FC2ブログ

蓮舫民進党を支える左派団体。

今日のBS朝日・激論!クロスファイアー蓮舫氏が出演してました。
二重国籍問題に関しては冒頭に1分くらい蓮舫氏が釈明して終わりました。
「発言には一貫性がなく、ご迷惑をおかけした事をお詫びします。」そして台湾籍の離脱が完了した事を報告して終わりました。
全部で一分弱です。
世論調査で「蓮舫新代表に期待するが50%を超えている。」と田原氏からヨイショされていました。
しかし田原氏は民進党の支持率が7%くらいなのは取り上げません。
司会者が蓮舫氏の師匠ともいえる田原総一朗氏です。
お仲間番組です。
番組の内容も何を言ってるのかよく分かりません。
共産党の野党共闘に関しても、信を優先させるのか、票の獲得を優先せるのか、との質問に言葉を濁すだけです。
直近に行われる池袋の衆議院補選で、共産党と共闘するのかとの質問にも「分かりません」と答えるばかりです。
今日の産経新聞・産経抄は蓮舫氏が行った役員人事につて述べていました。
最高顧問となった横路孝弘議員の父は元日教組副委員長で、自身も日教組の政治団体メンバーです。
副代表になった神本美恵子議員は元日教組中央執行委員で、彼女のHPには慰安婦問題での対日謝罪要求決議を主導したマイク・ホンダ米議員との写真がUPされています。
常任監査を務める相原久美子議員は、日教組と同じく左派公務員労組の自治労出身。
以前蓮舫氏は産経新聞の取材に「私はバリバリの保守。」と答えていました。
しかし日教組と自治労の2大左派団体が蓮舫体制を支えていくようです。
また国民を騙そうとしてると思われても仕方ありません。
二重国籍問題で国民を騙したばかりなのに・・・。

今韓国ではロッテの疑獄事件が連日取り上げられています。
ロッテは反日企業なのか?、日本の国民はあまり考えたことがないと思います。
先日ネットニュースにこんな記事が載っていました。
この夏、韓国で日韓のはざまで悲運の生涯を送った韓国人王女の映画「徳恵翁主」がヒットしたそうです。
日韓併合時代の朝鮮に生まれ、日本に留学して結婚しましたが、心を病んで戦後、韓国に戻って亡くなった。
問題なのは、映画では彼女が抗日運動に関わっていたという内容に変えてる事です。
実際には彼女は抗日運動には関わっていませんでした。
批判の声は珍しく韓国側からも上がったそうです。
「行き過ぎた美化だ」
この映画を配給したのがロッテ系列の「ロッテエンターテインメント」です。
同社はわざわざ特別上映会を、韓国に駐在する各国の大使、外交官らを招待して開催しました。
「韓国の近現代史を理解してもらうため」開催したとロッテ側は述べたようです。
ソウルの日本人社会では「不正確な映画で一体何をアピールしたかったか?」との憶測を呼んでいるようです。
結局、韓国お得意の「歴史のねつ造」です。
ロッテもそれに手を染めていたと言うことでしょう。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : ロッテ マイク・ホンダ 蓮舫 激論!クロスファイアー 二重国籍 田原総一朗

民進党蓮舫代表,翁長沖縄県知事の共通点

民進党蓮舫新代表が小池都知事と都庁で会見しました。
都庁で会見すると言うことは蓮舫氏から依頼した会見ではと憶測します。
表向きには、小池氏が都知事就任時に民進党前代表の岡田氏に就任の挨拶をした、その返礼として蓮舫氏が訪ねたとされてますが、このまま額面通りには受け止められません。
小池氏、蓮舫氏は誇張する東京五輪の費用の調査で協力する事で一致したようです。
蓮舫氏は「五輪の開催費用が水膨れしてる。費用削減でメスを入れるのであれば協力させてほしい」と述べました。
豊洲新市場問題など情報開示で人気の小池氏にあやかろうとする魂胆が見え見えです。
特に小池氏がこれから行おうとする「膨張する五輪開催費用の戦犯はだれか。」戦犯探しに一枚噛んで民進党の支持率UPを狙ってるのは誰の目にも明らかでしょう。
元祖「仕分けの女王」を自認する蓮舫氏です。
非がある相手を舌鋒鋭く追及する、きっと彼女の血沸き肉踊る案件ではと推察します。
彼女が代表になってからの民進党は音を立てて瓦解が始まっています。
21日の民進党・両院議員総会で党役員人事を決めまいたが、出席したのは147人の半数にも満たない約70人です。
中には役員人事に関する委任状も出さずに欠席したベテラン議員もいたと昨日の産経新聞が報じていました。
党内部からも蓮舫体制は年内まで持たないとも言われています。

