FC2ブログ

今日の天声人語「自作自演という墓穴」

今日の朝日新聞天声人語
「自作自演という墓穴」
朝日新聞の事を言っているのかと思いました。
中身はパソコン遠隔操作での片山被告の、真犯人を装った自作自演メールの事でした。
今日の産経新聞は「歴史戦」の中で、朝日新聞慰安婦報道について報じてます。
慰安婦問題が過熱した90年代初め、朝日新聞ソウル特派員、前川氏は韓国内で元慰安婦らに取材し、また済州島で「奴隷狩りをした。」と証言した吉田清治とも会いました。
前川氏は吉田の証言が、あいまいでつじつまが合わないので、結局記事にはしませんでした。
前川氏は、「女子挺身隊の」の名目で強制連行されたと、事実を捻じ曲げて署名記事をかいた植村隆についても首をかしげたそうです。
「勘違いしてるな」と思い、すぐ訂正するだろう。と思ったそうです。
また植村の記事
「女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた、朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人がソウル市内に生存していることが分かる。」
この記事は大きな反響を呼びました。しかし彼女は「養父に連れられ中国に渡った。母に40円でキ―センに売られた。」と記者会見で述べていて、植村の捏造記事だと言う事が分かってしまいます。
朝日新聞慰安婦に関し、
「慰安所、軍関与示す資料」「防衛庁図書館に旧日本軍の通達・日誌」「部隊に設置指示」「募集含め統制・監督」「民間任せ政府見解揺らぐ」「参謀長名で、次官印も」
この他にも
「多くは朝鮮人」「8割が朝鮮人」「主として朝鮮人を挺身隊の名目で強制連行した」「人数は8万とも20万ともいわれている。」
これら事実ではありません。
まあ良くこれほどデタラメを書き飛ばしたなと感心します。
挺身隊と慰安婦は全く別物で、挺身隊と騙して連行したと言う事実はありません。
現在の調査では、慰安婦は2万~3万人で、内訳は日本人4割、朝鮮人は2割程だと言われています。
韓国の性奴隷は20万人と言う主張は、この朝日新聞の記事を根拠にしているのかもしれません。
これらの記事のおかげで、宮沢総理は訪れた韓国で、ノ・テウ大統領に謝罪し、河野談話につながります。
産経新聞が植村元記者が現在在籍する「北星学園大学」に取材を申しこみましたが回答は無いようです。
朝日新聞へ「一連の報道は今も正しいと思っているか。」との質問に
「従軍慰安婦問題は初めから全体像が判明したという正確なものではない。中略、その後の報道の中で、全体像を伝える努力を続けています。」現在進行形だそうです。
だったら経過報道があってもいいと思いますが。
今の慰安婦問題に関する客観的資料を見れば、この問題の全体像はすでに浮かび上がっています。
それをまだ分からないとし、このまま真偽不明として訂正や謝罪をしないで、逃げ切るつもりでしょう。
朝日新聞は韓国や一部の日本人と一緒になり、「従軍慰安婦、強制連行20万人」を自作自演し、結果現在墓穴を掘る事になってしまいました。
天声人語から
「他人を罪に陥れるたくらみに成功しながら、さらに証拠を偽造してダメを押そうとした、それが墓穴となってお縄になる。」


今日の朝日新聞は、集団的自衛権の各紙の社説について書いてます。
以前にも書きましたが、大雑把にいえば朝日、毎日、東京、と、産経、読売、日経との色分けになります。
朝日の記事は地方紙にも言及し、地方紙は反対が目立つとわざわざ紹介してます。
その中で沖縄タイムズの社説をこう紹介してます。
本土防衛の為に捨て石にされた沖縄線の体験を引き、「日中間で軍事衝突が起これば、沖縄が戦場になるのは目に見えている。」と警鐘をならした。
沖縄タイムズと朝日新聞のこう言った見解は理解できません。
普通逆に考えると思うのですが。
力ずくでの領海拡大をもくろむ中国を考えれば、日米同盟を強化しようとするのは自然だと思います。
集団的自衛権行使を容認し中国への抑止にすべきです。
米軍が沖縄から撤退したら、中国はベトナム、フィリピンのように、すぐ尖閣、沖縄に進出します。
中国が集団的自衛権行使に反対してるのはその為です。

朝日新聞、沖縄タイムズの言ってることは中国を喜ばすだけです。
この二紙は中国から金でも貰ってるのでしょうか?

クリックしていただくとランキングに参加できます。ランキング画面に移動します。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

国防女子国防女子
(2014/05/12)
宮嶋 茂樹

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。

関連記事

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 河野談話 天声人語 産経新聞 集団的自衛権

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-