FC2ブログ

日韓合意の無効を画策する韓国

先日の産経新聞・産経抄から
「これでソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像は撤去出来ます。」
「男と男の約束です。」
2年前12月、慰安婦問題の最終的・不可逆的解決を謳った「日韓合意」が結ばれる際に、韓国の李在駐日大使は、日本側担当者にこう語ったそうです。
そして日本側は韓国に約束した10億円を拠出し、韓国に送金しました。
その後慰安婦問題はどうなったのか?
皆さんもご存知の通り、ソウルの日本大使館前の慰安婦像は撤去されるどころか、釜山の日本領事館前にも慰安婦像が立ってしまい、ソウル市内では慰安婦像を乗せたバスが走り回っています。
さらに韓国の国会では8月14日を「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」とする決議を決定しました。
報道によると、先ほどの「男と男の約束です。」と胸を張って言い放った李在駐日大使は贈収賄で逮捕されて韓国の刑務所の中にいるようです。
今年6月に行われた、読売新聞、韓国日報の日韓共同世論調査、今後日韓関係が良くなると答えたのは韓国側が56%、日本側はわずか5%です。
これだけ日本を馬鹿にしていれば、日本人がこう判断するのは当然ですが、韓国人はこれが理解できない。
「何で日本人は我々韓国人を嫌うんだ。結局われら朝鮮を差別してるからに違いない。」と勝手に解釈して「日本人は我々を差別してる。怪しからん。」と言い出して、世界に告げ口外交を展開します。

韓国の女性外相が文政権で初めて訪日した。
口を真一文字んに結んだ河野太郎外相と笑みを浮かべる康外相が印象的でした。
韓国文大統領は訪中して「日本軍による南京での大虐殺に、韓国人を代表して心を痛めています。」と中国側に媚びを振っていましたが、中国側はそんな文大統領は冷遇しました。
その為かどうか分かりませんが、韓国側は今度は日本にすり寄ろうとし始めます。
現在日本で行われる予定の日中韓首脳会談が、中国側の都合で頓挫してしまっています。
文氏は「私だけでも訪日しましょう。」と日韓首脳会談を日本側に呼びかけています。
今回その為の康外相の訪日でもあります。
康外相は安倍総理の平昌オリンピックに会わせた訪韓を要請しました。
韓国側は盛り上がらないオリンピックに世界的に有名になった安倍総理を利用しようとする魂胆です。
また日韓合意について現在文政権は検証部会を作って分析作業をやっています。
康外相はこの作業部会について、日本側に理解して欲しいと身勝手な要求を行いました。
日本政府は「国内で検証するのは勝手だが合意はチャラには出来な。」と韓国側を突き放しました。
康外相の訪日を安倍政権は決して歓迎してる訳ではありませんが、中国と違って一応外交儀礼に則り、ティラーソン米国務長官、ラブロフ露外相にしか振舞わなかった「天ぷら」が、康外相にも出されたそうです。
個人的にはスーパーの総菜コーナーで売ってる「冷めた天ぷら」で十分だと思います。
康外相は19日訪日し20日早朝に羽田から離日しました。
韓国側の呼びかけ、「安倍総理の平昌オリンピックへの出席、文大統領の訪日」に関して、日本政府は明確な返答はしませんでした。
当然と言うか、拒否すれば良かったのにと僕は考えます。
日本は韓国を甘やかしてはいけない。この点については中国の文大統領への冷遇を見習うべきです。
ダメなものはダメだと、子供を教育するように頭を引っ叩いて理解させる(比喩的表現です。)事が重要です。

康外相が帰国すると、韓国からこんな報道が流れてきました。
韓国外務関係者は、日韓政府間合意に関する検証結果を27日に発表する予定だと明らかにしました。
日韓合意にある「不可逆的解決」などの文言を問題視して、今後の政策方向が勧告される可能性があると言う事です。

結局康外相は何しに日本に来たのか、まさか飯倉公館の「天ぷら」目当てではないだろう・・・。

これが、今年最後のブログになります。
結局最後は韓国ネタで終わってしまいました。
今年もあと一週間。
書き残した事では米国の北朝鮮への軍事力の行使です。
クリスマス休暇のこの時期トランプの思惑は?・・・・。

皆さん一年間このブログを支えていただきありがとうございます。
皆さんの来年のご健康・ご多幸をお祈り申し上げます

来年は1日か2日頃更新予定です。
では皆さんよいお年をお迎えください。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 安倍総理 産経新聞 慰安婦像