翁長沖縄県知事が20日内閣府で丸川五輪相と面会して、空手などを沖縄で開催し、沖縄県を聖火リレーの出発地とし欲しいとの要望書を渡しました。
空手は沖縄発祥だから沖縄でということらしいですが、空手の発祥についてはまだはっきりしていないようです。
東京五輪に口出す翁長氏の真意はどこになるのでしょう。
翁長氏は基地反対以外目立った成果は何も出していません。と言うか基地反対しかやっていないと言うのが正解でしょう。
東京五輪に一枚噛んで自分の成果として県民に報告する。
やってることが見え見えで姑息です。
基地負担してる沖縄は国に何でも要求できる。と勘違いしています。
大体翁長知事は「琉球独立」推進派です。
日本から独立しようとする人間が、日本・東京五輪の競技の一部を「琉球王国」で行うと言う事です。琉球王国は日本の一部であると認めた事になります。琉球という名前も中国から賜った名称でしょう。
沖縄独立・琉球王国復興を裏で画策してる、翁長知事を操る中国様から、翁長氏は叱責されるのではと想像します。
宗主国様から頭を引っ叩けれたらカツラが吹っ飛びますよ。
大丈夫ですか?
翁長さん。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 翁長沖縄県知事 東京五輪 琉球独立

台湾で軍神とされた旧日本兵の里帰り。

韓国の水原市が、ドイツにある姉妹都市・フライブルク市に要請していた慰安婦、少女像の設置について、フライブルク市側が正式に拒否すると韓国側に連絡してきたそうです。
この問題は、いち早くこの動きを察知したフライブルク市と姉妹都市の愛媛県・松山市が強硬に抗議し、場合によったら断交も辞さないとする姿勢がドイツ側を動かしたようです。
今日の産経新聞、韓国紙・朝鮮日報が報じています。
フライブルク市の関係者が産経新聞の取材に「日本側の傷つく気持ちを過小評価していた。」
と述べたそうです。
日本大使館前の少女像にも「撤去しなければ断交も辞さない。」となぜ韓国政府に言えないのか、日本政府も松山市の姿勢を見習うべきです。
一方朝鮮日報は今回の「像設置拒否」に関して、欧州初の慰安婦像設置計画が日本の妨害でとん挫したと報じています。
像の設置を計画していた韓国・水原市は、日本側に抗議の書簡を送ることを表明したそうです。
話が逆です。勝手に日本を貶める少女像を独国に設置して、日本批判の声を欧州に広げようとする韓国の姿勢にこそ、日本が抗議すべき案件です。
日本批判の計画がとん挫したから、日本に抗議する。
この方たちの精神構造が理解できない。一度病院に行って検査することをお勧めする。

