FC2ブログ

平昌オリンピックの裏で行っている韓国の反日

平昌オリンピックは個人的には評価しない。
初めから北朝鮮に政治利用されることは分かっていたし、地理的に競技できる環境ではない。
アルペン、ジャンプ等の屋外競技は終始強風と寒さに、選手たちは悩まされ十分なパフォーマンスを発揮できず苛立ちを露わにしていた。
では屋内競技はどうかと言うと、韓国人の観客はオリンピックでは禁止されてる政治的応援、つまり朝鮮の統一旗に竹島を描いて振りまくっていた。
ジャッジはジャッジで不可解な採点をしたりとストレスの溜まる五輪です。
見たくはないが日本人選手が出場してる以上、応援するのが日本人の責務です。
決勝トーナメントで、カーリング女子は韓国と対戦しましたが惜敗してしまった。
残念です。
日本中の国民が応援していて「もう少しだったのに残念。でも選手はよくやった。」との思いが一般的だと思います。
しかしこの試合での報道。
タイトルは「メガネ先輩、激闘を決める一役、重圧をはねのけ日本を破る」
「1次リーグでは日本が韓国に唯一黒星を付けた。そのお返しとばかりに、今度は韓国が勝利し銀メダル以上を決めた。」
韓国紙・朝鮮日報の記事かと思いきや朝日新聞の記事です。
韓国人の目線で記事を配信しています。
「メガネ先輩」とは韓国紙が自国のスキップ選手をそう紹介していました。
朝日はこれを引用しただと思います。
こんな朝日を、ある議員は「チョウニチ新聞」と呼んで揶揄していました。
ここの所朝日新聞は「反日全開」で、ある意味開き直ってる印象を受けます。
朝日新聞は現在部数を減らしていますが、それでも反日・左翼のコアな読者がいて、購買300万部位は維持できるでしょう。
そんなコアな朝日信奉者と思しき、評論家?江川紹子氏がTwitterで、フィギュア羽生選手が優勝しメディアが「羽生選手が優勝した。日本人すごい。」と配信したのに噛みつきました。
彼女の反日アンテナがプルンと振れた様です。
「日本人すごいじゃなくて、選手がすごいだから。」
彼女は「日本人」と言う言葉・「日本国旗(日の丸)」が気に食わないのだと思います。
よく左翼の人間が使う「市民」「世界市民」が彼女の望む言葉だと言う事です。
オリンピックは理念としては「選手中心」また「都市で開催」と言う事を謳っています。
国家間での戦いではない。
しかし現実には国家間の戦いであるのは間違いない。武器を持って殺し合う戦争の代わりに、五輪は武器を持たない代理戦争でもあり、ある意味戦争を回避する為のガス抜きの側面もあると思います。
その為どこの国でも選手育成は国家が行い、優勝すれば国旗を揚げ、国歌を流して選手の偉業を称えます。
選手を支える観客も選手を自国に重ね合わせて誇りに思う。
また選手もメダルを取れば国旗を手にしてウイニングランを行います。
江川氏が取り上げたフィギュア羽生選手も、優勝が決まると日の丸を身にまといリンク上で観客に感謝していました。
リンクを出た羽生選手は日の丸を丁寧にたたむと「誰か持ってください。国旗は下に置けないので。」とスタッフに日の丸を渡します。
世界に身を置く羽生選手だからこそ、「自分は日本人だ」と言う意識を強く持ってるのだと思う。
江川氏のように安全な日本国内に身を置き「偏狭な愛国は反対」と叫んでる輩とは、羽生選手は違うと言う事です。
そして昨夜はスケート・マススケートで高木選手が金、カーリング女子が銅を獲得しました。
高木選手は優勝が決まると、日の丸を高々と掲げてスケートリンクで「日本」をアピールしました。
本当に素晴らしい光景です。
平昌オリンピックのゴタゴタ、胸のつかえが取れてスッキリしました。
しかし江川紹子氏はこの光景を苦々しく見ていたに違いない。
今日のサンデーモーニングの反日・反安部コーナー「風をよむ」で、朝日新聞・論説、編集委員の高橋純子氏が江川紹子氏に呼応するかのような発言をした。
コーナーのテーマはオリンピックのあら探し(傲慢さ)です。
「国内に目を向けると安倍首相が22年までの憲法改正と言う事を、突然ぶち上げたりしてなんでかなと思う。オリンピックで「ニッポン、ニッポン」と皆が言わなければ許してもらえない。そう言う社会の空気にしないよう気を付けていきたい。」
まずTBSサンデーモーニング朝日新聞と手を結びました。
またこの朝日の女性は、五輪の話題に憲法改正と安倍総理批判をさりげなく入れ込みました。
彼女の発言、「ニッポン、ニッポンと言わなければ許してもらえない。」
別に我々は「ニッポン」と言えと誰かに強制されたものではなく、自発的に自然に「ニッポン」と応援している。
しかし朝日新聞的には安倍総理の陰謀だと言いたいようです。安倍さんが、「ニッポンがんばれ」と応援させようと画策してる。
もうここまでくると病気です。どこの国でもやってる事なのに・・・。
自国を誇りに思えないと言うのは、本当に哀れな事です。