MXテレビ・ニュース女子へのBPO意見書

MXテレビのニュース女子が沖縄の反基地闘争に関する報道に対し、市民団体?代表の在日・辛淑玉らから同番組で名誉を棄損されたとする申し立てに対し、BPOが「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。
放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったとして批判しました。
番組の内容は長くなるので申しませんが、これは明らかにダブルスタンダードです。
そしてニュース女子で「反対派が救急車を止めた」との報に関し、BPOは「(反対派が)救急車を停止してもらい、誰を搬送してるのか確認した事はあった。しかしそれは数十秒。救急車を止めた事にはならない。」と結論付けた。
止めた事には変わりないのに、止めた事にはならないとBPOは詭弁を弄している。
そもそも救急車と言う人命に関わる車を止める権利が反対派にあるのか?
その他のBPOの指摘は、TBSの報道特集・サンデーモーニングまたテレ朝の報道ステーションについても言える事ですが、TBSやテレ朝はわざとねつ造、偏向、サブリニナル的編集を繰り返している事を考えれば、こちらの方が悪質だと言えます。
しかしBPOの左翼の委員達にとってはテレ朝、TBSは公正な報道をしてると言う事になるようです。
委員の女性弁護士は事前に「ニュース女子」を批判しておりBPOが公正に論議したとは言えず、初めから結果ありきと言ったところだと思います。
何しろ以前は辛淑玉のお友達、あの香山リカが委員を務めていたのですから、笑ってしまいます。
NHKをはじめ民放各局がこのBPOに多くの金を出資しています。
BPOに払う金があるなら、国民に電波使用料をもっと払うべきです。
以前も言いましたが、民放は3000億円の売り上げがありながら、わずか4億とか5億円位しか国民に電波使用料を払っていません。
TBSなどは年間4億円位で反日プロパガンダが行えるとすれば、こんな安い反日工作はありません。

沖縄の普天基地の隣にある小学校に米軍機から窓が落ちてきたと大騒ぎになっています。
反基地活動家・メディアにとっては、我が意を得たとばかりに大喜びの様相です。
彼らのこんな言葉が聞こえてきます。
「さあこれで反基地運動が盛り上がる」
こんな事を書くと「反基地の人たちをそんなに悪く言うべきでない。彼らも子供達の安全を考えての行動だ。」
と言われそうです。
こういう人達には僕はこう言う事にしています。
以前日本政府と米軍側が話し合い、この危険な場所にある小学校を移転しようと言う事になりました。
米軍側は米軍家族が住む土地を日本側に提供し、そこに小学校を移転することになりました。
しかしこの計画は、基地反対派が猛反発して頓挫してしまいました。
反対派の言い分は「危険な場所にある小学校は反基地運動の象徴だ。小学校が移転したら普天間基地の危険性をアピールできなくなる。基地が固定化する。」
そしてこの小学校の移転計画はその後も持ち上がりますがその都度、基地反対派や沖縄メディアによって潰されてきました。
沖縄の反基地活動家は、小学校の児童たちを人間の盾のように反基地運動のシンボルとしてしまっています。
つまり彼らに「小学校の子供たちの安全」などと言う資格はありません。

今日のサンデーモーニングの風をよむ
ノーベル平和賞を受賞したicanの「核廃絶を訴える。」を取り上げていた。
受賞スピーチの席に日本が欠席した事を批判した
「日本はアメリカの核に守られてる。」からアメリカの顔色を窺って欠席したと述べました。
僕はそれを聞いて「あんた達もその核の傘に守られてるんだ。」と画面に突っ込んでしまった。
僕もこう言いたい「核なき世界を訴える。世界平和、人類は皆手を取り合って生きていかなければならない。」
そしてこうも思う「僕はなんて善良な人間なんだろう。皆もそう思ってくれるはずだ。」
しかし世界はそんなに甘くない。
その根本は人間には「欲」があると言う事です。
「欲」があるから技術は進歩し文明が生まれる。その一方資源や食料、領土の拡大を目指した紛争が生まれる。
この「欲」を捨てなければ、世界にある核を「同時に廃絶する」のは無理です。
今後世界は食料、資源特に水の奪い合いが始まります。自国民を犠牲にしてまで核廃絶を行う事はあり得ない。
サンデーモーニングはこんな状況でも「日本は米国の核の傘から離脱しろ。」と言いたげです。
そして最後に発言した青木理の言葉に注目したい。
彼は「icanにはピースボートも絡んでる。だから日本政府はこの件に関し、あまり言及しない。」
ピースボートはこのブログでも何度も言ってきたが、辻元清美が学生時代過激派と一緒に設立したNGOです。
安い値段で世界旅行が出来るとの謳い文句で、学生たちを集めて船内でセミナーと言うオルグ活動をしていたのは有名です。
そして過激派を世界に送り届ける為にも使われていたと言われてきました。
そんな団体がノーベル平和賞を受賞した。
TBS・サンデーモーニングは嬉しくて仕方ないようです。