大東亜戦争は米国により太平洋戦争と変えられ、旧日本軍は全面的に悪の象徴として東京裁判などで否定されてきました。
これに異議を言えば、右翼、軍国主義者また歴史修正主義者と左翼的日本人、中国、韓国などから攻撃を受けてきました。
しかし東南アジア・各国では旧日本軍を評価する声も聞こえてきてる事も事実です。
西洋の植民地から解放され独立できたのは日本のお陰だと言う事です。
今日の産経新聞から。
来日中のミャンマー、セイン・ウィン国防相は稲田防衛相と会談し、旧日本軍の独立支援について感謝の声を述べたそうです。
英国の植民地だったミャンマー(旧ビルマ)は、日本軍から支援を受けたアウン・サン将軍らが1941年「ビルマ独立義勇軍・BIA」を設立し、英国と戦い1948年に「ビルマ連邦」として独立しました。
セイン・ウィン国防相は「BIAと日本軍が英国の植民地支配を打ち破った。日本兵と日本に対し、いつも感謝してる。」と稲田防衛相に感謝を繰り返したそうです。
一方台湾からもこんな報道がありました。
大東亜戦争末期、台南市で戦死した杉浦海軍兵曹長が現地で神としてまつられているそうです。杉浦海軍兵曹長は20歳だった1944年、来襲した米軍機を零戦で迎撃中被弾し、集落への落下を避けようと機を郊外に誘導したため脱出が遅れ戦死してしまいます。
戦後地元の人々が集落を守る為に命を落とした杉浦氏を悼み、落下地点に廟を建設した。
地元民は杉浦氏を「飛虎将軍」と呼び、朝夕に「君が代」と「海ゆかば」の演奏を流し弔っているそうです。
廟を訪れた日本人作家の夢枕で、杉浦氏が「水戸に帰りたい」と話したことから、杉浦氏の神像の一時里帰りの話が持ち上がったそうです。
杉浦氏の神像(軍刀を持って座った高さ30センチの木像)は21日朝、関係者30人とともに台湾・高雄空港から成田空港に向かいました。
主神が廟の外に出るのは初めてだそうです。
中華航空は神像のために座席の手配に応じたそうです。
今日水戸市の護国神社で慰霊祭が行われ、神像は再び台湾に戻りますが、今後分祀の計画もあるそうです。
神像を管理している呉進池主任委員は「いつも厳粛な表情の飛虎将軍が、今日は微笑んでいるようだ。」と語ったそうです。
台湾の台南市と茨城県・水戸市を舞台にした戦後の知られざる実話です。
冒頭には慰安婦像設置計画した韓国・水原市の話題について述べました。台湾と比較するといかに韓国が異様な国か理解できると思います。
また大東亜戦争を全面的に悪と決めつける朝日新聞など左派メディアは絶対報じない記事でもあります。
ただ地元・台南市、水戸市など市井の人々には感謝しても感謝しきれません。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

続・朝鮮大学校の認可問題。

今日の産経新聞・産経抄は「朝鮮学校」の認可問題について述べています。
昨日の補足になるので取り上げたいと思います。
昭42年美濃部都知事は特別秘書に、後で「岩波書店」の社長になる安江良介氏を指名します。
安江氏は朝鮮大学校を各種学校として認可する問題について、早急に決着をつけるよう進言します。
しかし当時文部省は「朝鮮大学校の教育内容は、北朝鮮系の在日朝鮮人の基幹教育を行う学校だ。料理、花嫁学校とは違う。」として認可には難色を示していました。
にもかかわらず美濃部都知事は翌年認可に踏み切りました。
これ機に全国で朝鮮学校を学校法人として認可し、補助金を出す動きに繋がりました。
美濃部都知事は昭和46年に北朝鮮・平壌を訪問し当時の金日成首相と会談します。
安江氏の訪朝は5回にも及びます。
美濃部都知事、安江氏とも北朝鮮から熱烈歓迎されたと想像に難くない。
その間、朝鮮大学校では金一族崇拝を押し付ける教育が行われ、また日本人拉致の工作活動にも使われたと思われます。
平成14年の日朝首脳会談で、金正日総書記が日本人拉致を認めた時、美濃部氏、安江氏ともすでにこの世を去っています。
今では、朝鮮学校の元校長が拉致の実行犯として事件に関わり、国際手配されている事実も明らかになっています。
小池氏にはこの問題の闇に切り込み、朝鮮学校の認可取り消しを決定してほしいと思います。
昨日も述べましたが、「朝鮮大学校の闇」については、産経新聞のみが報じています。
地上波のテレビは一切無視しています。
さらに在日のライター・李信恵氏などは、「産経新聞の報道は、ヘイトスピーチ、嫌がらせを在日へ呼び込む役割を果たす。」と述べています。
自分たちの都合の悪い事は事実であっても、差別、嫌がらせとして相手を黙らせる。
小池都知事には彼らの嫌がらせに屈せず、拉致問題の解決に向けて東京から発信してほしいものです。