平昌オリンピックが開催されてる裏で、韓国の反日は激化している。
韓国の女性家族相が、22日ジュネーブ国連欧州本部で慰安婦問題を喚起するために「慰安婦研究所」を設立すると明言し、日韓合意で使用しないとした「性奴隷」と言う言葉を使用して日本非難を行いました。
これに対し河野外相が抗議しましたが、韓国は聞く耳を持ちません。
産経新聞は「韓国は歴史的に自己中心的な国」(外務省幹部)と言うより、国際関係や他国の国民感情が全く理解できない子供のような国だ。と報じています。
さらに韓国の日本への反日攻撃は続きます。
22日は竹島の日でした。
メディアは韓国に気兼ねしてるのかまったく報じない。
韓国から「反日・日本糾弾」を訴えるご一行様が松江までやってきて暴れまわったようです。
毎年行われる年中行事のようです。
竹島の日粉砕!独島に手を付けうとする者は覚悟しろ。我々7000万人・民族の抵抗を覚悟しろ。」とシュプレヒコールを上げました。
ご一行の中にはソウル市議二人もいたそうです。
何でこんな連中が日本に入国出来るのか?
僕は理解に苦しみます。
韓国は、鬱陵島にある独島(竹島)記念館を視察しようとした稲田朋美議員ら3名の日本の国会議員を、空港で拘束し入国を拒否しました。
しかし日本は暴れまわる為にやって来た、韓国の活動家らを入国させてしまい、堂々と松江で反日暴動をさせてしまう。
これに対し産経新聞で黒田勝弘氏がコラムでこう述べています。
最後にそのコラムを要約して終わります。
「日本人が韓国で反韓デモをやろうものなら逮捕され入国禁止だろう。日本大使館前、釜山領事館前の慰安婦像もそうだが、日本相手なら何をやってもいいと言う「対日甘え」がある。・・・・筆者は以前大学の要請で日本事情を教えたところ当局から『滞在資格(記者)違反』として100万円近い罰金を取られた。・・・反日デモが目的の常習者を毎年入国させ、その保護や警備に多額の予算を使う日本は実に心優しい。」

呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 サンデーモーニング TBS 産経新聞 竹島

フィギュア羽生選手、将棋藤井6段の快挙

インフルエンザになってしまった。
週末に熱があるかなと、思っていたらインフルでした。
今日のブログは縮小版と言うか、書けるとこまで書いてみます。
昨日は床に入りながら、TVを見ていました。
「羽生が負けて、羽生が勝った。」
まず午前中には、将棋のトーナメント戦で、中学生の藤井5段が羽生竜王に準決勝で勝ち、決勝に進出します。
その後すぐオリンピック中継で、フィギュアの羽生選手が優勝し金メダルを獲得しました。
そのまた直後、今度は藤井5段が決勝で勝利して、将棋界では史上最年少優勝と言う快挙を成し遂げました。
この勝利で、藤井さんは5段昇進後わずか半月で6段昇進です。
僕はこの両者の歴史手瞬間を床の中ですが目撃することが出来ました。
興奮した。
ついついTwitterで発信してしまった。
ただ将棋ですが、主催が朝日新聞と言うのが残念。
以前中学生の藤井さんが、愛読書を「百田尚樹さんの『海賊と呼ばれた男』」と発言していましたが、藤井さんを取り上げた朝日の天声人語では、愛読書に関して百田さんの著作以外を取り上げていました。
僕は天声人語が意図的に百田さんを排除したと考えています。
藤井さんの史上最年少優勝と言う快挙に「朝日新聞主催で」と言う肩書がついてしまった事が残念だ。