最後にサンフランシスコ市が慰安婦像を公共物にしたとの報に対し、姉妹都市関係の解消を訴えていた吉村大阪市長が、サ市のリー市長の急死の報に接し、解消の通知は来年6月頃誕生する新市長の言動を見て考えると述べました。
しかし僕はこれには反対します。
サ市に慰安婦像が建ってるのは現実です。
ならば粛々とサ市の副市長または市長代理に解消を通知すべきです。
リー市長が急死しようが、生きていようが関係ありません。
行政は粛々と行うべきであり、日本人特有のセンチメンタリズムは必要ない。
それが世界標準であると考えます。
そしてこれは中国韓国が行ってるプロパガンダ・南京大虐殺、慰安婦問題に対しても言える事です。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 サンデーモーニング 中国 ピースボート 辻元清美

慰安婦像に関し吉村大阪市長に見る日本人の矜持

毎日のように 北朝鮮の不審船が日本海岸側に漂着している。
船内は無人の物もあれば、白骨化している遺体がある物もあるようです。
当然日本海には多くの遺体が浮かんでいるか、海底に沈んでいる事が考えられる。
「網に遺体が入っていくる事も考えられる。」とインタビューで日本人の漁民が心配していた。
消費者の僕たちにとっても気分のいいものではない。
当初日本人の中には彼らを「かわいそうな独裁者による犠牲者」との見方が多かったと思う。
北海道の松前小島沖で発見された北朝鮮からと思われる木造船に対し、海上保安庁は人道的見地から「遭難者」として、体調不良の乗組員一人を病院に収容し、毎日コメ5キロの他サバ缶などの缶詰を一人一個づつ差し入れたそうです。
しかし調べていくと、松前小島にある漁民たちの為の小屋から、家電やソーラーパネル、果てはドアノブや釘などの金属を盗み出していたことが明らかになってきて、警察は彼らを「遭難者」から盗人・犯罪者として逮捕しました。
朝鮮有事があったとき多くの難民が日本にやってくることが考えられる。
我々は彼らが松前小島で何をやったのかよく考えて肝に銘じるべきだ
菅官房長官はこれら北朝鮮からの木造船に関して「実は軍所有の船が漂着している」との認識を示しました。
昨日のTBS・報道特集で金平茂紀が松前小島に乗り込んで、この事件をレポートしていた。
さすがの半島擁護の金平も、今回の事件は擁護出来ないだろうなと思って見ていたが・・・甘かった。
「北朝鮮から来た彼らは、ある意味難民と言える。」とレポートを結び、まるで日本は彼らを保護しろと言わんばかりです。
呆れてしまった。

サンデーモーニングの「風をよむ」
北朝鮮に対する日本外交について述べていた。
出演者が総じて主張したのは「北朝鮮に対して圧力をかけるな。戦争になったら日本は被害を受ける。」
と言う事です。
そして「欧州を交えた日本外交で解決。」と良く分からない発言。
「話し合いで平和解決」と言い続けた結果。北の核は完成しICBMもほぼ完成と言う自体になってしまった訳です。
今が安全ならいいじゃないか。と言う事で将来の危機を予測しない。
大宅映子が日米同盟、安倍総理トランプの親密な関係についてこう批判した。
「仲良し関係だからべったりでいいと言うんじゃなくて、仲良しだから違う意見を言う事も大事。私は普段から意見が違う人と遊ぶようにしてる。」
お前が言うなと言いたい。
サンデーモーニングは意見が同じ人間しか出さないじゃないか。
報道特集に続きこの番組を見て再度言いたい。
呆れてしまった。