韓国では、ロッテグループの裏金疑惑で大騒ぎになっています。
創業者・重光武雄氏(辛格浩)の次男でグループ会長の昭雄氏(辛東彬)が20日、ソウル中央地裁に出頭し、横領、背任容疑などで取り調べを受けました。
韓国メディアはロッテと言う財閥を処罰する声がある一方、これが日本を利することになるのではと危惧する声もあり、複雑な心境のようです。
今日の朝鮮日報から、
ロッテの支配構造は、今回の捜査でさらに不安定化した。ロッテグループの持ち株会社であるロッテホールディングスの株式54%は日本人の役員ら130人が保有している。辛東彬会長が拘束された場合グループの経営権が日本人に渡るとの見方がある。捜査によって中断したホテルロッテの上場を改めて推進し、そうした観測が出ないようにしなければならない。」
ロッテの経営権を日本人に渡してはならない。そう朝鮮日報は述べています。
韓国司法は、ロッテの経営権を日本人に渡すくらいなら、裏金疑惑は不問に付して「無罪」を言い渡すかもしれません。
なにぶん情緒主義の韓国司法ですから。
そういえば僕は、ロッテのガム、チョコレートなどの商品は何年も食べていません。
今後も食べることはないでしょう。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : ロッテホールディングス ロッテ 朝鮮大学校 岩波書店 安江良介 美濃部都知事 李信恵

朝鮮大学校が日米壊滅を示唆

沖縄県東村高江では、ヘリパッド工事に反対する活動家が県道を違法に封鎖してる、と先日述べました。
18日の琉球新報にこんな記事が載りました。
「男が抗議市民殴る。二人けが」
え!、基地容認派と衝突したのかと思いましたが、記事を読むと違うようです。
記事によると「東村民を名乗る男は車で通ろうとした時、工事関係者かどうか確認しようとした市民らに通行を止められた事に激高した。」そして止めた男性とそれを撮影しようとした女性の二人を殴ったと言う事です。
大体この記事はおかしいです。
まず反対派がどんな権限で県道を封鎖して検問しているのか、これは違法なのではないのか。これについては琉球新報は一切述べていません。
また活動家を市民と呼ぶのはいい加減にしてほしいものです。
ネット上では殴った男性は「地元東村民」で、殴られた男は他の地域から来た活動家、また女性は県外から来たプロ市民のようだと報じられてます。
反対派の違法行為は目に余るものがあります。
地元民からしたらなんで公道を通行するのに、よそ者のプロ市民に検問を受け、お伺いを立てて通行させてもらわなければいけないのか、頭に来るのも理解できます。
東村の地元民と基地反対派が衝突し流血騒ぎになったら、反対派の違法行為を容認してきた沖縄県警の責任です。
二人のプロ市民は、名護署に被害届を提出したそうです。
名護署の対応に注目したいと思います。

今日の産経新聞は、朝鮮大学校が5月、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩に送っていたことが分かったと一面で報じています。
東京都が平成25年に行った調査では、これらの学校が「朝鮮総連」の強い影響下にあると結論付けています。
小池都知事は朝鮮学校。大学校の認可取り消しを視野に入れて検討してるようだと、先日このブログでも述べました。
産経によると、朝鮮学校を初めて各種学校として認可したのは美濃部都知事だそうです。
当時文部省は朝鮮大学校などについて「各種学校として認可すべきでない。」との事務次官通達を出していたそうです。
しかし美濃部氏は認可を決める文書を決済する際、文部省の通達部分の下りをペンで消しているそうです。
美濃部氏は政府の意向を無視して、強引に朝大の認可に踏み切ったと記事は述べています。
朝鮮大学校は以降、固定資産税などが免除され。税法上の優遇措置を既得権益として享受していくことになります。
美濃部氏が朝大を各種学校として認可した頃、朝大の寄宿舎一号館一階101号室に朝鮮総連幹部を輩出した「在日本朝鮮青年同盟」朝大委員会支部があったそうです。
朝鮮大学校朝鮮総連が一体化していたという事です。
小池都知事は、24年に都議会で朝大認可の見直しを求めた元都議・野田数氏を特別秘書に据えました。
野田氏は産経の取材に対し、「(この問題を取り上げた時)自民党幹部からこんな質問はするなと、ものすごい剣幕で取り下げを求められた。」と証言してます。
小池都知事といえば豊洲新市場問題ばかり報じられてますが、小池氏が朝鮮学校認可問題の闇にどこまで切り込めるか、こちらの方も注目です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝鮮大学校 朝鮮総連 琉球新報

