FC2ブログ

まさに狂気、集団的自衛権に反対する朝日新聞

連日の寝不足です。
またサッカー中継を見てしまいました。
特にB組スペインVSオランダ戦、2-1くらいで勝負が決すると思ったんですが、まさか5-1で王者スペインがオランダに撃沈されました。
素人の私には分からないのですが、スペインは前回のW杯から4年で弱くなったんでしょうか。
その後同じB組のチリVSオーストラリアは3-1でチリが勝利しました。
解説者の方はスペインが追い込まれたと分析してますが、誰もオーストラリアの決勝トーナメント進出についてはコメントしません。
スペインはこの先どうなるか、面白くなります。この組に日本が入らなくて良かったと思いますが、素人考えですか?
今日のTVウェークアップで、W杯の賞金についてやってました。総額600億円弱、ベスト8に入ると日本サッカー協会に14億円入るそうです。
日本サッカー協会は、予算編成ですでにこの14億円を組み入れてしまっているようです。
日本のTV界がFIFAに払う放映権料は400億円だそうです。
テレビ界としては、ベスト8くらいまで行ってくれないと、費用対効果が見合わないようです。
各テレビ局が毎日W杯を取り上げ、盛り上げて視聴率を稼ごうとするのも分かります。
一方全米オープンゴルフ、松山英樹選手が頑張ってます。
トップと10打差、うーんでも後2日あります。明日期待します。
青木功プロが松山選手に貼りつき、解説してます。
青木プロの解説が面白くてつい笑ってしまいます。話し方なのかな。関根勤さんのものまねのせい?
松山選手の9Hでの、5~6メートルくらいの強い傾斜のバーディーパットが、神がかっていました。しびれます。


今中東が緊迫してます。
イラクアルカイダ系武装組織が台頭してきました。イラク政権が危機に陥ってます。
オバマ政権は軍事的オプションでの対応を迫られます。
2011年米軍がイラクから完全撤退してからこうなることは、予想できました。
オバマは米国の世界の警察を返上し、各国に駐留する米軍の縮小を進めてきました。
体人恐怖症で外交音痴のオバマ政権に対し、共和党のペイナー下院議長は、
「こうなることは以前から分かっていたのに、オバマは昼寝をしていた。」
シリア問題、ロシアによるウクライナ進出、中国による、南シナ海、東シナ海での進出、オバマ政権の能力のなさを物語っています。
今日の産経新聞の古森義久氏のコラムを紹介します。
尖閣問題を長年研究しているラリー・ニクシュ氏が、現状では日本が益々劣勢になるとの認識から、日本はこの問題を国際司法裁判所に提訴すべきだと述べてます。
氏は中国の尖閣領域への浸透が、軍事衝突を招く危機が日に日に増していると警告してます。また日本にとっての提訴による利点を、6項目挙げてますが後日紹介します。
毎日のように中国船が尖閣諸島へ侵入し、自衛隊機に異常接近する中国軍機、さらに今日は中国軍艦が自衛隊の護衛艦と哨戒機に火器レーダーを照射した疑いがると朝日新聞が報じてます。
こんな中、日本では集団的自衛権容認について賛成、反対の議論が行われています。
キャロライン・ケネディー駐日大使が国会内での議員連盟総会で、集団的自衛権行使容認に向けた議論に期待すると述べました。
大使が就任した当時、朝日新聞などが大使はリベラルだと期待し、民主党の蓮舫などは、集団的自衛権に反対するようキャロラインに請願書を出しました。
また、キャロラインが安倍総理の靖国参拝に疑問を呈すると、朝日新聞などはリベラルのキャロラインが反対したと大きく報じました。
しかし今回の大使の集団的自衛権容認発言は一切報じません。
反対派の急先鋒の朝日新聞は今回も「他国どうしの戦争に巻き込まれる。」「憲法解釈はケシカラン。」となりふり構わず、キャンペーンを貼ってます。
朝日の「集団的自衛権の行方」というコラムでは当初反対派、賛成派2人の識者の意見を載せ対比してたのですが、最近は反対派2人になってしまいました。もうなりふり構わず反対してます。
私は何度もこのブログで言ってきました。
憲法解釈はすでに行われてきたのです。
9条は普通に読めば、すべての戦力の放棄をうたっています。占領軍による日本の武装解除そのままです。
しかし自衛権は自然権だとした解釈で自衛隊の保持を、共産党から自民党まで認めてきました。
国際法上保持を認めている自衛権は本来、個別も集団も含めての自衛権です。
他国と同盟関係を結ばなければ、自衛権は個別となるし、同盟関係を結べば集団と言うことでしょう。

朝日新聞は憲法解釈反対なら自衛隊解体を、集団的自衛権反対なら日米同盟破棄を主張すべきです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ
(2014/04/11)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。自主制作CDサポートします。

関連記事

テーマ : 国防・軍事
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 安倍総理 オバマ キャロライン・ケネディー 集団的自衛権 イラク アルカイダ 中国

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-