韓国の平昌オリンピックが開催出来るか、文政権が崖っぷちに追い込まれています。
欧州が半島有事を危惧して選手団の派遣に難色を示してると先日報道されましたが、これが米国にも飛び火して米国も派遣するかどうか検討すると言い出しています。
そんな中IOCがロシアの参加を認めない決定をしました。
韓国にとったら正に「泣きっ面に露」と言ったところです。(産経新聞)
そんな中でも韓国は「反日」だけは忘れることはありません。
今月末に韓国の女性閣僚がやって来て「日韓合意」の見直しを訴えるそうです。
何を考えているのか、本当に馬鹿な国だなと思わざる負えない
さらに「安倍は平昌オリンピックにやって来るべきだ。そして大韓民国のオリンピックを盛り上げろ。」と自分勝手な主張を繰り返しています。
ただ韓国メディアは、ようやくチケットの50%が売れたと報じています。
この時期に50%が好調と言えるのかどうか僕には分かりませんが。
皆さん平昌オリンピックのマスコットはご存知ですか?
「スホラン」と言うらしいです。
酷い着ぐるみです。

サンフランシスコ市の公共物になってしまった慰安婦像について、今日の産経新聞でジャーナリスト・門田隆将氏がコラムを寄せています。
この問題は前回もこのブログで述べてきました。
サ市の中国系の市長が韓国系・中国系の住民の要望を受けて慰安婦像の市への寄贈を受けると言う事が報じられると、姉妹都市の吉村洋文大阪市長が抗議のメールをサ市長に送りました。
サ市長からは「慰安婦像に関する抗議は受け入れられない。」との返答が吉村市長に、送られてきたようです。
バカにされた吉村氏は「姉妹都市を解消する」と表明しましたが、これに対し朝日新聞などが吉村市長を批判しました。
朝日は社説で「姉妹都市、市民交流を続けるべきだ。」と吉村氏を糾弾しました。
これに対し吉村氏は「朝日は僕を批判する前にやる事があるだろう。」と反論しました。
朝日新聞慰安婦報道で、詐欺師吉田清治の著作を長期にわたり連載し、慰安婦は性奴隷、強制連行などの誤報を世界に発信してきました。
吉村氏は朝日に、この「落とし前」を付けてから言えと批判した訳です。
ジャーナリスト・門田隆将氏はコラムでこう述べています。
「日本の若者の将来の為にも、朝日新聞は国際社会に向けての訂正と謝罪記事の掲載を強く求めたい。」
大阪・吉村市長が本気で姉妹都市解消をしようとしてる事が明らかになったら、今度はサ市の市長が「姉妹都市解消は考え直してほしい。」と言い出しています。
これでも分かるように朝日新聞の言うような「事なかれ主義」は国際社会では通用しないと言う事です。
反論するときは強硬な態度を見せてこそ、そこから交渉が始まるのです。
吉村市長はぜひ姉妹都市は解消して欲しいい。
世界に向けて日本人の矜持を見せる時です。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 安倍総理 サンデーモーニング トランプ

朝鮮半島有事に無頓着なメディア

学生の頃はまだ右も左も分からず、ノンポリのアホ学生だった僕でさえ、岩波書店の「広辞苑」は持っていた。
新聞は朝日新聞、辞書は広辞苑と言う時代でした。
産経新聞などを読むのは馬鹿な右翼だ。と左派から罵倒されたものです。
その左派系で有名な岩波書店の広辞苑が台湾について「中国の省の一つ」と改訂して大騒ぎになってるようです。
大騒ぎと言ってもいつものようにメディアはほとんど報じていませんが、ネット上では炎上してるようです。
この騒動に対し中国・人民日報系の「環球時報」が岩波を絶賛して擁護しています。
台湾併合を目論む中国にとっては、中国の主張そのままですから歓迎すべき事ではあります。