客寄せパンダに成り下がった蓮舫氏

今日産経新聞は、蓮舫氏が政治家になった経緯と、これまでの彼女の政治活動にについて述べています。
彼女に政治家としての資質があるかどうか考察したいと思います。
彼女を民主党にスカウトしたのはあの売国、親中派・鳩山由紀夫前総理だそうです。
僕は知りませんでした。
彼女がフリージャーナリストだった時、鳩山氏は赤坂見付で彼女を見かけ声を掛け、それがきっかけで政治家に転身したようです。
政治家になって彼女の名を世間に知らしめたのは、松岡農林水産相の「何とか還元水」問題を追及した事によります。
蓮舫氏は同僚議員と松岡氏の事務所を突然訪問し、松岡氏の秘書と押し問答しながら突然部屋に突入しました。その時の取材で政治資金で使用した「何とか還元水」がなかったと発表します。その後松岡氏は首をつって自殺します。
ハキハキした物言いと鋭い攻撃は民進党に重宝され、民進党が政権を取ると若くして行政刷新担当相として入閣を果たします。就任の記者会見では閣僚が恒例とする「国旗・日の丸」への一礼を省略しました。彼女はこの時台湾籍を所持していた訳です。
その後彼女は「仕分けの女王」と名を馳せ、スーパーコンピューターの開発予算について担当事業者を「二位じゃダメなんですか?」と糾弾しました。
これはノーベル受賞者から「まったく不見識。歴史の法廷に立つ覚悟はあるのか」と批判されます。
彼女の仕分け、早口で敵をねじ伏せ、公開の場で血祭りに上げる「政治ショー」に朝日新聞などの左派系メディアは絶賛しました。
しかし民主党の無駄を削減して16.8兆円の捻出という目標は実現できませんでした。
22年の仕分けで彼女は「200年に一度の洪水を想定して400年かけて作るスーパー堤防は必要か」として堤防事業の廃止を決断します。
翌23年には東日本大震災が発生し、津波で多くの人命が失われ、防災土木の重要性が再認識されました。
民進党最大の支持団体「連合」の幹部は蓮舫氏について「彼女は中身も国家観もないが客寄せパンダを演じられる能力はある。」
昨日行われた世論調査。
共同通信の調査では「蓮舫氏を期待する」が56.9%、「二重国籍は問題ではない」が66.6%です。
産経新聞とFNNの調査では「蓮舫氏に期待する。」が56.8%、「二重国籍について納得できる説明をしてると思わない」が48%、「思う」が41.9%だそうです。
この調査結果、彼女は民進党の客寄せパンダを演じられたのでしょうか?

今日の韓国紙・朝鮮日報にリュ・ソクチュン延世大学教授の「大韓民国の建国は抗日と反共」というコラムが載っています。
韓国が享受してる自由、また繁栄は世界トップ10のレベルだ。と自画自賛してその原動力は
日本に対する「抗日」と北朝鮮に対する「反共」の力だ。そうです。
北朝鮮に関する部分は省略して日本に関する彼の考察について述べます。
韓国の近代国家の基礎を作ったのは、日本の併合時代にあることは明らかです。
一部の貴族たちによる人民の奴隷的支配を止めさせたのも日本です。
多くの人民は文盲で読み書きが出来ませんでした。まず識字率を上げるために各地に学校を作り、ハングルの教科書をわざわざ日本で印刷しました。当時の朝鮮は印刷できる環境に無かったためです。
その他、農業、病院、インフラ、衛生環境、帝国大学まで作って朝鮮を近代化させました。
ところがこのボンクラ大学教授は「少し歴史をさかのぼってみよう。抗日の結果として1945年に解放され、朝鮮半島には(日本に代わる)新たな敵北朝鮮が現れる・・・。」と述べて、日本の併合時代に関しては、日本の植民地政策と決めつけてそれ以上考察してません。
結局日本に併合されていた時の朝鮮については「抗日」というゲリラ戦についてしか述べられていません。
このボンクラ教授は、日帝による植民地時代は暗黒だとしていますが、朝鮮人の平均寿命が延び、人口が爆発的に増えている事実。これらについてどう説明するのか。
客観的資料が残っているのに、都合の悪いことは認めようとしません。
最後に彼の希望・ファンタジー的発言で終わります。
「(韓国の)こうした繁栄の基礎を、韓国はいつ築いたのか、言うまでもなく、大韓民国という国が出発してからだ。伝統的な朝鮮でもなく、日本が支配した植民地でもない。・・」
韓国人自らこの繁栄の基礎を作ったと述べてます。
あきれてものが言えません。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 鳩山由紀夫