次は韓国人の民族性について書きます。
ネット上の記事から。
平昌オリンピック、13日に行われた女子ショートトラック500メートル決勝で、韓国選手が失格となり、それにより銅メダルを獲得したカナダ・ブタン選手に対し、韓国人が彼女に対して悪質なコメントをインターネット上で展開して大騒ぎになっています。
その数一万件以上だそうです。
彼女に対する殺人予告などやりたい放題、自国民の選手が失格になった事への不満を、ブタン選手を攻撃して発散させてるようです。
まさに常軌を逸してます。
ブタン選手はメダル授与式で泣き出してしまい、それが世界に向けて発信されてしまいます。
相手選手に対して韓国人がネット上で猛攻撃するのはこれが初めてではない。
ソチ五輪では英国選手に対して同じような攻撃を行って問題になっていまると記事は続けています。

これらの韓国人の民族的特質に対してネットニュースではこう分析しています。
韓国人の恥ずべき習性ににこんな諺があるそうです。
「カメの中のカニ」
カメの中に何匹かのカニを入れると互いに暴れまわる。そして一匹も外に出られない。
一匹が外に出ようと這い上がると、下のカニが先に這い上がろうとして引きずり落とすからです。
一人の中国人が外国の空港に降り立つと10人の中国人がやって来て、少しずつ金を出し合い店を出させる。
次の中国人がやって来ると、今度は11人の中国人が金を出す。
しかし韓国人は違う。
一人の韓国人が空港にやってくる来ると10人の韓国人が全てを剥ぎ取る。
次の韓国人が来ると、今度は11人の韓国人が同じことをする。
韓国では「いとこが土地を買えば腹が痛い」と言う諺があるそうです。
「腹が痛い」とは嫉妬すると言う意味です。
同業者が成功しそうになると足を引っ張り妨害する。
政治だけでなく日常でも、相手を騙す、侮辱する事にためらいはない。
つまり韓国人には「共生の能力が足りない」と言う事だそうです。
こんな事を書くと韓国人、韓国に対するヘイトだと言われそうですが、先のカナダ・ブタン選手に対する誹謗中傷、殺人予告などの韓国人のネットへの書き込み、またこのカニの逸話も、朝鮮日報の記事を引用したに過ぎない。
僕の個人的な見解ではありません。
韓国の有力紙・朝鮮日報の分析記事です。
韓国人の日本への意識はどう考えればいいのだろう。
韓国の反日は、経済大国日本への嫉妬を含んだ歪んだものだと言う事だろうか?
まァめんどくさい国だと言う事だけは間違いない。

朝日新聞に関しても書きたかったけど、今日はこれで終わります。
皆さんもインフルエンザには気を付けて下さい。
インフルに罹患した人間の記事でしたが、この記事を読んだからと言ってインフルはうつりません。
ご安心ください。

呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 朝日新聞 フィギュア羽生

政治ショー、極寒・強風荒れ狂う五輪が開幕した。

平昌オリンピックが開幕しました。
開幕式の最後にNHKのアナウンサーが「閉幕式が終わります。」と言ったそうです。
僕は見ていなかったのですが、ネットで知りました。
NHKのアナウンサーの単なる言い間違えと言うより、今後の朝鮮半島を象徴するような出来事のような気がします。
メディアは「北朝鮮が主導したオリンピック」と政治的色彩を帯びた五輪と伝えています。
現在北朝鮮は国連の制裁で外貨が枯渇してるようです。
産経新聞によると、1990年初頭、それまで北朝鮮の後ろ盾だった旧ソ連が崩壊し90年末期には「苦難の行軍」と呼ぶ200万人にも及ぶ餓死者を出した飢饉に見舞われます。
そこで現れた救世主、金大中大統領が訪朝し金正日と首脳会談を行います。
金元韓国大統領は北朝鮮に対し「金剛山観光事業」を持ち掛け北朝鮮は息を吹き返します。
この訪朝で金元大統領はノーベル平和賞をもらいますが、この訪朝には韓国側から500億円とも1000億円とも言われる金が渡ったと言われてます。
この件で韓国は「金で買ったノーベル平和賞」と世界から不名誉な称号を冠される事になってしまいました。
結局この金で北は2006年初めての核実験を行います。
金元大統領の後、北朝鮮に対する融和政策「太陽政策」を継承した廬武鉉元大統領は、2回目の首脳会談に臨み「開城工業団地」を軌道に乗せて北朝鮮の外貨稼ぎに寄与します。
当然この首脳会談でも金が南から北に渡った事は想像に難くない。
そして外貨が枯渇してる今3匹目のドジョウを目論み、北は文大統領を懐柔して金を引き出そうとするのは当然でしょう。分かりやすい。
さらに言うと廬武鉉元大統領の子飼いだった文大統領は親北朝鮮派です。
文大統領は北朝鮮にオリンピックに参加してもらう為に、涙ぐましいと言うより卑屈なまでに腰を落として要請しました。
韓国は金正恩の妹・金与正を三顧の礼で迎えます。
地上波のテレビは彼女の笑顔ばかり流し「微笑み外交」などと言ってます。
しかし昨日の産経新聞に載った彼女は、全く違う表情をしています。
顎を上げ気味にして、軽蔑するかのような上から目線。キャプションを付けるとしたら、「私は北の王女。あんた達平民が私と謁見するなんて100年早いのよ。」
記事によると、文大統領との首脳級会談では冒頭、文大統領との握手の瞬間こそ笑顔を浮かべましたが、その後冷酷な表情をしていたと、記者は彼女の印象を伝えています。
記事の載った写真からもその冷酷さを感じることが出来ます。
南北融和と、韓国文大統領のみが突っ走っています。
この韓国政府の姿勢に対し、安倍総理・ペンス米副大統領の二人が文大統領に警告を発しています。
もしその警告を無視して、北朝鮮に金銭を含めた支援を行えば、韓国と日米の亀裂は決定的になると思われます。
まさに北朝鮮金正恩の思うつぼと言ったところでしょうか?。
個人的な事を言えば、この五輪は見たくない。
屋外競技は極寒と強風のため、選手からクレームが出てるそうです。
女子スノーボードは強風の為、予選が中止になり一発勝負の決勝のみになったようです。
こんな所でスポーツをやること自体無理がある。
しかし見たくは無いが、我が日本選手が頑張ってるのに応援しない訳にはいかない。
この際、政治的信条は横に置き、日本人選手を応援することにしよう。
あと「怖いも見たさ」と言う誘惑もある。
どんな茶番劇が見られるのか・・・。

サンデーモーニングは沖縄名護市の市長選で基地反対派が敗れた件について。
田中秀征「相当数の基地反対派が新市長に投票している。(新市長は基地反対派を無視できない)」
地元・沖縄メディアの分析によると、10代から50代までは新市長を支持し、基地反対派候補支持は60台から上です。
60台以上と言えば左翼思想にどっぷり浸かった世代と団塊の世代、全共闘世代などが当てはまります。
それに対し10台から50台は明らかにネットで情報を得ている世代だと思います。
この世代は地上波TV、沖縄タイムス琉球新報などを読まない、または報道を鵜呑みにしない世代だと思われます
今ネット民とメディアの戦争が静かにネット空間で行われていて、今回の名護市選ではオールドメディアが敗北した事を意味ましす。
反日、偏向で有名なオールドメディアであるTBS・サンデーモーニングはこの事を認めたくないのでしょう。
再度言います
田中の発言「相当数の基地反対派が新市長に投票した。(だから基地容認派の候補が当選した)」と言うのは選挙分析では間違いです。
こんな事ばかり言ってれば、いずれ彼らは自滅するでしょう。