今日のサンデーモーニング
寺島実郎は、北朝鮮の今回のミサイル発射について「弾道ミサイルは飛ぶ距離ばかり注目されて『13000キロになった』ばかり言われてる。しかしミサイルは命中精度が重要だ。」
ミサイルの命中精度は大した事は無いのに、危機感をメディアが煽ってるのでは?と言いたげです。
何を馬鹿な事を言ってるんだ。と僕は言いたい。
今回のミサイルはロフテッド軌道で4500キロの宇宙空間に到達し、日本からわずか250キロのEEZ内に着弾した。
これは北朝鮮が命中精度に対し相当な自信をもって発射した証です。
宇宙ステーションや人工衛星が400キロ上空を飛行していますが、その10倍以上の高度に到達し、日本からわずか250キロの地点に着弾させる。
日本国内には絶対着弾しないと言う自身の表れだと思います。
つまり北は弾道距離と命中精度両方を獲得したことになる。
さらに問題なのは今回のミサイルが多弾頭化してるのではとの見方です。
弾道が三つに見分かれて日本に降り注いだら迎撃が難しくなります。
日本だけでなく、米国・欧州にとっても脅威だと言う事です。
癌は小さいときは簡単に摘出できますが、大きくなるにつれて難しくなる。最後には命を落とす。
米国の「38ノース」によれば北朝鮮は、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射試験用の可潜式はしけが、間もなく完成すると発表しました。
さらに北朝鮮は原子力潜水艦の建造も進めているようです。
核、ミサイル、さらに弾道ミサイルを搭載した原子力潜水艦。これらが完成したら手が付けられない独裁国家が誕生してしまいます。
北朝鮮を早急に摘出しないと摘出は不可能になります。

サンデーモーニング
番組最後の「風をよむ」は、政治家の失言を取り上げ、ネット上には過激な言葉で「在日朝鮮人」への誹謗中傷、人間性を疑う書き込みが多いと批判してます。
そして反韓国デモの映像を流し視聴者へ「危険なネット右翼」と印象付ける番組構成です。
対する過激なシバキ隊の映像は流さない。
そして法政大学の山口二郎にコメントを求めます。
笑ったのはそのコメント
山口二郎は「差別を助長してる。不寛容な社会。言った事に対する責任を取らない。建前を無視した言葉は基本的人権の崩壊だし、民主主義の崩壊。」
その山口次郎は安保関連法の反対集会で「アベは人間じゃない。俺が叩き斬ってやる。」と暴言を吐いた人物です。
こう言う偏向した報道をするからネット上で批判されるのです。
最後に関口宏が「(ネットは)匿名で書けなく出来ないかな・・・。」と本音を吐いた。
自分の番組がネットで批判されてるのが我慢ならないようです。
岸井成格は「政治家の失言、暴言を我々が監視する。」
僕はお前らの偏向・ねつ造報道を監視し、ネットで明らかにする。と心の中で岸井に言った。

韓国紙・朝鮮日報によると、中国が北朝鮮に滞在する自国の留学生を全員撤収させる方向だと報じました。
韓国の文大統領は北朝鮮の今回のミサイル発射をICBM(大陸間弾道ミサイル)とは呼ばないと、今日の朝鮮日報が社説で報じました。
文大統領はトランプ大統領にもそう伝えたと記事は述べています。
今日の産経新聞に加藤達也氏のコラム「韓国リスク」が載っていました。
現在韓国の文政権は韓国内の親日派の排除に躍起となっています。
北朝鮮の脅威より反日のほうが重要であり、彼の中では慰安婦の「日韓合意」破棄が最大の政治イシューだと言う事です。
日米に非協力的な韓国は、米紙・ウォールストリートジャーナルからは「信頼出来ない友人」との烙印を押されてしまいました。
また米戦略国際問題研究所のエドワード・ルトワック上級顧問は文芸春秋の池上彰との対談で、韓国リスクとして
1、北朝鮮の軍事侵攻に対し、政治・経済の中枢(首都ソウル)をもっと南に離すべきだが文政権は放置したまま。
2、延坪島砲撃にほとんど反撃しなかった。
3、文政権は北朝鮮に資金を流そうとしている
の3点を指摘しているそうです。
エドワード氏は韓国を「無責任。自国の安全保障に向き合わない国。」結果「無視してもいい国だ。」とまで言い放ったそうです。
このブログでも僕は、米国は「韓国疲れ」に陥ってると述べてきました。
米国が韓国を見捨てる日はそう遠くはないと僕は見ている。
米軍が韓国から撤退した場合半島はどうなるのか?
北朝鮮主導で統一する。
中国が軍事的圧力で、朝鮮半島を中国の傀儡国家にする。
等々
軍事境界線38度線が釜山沖・対馬沖に移動した場合どうなるか、日本のメディアは議論すべきだが、これまたお花畑の中で「安倍政権の倒閣」ばかりやっている。
最後に加藤達也氏の結論を引用します。
韓国とは。
「自国民の命より日本への対抗心が優先する。日本人には想像も出来ないだろうが、まぎれもない事実だ。日本が備えるべき『韓国リスク』の本質は、この異様な価値観である。」


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 サンデーモーニング 北朝鮮 日韓合意 関口宏

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-