平和外交でシュミレーションしていただきたいと思います。
また違憲問題で一言。
皆さん今回の安保法整備は違憲だと主張されてます。
では皆さんは自衛隊は違憲ではないのでしょうか?
違憲なら自衛隊解体を主張されるべきですよね。
違憲でなければ、9条をどう読めば違憲じゃないのでしょうか?
また今回の法整備が違憲との主張のもと、自衛隊との整合性も。
教えていただきたいと思います。
ああそうそう、ホームページには国連についても記述がありましたよね。
国際連合を中心とした戦争違法化の流れに逆行する。国際社会から日本は信頼を失う。」
集団的自衛権が否定されたら、国連憲章に謳った世界平和に貢献出来るとは思えません。
憲章違反になります。皆さんは国連を好意的に記述してますが、皆さんの主張、9条堅持、集団的自衛権反対の立場なら、国際連合からの脱退を主張すべきではないでしょうか。
国際連合は戦勝国によるある意味軍事組織です。

最後に私の主張です。
憲法は改正すべきです。9条を改正し子供が読んでも理解できるよう、自衛隊、防衛軍でも良いですが、現実に憲法を近づけて、軍隊をはっきり明記すべきです。
ただ現在すぐ憲法改正は難しいのも現実です。
日本人の安全保障をリアリズムに考えると、苦渋の決断ですが、憲法解釈で、自衛隊の存在を認め、安保法整備を進め、日米同盟の堅持、国際連合への貢献を進める事が重要なのかなと思います。

あるシンポジュームで宮家邦彦さんが担当する外交ゲーム「新安保法制下の南シナ海危機」の中で中学生や高校生が活発に発言していたそうです。
その中で中学2年生の男子が
「ネットの情報は信じません。分からない事は図書館で調べます。」そうスタッフに発言したそうです。
皆さんやデモに参加した学生達も、今回の安保法整備について法案を自分で読み込み、日本の安全保障について考え、それでも「戦争法案反対」と主張してるのだと思いますが・・・・・・・・?。
私、先の中学2年生と皆さんが議論してる姿を想像してしまいます。
またそれが実現することを期待します。


クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ







関連記事

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 国際連合 韓国 中国 SEALDs TVタックル 日本共産党 安保法整備 宮家邦彦

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-