8日産経新聞の一面の下にこんな記事が載りました。
「お詫びと削除」
昨年沖縄で米海兵隊員が交通事故に際し「日本人を救出しようとして、後続車にひかれ意識不明の重傷を負った。しかし沖縄二紙はこの件を黙殺した。」という記事を、産経は削除しました。
産経によると、「目撃者によると・・・実際に救出活動を行ったかは確認できなかった。」とし「記事中、琉球新報沖縄タイムスの報道姿勢に対する批判に行き過ぎた表現がありました。両社と読者におわびします。」
そして産経新聞は3面で多くのスペースを割いて「検証」を行っています。
この産経の「おわび」に対し沖縄二紙はこう述べています。
琉球新報・編集局長は「琉球新報は今後とも『事実の報道に徹する』と言う基本姿勢に堅持します。」
沖縄タイムス・編集局長は「事実関係の取材が不十分なまま、我々に対し『メディア、報道機関を名乗る資格は無い。日本人として恥だ。』などの表現は不適切だ。」と述べています。
左派系メディアや左翼などが鬼の首を散ったように『報道機関を名乗る資格が無いのは産経だ。」と攻撃しています。
僕は「産経の取材の裏取りが不十分」だったのは致命的なミスだと思います。
しかし紙面1面と3面を使って、お詫び、検証、記事の削除を行ったのは報道機関として間違っていないと思う。
前回のブログでも申しましたが、朝日新聞は森友問題を取り上げ、学校名を「安倍晋三記念小学校」と記事を打って安倍政権を批判しました。
しかし申請書が公表されるとそのには「開成小学校」と明記されています。
これに対し安倍さんご本人が国会の場で「朝日新聞の記事は真っ赤なウソ」と朝日新聞を罵倒します。
逃げ切れないと観念した朝日新聞は6日の朝刊で「安倍晋三記念小学校と報じた」と認めましたが、誤報に対しては謝罪はありませんでした。
これに対し安倍総理は自らのフェイスブックで「朝日らしい惨めな言い訳」と述べました。
また自民党・和田政宗議員も自らのフェイスブックで「謝れない朝日新聞。中略、籠池氏の証言に頼って記事にし、結局誤報になった訳だが、全く謝罪なし。」
これを受けて安倍総理はコメントを書き込んでいます。
「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。」
産経新聞朝日新聞の誤報記事に対する姿勢を比較する本当に面白い記事です。
公器の器である新聞は「誤報、偏向、ねつ造」記事は絶対あってはならない。
もちろん産経新聞も猛省して欲しい。
しかし勇気ある「お詫び」は評価したいと思います。
ただ僕は、産経の今回のお詫び記事にはある意図を感じます。
「肉を切らせて骨を切る」と言ったところか。
産経新聞の今回の誤報記事に対し、沖縄二紙や在京の大手新聞社、また左派系のメディアは一斉に産経を批判しました。
今後彼らは誤報・偏向・ねつ造が発覚した場合、産経以上のお詫び、検証、記事の削除を求められます。
特に反基地派の沖縄二紙は産経をこう批判してます。
「(我々は)事実の報道に徹しています。」
僕は彼らのこの言葉は、絶対忘れる事は無いでしょう。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 朝日新聞 サンデーモーニング 産経新聞 琉球新報 沖縄タイムス