久々のサンデーモーニング、偏向変わらず

韓国も「二重国籍問題」で揺れているそうです。
ただこちらは政治家ではなく、地元開催の平昌冬季五輪に向けて、外国選手に韓国籍を与えメダルを獲得しようと言うことみたいです。
今日の産経新聞から。
「特別帰化」という特別法で、本人が自国の国籍を放棄しなくても韓国帰化を認めメダル獲得を目指そうと言うことです。
特に韓国で人気のフィギュアキム・ヨナ以降選手育成が進まず、今度のオリンピックには出場自体が危ぶまれているようです。
フィギュアはソチ五輪以降、開催国枠が撤廃され自動出場が認められなくなりました。
それで韓国はなりふり構わず、外国人を帰化させメダル獲得を目指そうと言う訳です。
純血主義の韓国ではこの件に関して国論を二分してるようです。
韓国では多くの冬季種目でプロや実業団リーグがない。
帰化した選手の五輪以後の生活も不透明です。
平昌五輪については、インフラの遅れ、資金難など開催が危ぶまれています。
メダル獲得を心配する前に、五輪がまともに開催できるかどうかを考えるできでしょう。

今日のサンデーモーニングで辺野古の埋め立て承認に関する訴訟の最高裁の判決をについて、コメンテーターが述べていました。
関口宏氏の意向に沿ったコメントしかありませんでしたが、特に酷かったのは「おばちゃん党」というぽっちゃりしたおばさんのコメントです。
このおばさん、大阪国際大学の准教授だそうです。
所属事務所は関口氏が代表を務める「三桂」です。
彼女以外にもこの番組には「三桂」所属のタレントが多く出演しています。
まさに関口氏とTBSの癒着というか利益許与というか、政治家を批判してる立場ではないと思わざるをえない。
この「おばちゃん党」のおばさん、何か言いにくいので名前で呼びます。
番組のティロップには谷口真由美とあります。
彼女のコメントです。
「昨日の高裁の判決(沖縄県の全面敗訴)には怒りに震えた。」と語気を強めて述べました。
さらに続きます。
「私この間、辺野古と高江に行って来ました。地元のおばあさん達と話しをしてきました。よく中国が脅威だ、北朝鮮が脅威だと言ってますが、本当の脅威は日本国です。」
え!僕は我が耳を疑いました。
今回の裁判は日本国の法にしたがい、また国際法の観点から、国と国との条約は国内法より優先する、安全保障と行政の継続性という常識に従って判断されたものです。
今回の判決について、前沖縄県知事・仲井真氏が出したコメントも紹介すべきです。
サンデーモーニングの各コメンテーター、また今日の沖縄タイムスに寄稿した、憲法学者の木村草太氏でさえ、「自治体の意向を無視して、国が勝手に進めるのはよくない。」と憲法学者とは思えぬ情緒的発言をしています。
普段、安保関連法などには憲法・法律に照らして違憲だと発言するのに、沖縄基地問題になると韓国の司法のように情緒的発言を繰り返します。
おばちゃん党の谷口氏は「高江に行って来た。」と発言しましたが。高江で2名の活動家が逮捕されたことには触れませんでした。
高江で反対派が県道を封鎖するとい言う暴力的行為につては何も言いません。
高江で何を見てきたのか、「怒りに震える」のは僕らの方です。
地元の農業に従事してるおばあさん、おじいさんがこの反対活動でどれだけ迷惑を被ってるのか、地元の声を彼女は無視しています。
小学校に行こうとしてる教師が授業に遅れると言う問題も発生してるそうです。
サンデーモーニング、久々に見ましたが、相も変わらずひどい番組です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 谷口真由美 関口宏 キム・ヨナ サンデーモーニング 二重国籍 平昌冬季五輪 フィギュア

