FC2ブログ

号外「池澤夏樹、集団的自衛権はクーデター」

今日の朝日新聞の夕刊に作家の池澤夏樹氏の寄稿文が載ってます。
タイトルは「死地への派遣」
池澤氏は「集団的自衛権を巡る政府の振る舞いはどう見ても倫理的に一貫性を欠くようなのだが、やはりこのまま無理を通すつもりなのだろうか?」こう言ってます。
私は彼の「倫理的に一貫性を欠く」と言う言葉に違和感を感じました。
まず彼の記事を抜粋して紹介し検証しましょう。
1、憲法九条の「国の交戦権はこれを認めない。」と言う一文ある。そういう規定のないアメリカ軍と自衛隊が軍事行動するのはおかしい。
2、国家に選ばれた一部の人間(自衛隊員の事ですが、左翼作家のサガです。こう言う表現をします。朝日新聞のと同じです。)を死地に派遣する権限があるのでしょうか?
自衛隊員は憲法九条がある、自分たちは他国での戦闘はないと信じて応募した。戦場では殺される危険と同時に殺さなければいけない危険がある。
こんな感じで集団的自衛権行使の反対意見を、反対している朝日新聞に載せてます。
池澤氏、朝日新聞の自作自演です。
これを世間では朝日新聞のマッチポンプと言います。

池澤氏は集団的自衛権を憲法解釈で行使するのは「国家乗っ取り、クーデターだ」と論じてます。
ちょっと待ってください。
憲法解釈がいけないのなら、自衛隊自体が違憲です。憲法解釈で何とか正当化しています。(芦田修正など)。
(私は憲法を作り替えるべきと思ってます。矛盾を解消するため、しかし今の中国の脅威を考えたら解釈の変更も苦渋の選択だと思います。)
池澤氏のコメントから彼は自衛隊の存在は認めているようです。
つまりすでに彼は憲法解釈でこう言った政府解釈を認めているのです。彼が引用した9条第二項全文です。
「前項の目的を達成するために、陸海空その他の戦力は保持しない、国の交戦権は認めない。」
彼はなぜ「陸海空その他の戦力は保持しない」との文を飛ばしたのでしょう。私は意図的に飛ばしたと思います。
つまり彼はすでに「国家乗っ取り、クーデター」に加担したことになります。
池澤氏の言葉「論理的一貫性」そのまま池澤氏に返します。

さらに言うと彼もそうですが、朝日新聞自体中国の脅威について論じません。
集団的自衛権、日米同盟の強化はこの東アジアのパワーバランス無しには論じられません。

ダチョウが怖いものを見たくないため、自分の頭を砂の中に入れてるのと同じです。

シャングリラ対話での中国の講演を池澤氏はどう受け取ってるのでしょう。
池澤氏には、中国の力ずくの人権無視、民族浄化政策「チベット、ウクライナ、内モンゴル、南シナ海、東シナ海(尖閣)」これらを絡めてもう一度、論じてほしいです。

池澤夏樹、あまりにも無知蒙昧なのに呆れていてしまいます。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

国防女子国防女子
(2014/05/12)
宮嶋 茂樹

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。自主制作CDサポートします。

関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 集団的自衛権 池澤夏樹 左翼 憲法9条 シャングリラ対話

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-