FC2ブログ

日本が中露首脳会談で、中国に学ぶこと。

ミサイルを搭載した中国軍機が、東シナ海で自衛隊機に異常接近した件で、小野寺防衛相は
「常軌を逸しいた近接行動であり、危険な行為だ。」と批判しました。
中国側は相変わらず
「日本側が中国防空識別圏に侵入した、重大な国際法違反だ。」と日本側を非難しました。
中国側の言う国際法の意味がよく分かりません。
以前米軍機に異常接近を繰り返していた中国軍機に対し米国は、中国に何度も抗議していましたが改善せず、ついに2001年米中両軍の接触事故が起こってしました。中国軍機は墜落し、米軍機は海南島に緊急直陸しました。
今回の自衛隊機への異常接近も、今後接触事故に発展するかもしれません。
そんな中、南シナ海でベトナム船に中国船が体当たりし、ベトナム船を沈没させてしまいました。
中国の軍事力を背景にした領土、領海の拡張主義は大変危険な状況だと理解すべきです。
集団的自衛権反対などの神学論争を止めて、現実の中国の脅威に対し、日米と東アジア諸国との連携を議論すべきです。
今日の産経新聞で、北海道大学の木村氏の寄稿文が載ってたので、紹介します。
ロシアプーチンの訪中の意味は、この時期開催された「アジア信頼醸成措置会議(CICA)」の開催を、対米、対日牽制のデモンストレーションであると氏は述べてます。
発表された上海宣言です。
「主権、独立、領土保全の尊重、内政不干渉など国際関係の基本原則を厳守すべき。」
中国は南シナ海、東シナ海、チベット、ウイグルでの蛮行を棚に上げこの宣言を表明してます。
また中国は「アジアの問題はアジア諸国で解決する。」と米国を牽制しました。
ロシアもウクライナ問題を抱えながら、それらの問題が無かったかのような振る舞いです。
両国とも自分達の行動、領土領海の拡張は正義だと主張しており、先の上海宣言とは矛盾しないと主張するでしょう。
まさに時代遅れの帝国主義です。
日本のメディアも、安倍総理が危険なナショナリストだとか右翼だとか非難する前に、中露の行動が如何に危険か分析すべきです。
ただ今回の中露首脳会で、もしかしたら中国に感謝しなければならないかもしれません。
氏は「中国は今回、図らずも日本に対し経済上の協力をしてくれることになった。」と言ってます。
ロシアは天然ガスを、現在欧州向けには千立方メートル当たり平均380ドルで販売してます。
中国はそれを350ドルまで値下げする事に成功しました。
今後日本もロシアとはこの350ドル近辺での交渉になると思われます。
日露での交渉だったら交渉ベタの日本です。380ドルで手を打っていたと思われます。
原発が停止し燃料の輸入に頼る日本にとって、これは吉報になるかもしれません。

今後日本外交は、中国の様な自己主張、粘り腰を発揮することを学ばねばなりません。

クリックしていただくとランキングに参加できます。ランキング画面に移動します。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ自衛隊・新世代兵器PERFECTBOOK 2035年兵器カタログ
(2014/04/11)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。
関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 中国 安倍総理 集団的自衛権 防空識別圏 アジア信頼醸成措置会議 天然ガス

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-