蓮舫氏の師匠、田原総一朗氏の分析

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題で、翁長知事が埋め立て承認取り消しの撤回に応じないのは違法として国が起こした訴訟で、福岡高裁那覇支部は16日、「普天間飛行場の危険を除去するのは辺野古移設以外ない。」と指摘し、翁長氏の対応も「違法」として国側の全面勝訴の判決を出しました。
当然といえば当然の判決です。
また裁判では「外交・国防政策は自治対の所管事項ではない。」と指摘してます。
またこの判決に先立つ15日には、沖縄・東村高江で道路を封鎖していた二人の活動家が逮捕されたと報じられました。
高江ヘリパッド工事反対派は、これまで治外法権だと言わんばかりにやりたい放題でしたが、遂に逮捕者が出ました。
辺野古訴訟の判決と今回の逮捕劇は無関係ではないと僕は思います。
基地反対の活動家たちは、ヘリパッドの工事車両を妨害するため県道を封鎖して、村民の方の生活までも妨害してきました。
こんなことを他県でやったら一発で逮捕ですが、今までこの沖縄では見過ごされてきました。
今後逮捕者が続々と増えていきそうです。
反対派の彼らに日当が出てるのは周知の事実ですが、今回の逮捕で罰金が科されればその収支はどうなるのか見ものです。
地元紙・琉球新報はこの逮捕を不当逮捕としています。
抗議活動に参加した明治学院大学4年の女性の言葉が載ってました。
「いつも同様の抗議をしても逮捕しなかったのに、何で今回逮捕したのか理解できない。」
明治学院大学の学力を疑うような発言です。
明らかに法律を犯したから逮捕されたのです。
この女性は共産党機関紙・赤旗にも登場してます。
高江の工事を止めるためにここへ来た。強行に工事を進められると悔しいし、怖い。しかし必死に抗議してる沖縄のおじいさん、おばあさんを見てると私も頑張らないとと思った。」
本当の地元のおじいさん、おばあさんは抗議活動に対し、農作業に支障をきたしていると苦言を呈しています。珍しく沖縄タイムスが報じていました。(記事を書いた記者は反対派から袋叩きに会ってるようですが。)
彼らが今まで逮捕されなかった方が異常で、沖縄県警の資質が問われなければいけないと言うことです。
沖縄県では国内外の活動家が集結して様々な反日、反米活動が行われています。
その筆頭が中国の傀儡である翁長県知事です。
法に照らして違法な抗議活動は徹底的に取り締まって、平和な沖縄県を取り戻すべきです。
まずは沖縄メディアを何とかしなければ・・・。

民進党蓮舫新代表が彼女の片腕になる幹事長に野田前総理を指名しました。
両院議員総会を開き決定したそうです。
両院議員総会に参加した議員は、所属の半数にも満たない60名ほどしかいなかったようです。
野田氏の指名が発表されると、数名の拍手しかなく議長が「若干拍手の数が少ないような気がしますが・・・。」そう述べたそうです。
民進党の未来が暗示されてるようです。
今日の産経新聞に蓮舫氏の師匠と言われる田原総一朗氏のコメントが載っていました。
東海テレビの報道番組で共演した田原氏が彼女を育てたと記事は述べています。
田原氏は蓮舫氏を
「自分にも厳しいが他人にも厳しい。そこが彼女の欠陥だった。自分の欠陥、問題を天下にさらしたのは、政治家として幅を作るのに大きな意味がある。」
僕はこのコメントに異義があります。
彼女は「自分の欠陥、問題。」を自ら正直に天下にさらしたのではない。
嘘を重ねて逃げ切るつもりだったのがそれに失敗した。イヤイヤ「二重国籍」を認めたのである。
田原氏のコメントは的外れです。
産経新聞には彼女の資質をこう述べています。
「短い言葉で相手に迫る攻撃にはたけているが、自らに関する不利な事実関係をしっかり検証し、正確に答えるような「受け」には弱い。」
田原氏の分析、産経新聞の分析、どちらが正しいか誰でも分かります。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 田原総一朗 琉球新報 沖縄タイムス 民進党 ヘリパッド 高江