朝鮮統治時代の貴重な証言者がまた亡くなった。

昨日のTBS報道特集は金平茂紀が沖縄から、名護市市長選についてレポートしていた。
この番組はネット上で反日・偏向番組として我々から監視対象になっている。
その為か、基地反対派・過激派であるオール沖縄の候補者と、自民党が支援する候補のインタビュー時間ほぼ同じ時間を割いて報じていた。
しかしその後の番組編集では「米軍ヘリは危険だ」との論調で、米軍ヘリの映像と避難する子供達の映像を流し続けていた。
間接的に基地反対派の候補を応援している。
金平は最後、琉球新聞記者に『政権側が支援してる候補は基地問題について避けている。」と言わせています
TBSそして沖縄二紙、沖縄タイムス、琉球新報は、反基地、反日、反米で親韓国、親中国です。
基地反対派は公職選挙法違反、また相手候補者へ車で突っ込むと言う犯罪行為を行っています。
しかし彼ら偏向メディアは報じる事はありません。
基地反対派はメディアが報じない事をいいことにやりたい放題です。
相手陣営がこんな事をしたら、彼らは鬼の首を取ったように大々的に報じる事でしょう。
選挙日前日のTBSのプロパガンが放送でした。
選挙結果を待っていたんですが、今日深夜、もしくは明日未明になるようです。
寝たいので、選挙結果待たずブログを投稿します。
残念。
追記・名護市市長選
ブログを投稿した直後、自民党が支援した渡具知氏の当選確実の速報が入りました。
反日活動家、オール沖縄が支援した現職が敗れたと言う事です。
TBS金平茂紀があれほどき反基地報道を繰り広げましたが、TBSのプロパガンは名護市民には届かなか様です。
金平茂紀の悔しさのあまり、歯ぎしりする音が聞こえる気がします。
久々に痛快な思いで安眠出来そうです。

今日のサンデーモーニング
関口宏がインフルエンザで休んでいます。
関口がいなくても番組の偏向報道は変わりません。
日本のメディアはあまり報じていないようですが、今米国では第二のウオーターゲート事件になるかもしれないと大騒ぎになっています。
大統領選でヒラリークリントンが優勢になるよう、FBIやCIAが暗躍したとする疑惑です。
以前からクリントン陣営はチャイナマネー疑惑、また私的メール使用などで追及されていましたが、うやむやになってしまいました。
そこに今度またこの疑惑です。クリントンが逃げ切れるか注目です。
トランプはこの疑惑の機密文書を公開しました。
これがサンデーモーニングにかかると、正反対な印象報道になってしまいます。
元外務次官藪中三十二がこの問題をこう解説しました。
「この4PメモはFBIの不当性を印象付けようとしてる。トランプは自分の疑惑潰し、疑惑から目をそらさせる為に文書を公開した。」
番組ではこの文書の公開を批判的に報じています。
トランプの権力の乱用だと言わんばかりの報道です。
これはFBIがメディアを使ってトランプが不利になるように画策していたと言う文書です。
しかし番組ではトランプは悪だと言う論調で終始していて、まさに「トランプが問題だ」と印象付けようとしています。
藪中氏は「不当性を印象付けようとしてる」と述べましたが、その言葉はそっくりそのままサンデーモーニングに言える事ではないか。
笑ってしまいます。
次のコーナーでは、自民党の茂木議員が地元有権者に「線香」を配っていたとの野党による国会追求を取り上げました。
この線香問題は野党側にも飛び火しました。
希望の党の玉木代表は茂木議員に「出処進退は自ら判断すべき」と議員辞職を求めましたが、玉木議員自ら59万円の慶弔費を支出したことが明らかになり、予定していた2日の記者会見を急遽取り止めてしまいました。
つまり追及されるのを恐れ逃げだしたと言う事です。
立憲の蓮舫は茂木議員に対し「線香をタダで配る、政治活動の目的を教えてください。」と詰め寄りましたが、その後立憲の山尾志桜里議員、近藤議員、風間議員も線香を配っていたことが明らかになっています。
しかし番組では野党側の線香について報じる事はなく、森友学園問題に移り、安倍総理に疑惑があると印象付ける報じ方です。
ここでも野党に甘く、自民・安倍政権を攻撃する報道姿勢を露呈した形です。
関口宏が休んでも「偏向報道」は健在と言う事です。

