FC2ブログ

中国系米国大統領が生まれる日。

政府の有識者会議「安保法制懇」が憲法解釈について
「憲法第9条は集団的自衛権の行使や国連の集団安全保障への参加を禁ずるものではない。」
とする提言を13日にも安倍総理に提出すると、今日各メディアが報じてます。
私は個人的には憲法改正し、自衛隊を軍とし、同盟国との関係を強化すべきだと思います。
それが一番すっきりします。
しかし憲法改正は現在の所何時になるか分かりません。
それに対し北朝鮮、中国の日本への軍事的威嚇は益々大きくなってます。
日本の憲法改正まで、中国は対日軍事侵攻を待ってくれればいいのですが、そんなに物分かりがいい国ではありません。
憲法9条の解釈変更で、集団的自衛権行使を認めようとする苦肉の策です。
まあしょうがないのかと、我が国の安全保障を担保することが最優先です。
先日、民主党の蓮舫議員他社民党議員19名がアメリカ大使館に安倍総総理の「集団的自衛権」を支持しないように求める文書を提出しました。
しかし訪日したオバマは「安倍総理集団的自衛権行使を歓迎する」と表明しました。
民主党蓮舫議員などは、今後安倍総理が勝手に法解釈し日本を軍国主義国家に導こうとしてると攻撃するでしょう。
今日の産経新聞阿比留氏のコラムで氏はこう言ってます。
民主党政権時「政治主導」と言うスローガンの基、内閣法制局長官の国会答弁を認めず、法令解釈担当相を設け1閣僚に憲法解釈の権限を委ねておきながら、野党になると首相にすらそれを認めず(憲法破壊だ)などと言い募っている。また現在、盛んに安倍政権を批判する憲法学者らが民主党政権時にも同様に、警鐘を鳴らしたとは知らない。結局自分達のイデオロギーに合うかどうかで、対応が変わるのだろう。」
さらに氏はニーチェの言葉を紹介してます。
「権力を持った時は好き勝手に振る舞い、権力を失うと正義の仮面を付けて反権力を気取る。」
まさに民主党の為にある言葉です。

ニューヨーク上院は6日教科書に日本海と東海併記をするよう義務づける法案を可決しました。
下院も今後審議します。
この法案はすでに、バージニア州で成立してます。
併記法案問題は、マサチューセッツ、メリーランド、イリノイ、カリフォルニア、テキサスの各州でも法案提出の動きがあるようです。
慰安婦像、歴史認識、また安倍総理をナショナリストとする印象操作など、韓国系住民の民主党議員へのロビー活動は止まる所を知らず、拡大の一途をたどっています。
結局11月の州議会選挙を見据え、韓国系住民の金と票の為、民主党議員が彼らの言いなりになっていると言う事です。
日本の民主党議員も似たようなものですが、
法案を提出したアベラ議員は法案可決後こう言い放ったそうです。
韓国中国は2千年に渡り(東海)と言ってきた。中略。私は日本側ではなく韓国系米国人の側に立った。」
これで彼は韓国系から政治資金と票を勝ち取った事になります。
またスタビスキー議員は地元選挙区に住む多数の韓国系住民を念頭にこう言いました。
「私の選挙区の有権者や活動団体と出会えた事を誇りに思っている。」
彼もまた、骨の髄まで韓国病に侵されています。
ニューヨークタイムズ紙は
「ニューヨーク州だけでも日系住民2万5千人に対し、韓国系住民は10万人もいる。地元議員がどちらを大事にするか一目瞭然だ。」と指摘してます。
日本がこうしたロビー活動に及び腰だった付けが、取り返しのつかない事態を生んでしまいました。
今後韓国系米国議員が次々に生まれるかもしれません。
そして問題は中国系移民です。NYでの移民の割合はもうすぐ中国系が最大になると言われています。

後手後手に対応してきた日本、この辺で準備しておいた方がいいと思います。
近い将来、中国系米国大統領が就任する日も絵空事ではないと。

クリックしていただくとランキングに参加できます。ランキング画面に移動します。クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

呆韓論 (産経セレクト S 1)呆韓論 (産経セレクト S 1)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。

関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 中国 安倍総理 オバマ 集団的自衛権 民主党 東海併記 ロビー活動

コメント

非公開コメント

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-