偏向・反日メディアの雄と言えば朝日新聞ですが、ここに来て常軌を逸してしまったようです。
森友学園で疑惑の証拠として報じてきた設立趣意書ですが、朝日新聞はここに来てこの設立趣意書について全く沈黙しています。
あれほど「設立趣意書の黒塗りで隠された学校名は『安倍晋三記念小学校』だ。」と大きく報じてきましたが、黒塗り部分が公開されたら、なんと「開成小学校」だったと言う笑い話のようなオチがついてしまいました。
民進党も朝日新聞の記事を取り上げて安倍総理を攻撃してきましたが、結局このざまです。
1月31日安倍総理は国会答弁で「朝日新聞の報道を前提として民進党も国会で質問した。」と小川民進党議員の質問に朝日新聞を名指しで批判し答弁しました。
翌日の新聞各紙は安倍総理朝日新聞を批判と報じましたが、朝日新聞は全く触れる事はありません。
29日も安倍総理は「朝日新聞の報道は真っ赤なウソだった。」と述べてます。
「真っ赤ウソ」と批判された朝日新聞はこの件にも沈黙を守っています。
誤報だったら読者に謝罪しなければなりません。
朝日は「朝日新聞の森友・加計報道はデタラメで、戦後最大の報道犯罪」とする小川榮太郎を名誉棄損で訴えています。
「私たちは真実を読者に伝えてる。デタラメで報道犯罪とはケシカラン。訴えてやる。」
こう大見えを切った手前「誤報でした。」とは言えなくなってしまったようです。
ただただ沈黙してしまった朝日は、公器としての新聞社の資格は無い。

今日の産経新聞に昨年6月に行われた、「朝鮮総督府官吏」だった西川清氏のインタビュー記事が載っていました。
先週は日韓併合時代に朝鮮半島で軍医となり、慰安婦たちを検診していた高地俊介氏を紹介しています。
西川氏は和歌山出身で昭和8年に日本統治下の朝鮮に渡ったそうです。
複数の群の内務課長を歴任し、朝鮮人の徴用などに直接かかわり、慰安婦や徴用工問題をめぐる韓国人の言い分が、どれほどウソとデタラメなものか身をもって知っていると産経の記事は伝えています。
韓国人の虚偽の主張が世界に広まるのを危惧して、安倍総理に事態を憂う手紙を送ったり、自身の体験を綴った「朝鮮総督府官吏、最後の証言」を書いて併合の真実を訴えていました。
氏によると当時朝鮮では「日本人と朝鮮人はごく当たり前のように仲良くやっていた。」そうです。
朝鮮総督府の地方官吏養成所には13の県から計50人が選ばれます。
江原道からは西川ら5名、そのうち2人が朝鮮人です。
地方官吏には日本人、朝鮮人が差別なく選ばれ郡の内務課長などに就任し、人事や総務を司る枢要ポストを任されたと言う事です。
西川氏の上司・郡守(首長)は朝鮮人、郡の上部組織である道の部長クラスも、ほとんどが朝鮮人でした。
「上司にも部下にも朝鮮人がいました。みんな仲良くやっていましたよ。・・・戦争が始まっても朝鮮は空襲も無く物資も豊かだった。(略奪や奴隷的使役課した)西洋の植民地支配とは違い、日本は朝鮮に多大な投資をした。『土地を奪った』とする非難も当たらない。従来曖昧だった朝鮮の土地を日本が測量・登記して権利関係を整理したのが真実です。」
徴用に関しては「殴る蹴るで無理やり連れてったと言うのはとんでもない。(日本人・朝鮮人の役人が)ちゃんと面談し、労働条件を示した上で納得ずくで日本に働きに行った。給与などの条件面も悪くは無かった。」
また朝鮮人慰安婦に関して
「当時の朝鮮にはカルボチブと言われる売春所があり、慰安婦たちはそこで働いていた女性たちが多い。もし日本の官憲が女性たちを強制連行していたら、それを指示する通達文書が残っているはずだが、私は聞いたことが無いし、警察官には朝鮮人が多かった。無理やり強制連行したら大騒ぎになってるはずです。」
西川氏は何としてもこの事実を伝えたいとして、平成25年に安倍総理宛に手紙をしたためますが、返事が来ることは無かったそうです。
安倍総理からの返事を待ちながら、「最後の朝鮮総督府官吏」西川清氏は102歳で昨年8月に亡くなりました。
貴重な証言者がまたなくなりました。
日韓合意を見直そうとしてる、韓国・文大統領の高笑いが聞こえて来るようです。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

tag : 韓国 朝日新聞 安倍総理 サンデーモーニング 産経新聞

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-