民進党・蓮舫新代表と香山リカ

先日このブログで、欧州初の慰安婦像がドイツ・フライブルク市に立ちそうだと述べました。
今年3月フライブルク市と姉妹都市関係を結んだ韓国・水原市が提案しました。
水原市が少女像を送り、フライブルク市中心部に設置する計画だそうです。
しかしこの報道を知ったフライブルク市と姉妹都市関係にある愛媛県松山市が、フライブルク市に像の設置計画を中止するよう要請したと、今日の産経新聞に載っていました。
松山市関係者がフライブルク市担当者と面会し、少女像設置は女性の権利保護の目的だけでなく、日韓の戦後処理をめぐる政治問題を背景としてる可能性がある。事情を把握せず設置を進めれば日独関係、両市の交流に支障をきたす恐れがある。と伝えたそうです。
韓国・水原市側は日韓の政治問題化してる事実を隠し、一般の女性の権利保護の為として像設置を提案していたようです。
像が設置されれば韓国側は、ドイツも日本の慰安婦強制連行・性奴隷を批判してると世界に宣伝すると思います。
やり方が姑息です。
フライブルク市は「現在検討してる。」ということです。

蓮舫氏が民進党の新代表に選ばれましたが、今日の産経新聞朝日新聞がどう取り上げたのか述べてみます。
まず朝日新聞は一般紙面の他、社説、天声人語でも取り上げています。
社説では「蓮舫氏は大差で勝利した。知名度の高い蓮舫氏を党の顔にとの幅広い期待が集まった。強大な安倍政権に対し、受け皿となる野党第一党の指導者として期待する。」など蓮舫氏の応援記事です。一方二重国籍問題については最後に数行取り上げてるだけです。
蓮舫氏は台湾籍放棄の手続きをして謝罪したが、説明が変転したことで批判された。国民の理解を得るのも党全体の責任。」と蓮舫氏自身の問題でなく、党として対応しろと言ってます。
天声人語は、彼女の演説での名前の由来を取り上げた後、こう述べています。
「圧倒的な支持で新代表に選ばれた蓮舫氏は昨日自分の名前に誇りを持つと語った。台湾で激動の時代を生きた祖母が、平和の願いを込めて孫に蓮(ハス)の字を使うよう望んだ。どんな花を見せてくれるか、蓮舫氏の戦いを注視したい。」
二重国籍問題については具体的に触れませんでした。
一方産経新聞では社説で、蓮舫氏の二重国籍問題がネットで報じられて初めて蓮舫氏に質問した時彼女から「意味が分からない」とかわされた事を取り上げていました。
産経は、木で鼻をくくったように蓮舫氏からかわされたのだと想像できます。
産経は何度もこれを取り上げています。相当頭にきたのだと思います。
「産経の分際で私の国籍について質問してくるなんて100年早いのよ。」そんな感じで彼女は「意味が分からない」と産経に対して吐き捨てたんだと思います。
当初逃げ切れると思っていた蓮舫氏ですが、発言すればするほど、過去の雑誌等の「台湾籍だ」との発言が暴かれていきその都度「編集者のミス」などと責任転嫁していましたが、最後には身動きできなくなり「現在も二重国籍」と認めたわけです。
嘘に嘘を塗り固めていき自滅したということです。
以前虎ノ門ニュースに出演していた香山リカが番組を降板したことに似ています。
香山リカが青山繁晴氏の支持者を揶揄して、その後彼女がツイートで青山繁晴氏に対する過激な発言をした件を「私はツイートしてない。誰かに乗っ取られた」と番組で堂々と釈明しました。その後ツイートしたのは彼女だったことが明らかになりましたが、彼女は釈明のペーパーを番組に送ってそのまま逃亡してしまいました。
嘘を繰り返してバレたら番組から逃亡してしまったという事件です。
プライドが異常に高く、他人は徹底的に追及する、しかし自分の過ちは認めない。
蓮舫氏と香山リカ
似てると感じてるのは僕だけでしょうか。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 香山リカ 産経新聞 朝日新聞

祝・蓮舫新代表、民進党の自滅が始る。

民進党の代表選がきょう午後行われました。
3候補の各10分の持ち時間で届け出順に演説を行いました。
最初は蓮舫氏です。
僕は、蓮舫氏が代表選を辞退すると言うのではとの一途の希望を持ち見ていましたが、彼女の「出自の思い出、名前の由来等々」など情緒的に訴える演説に気持ち悪さを覚え、一時テレビの視聴を止めてしまいました。
なので彼女の演説の中身はよく分かりません。
そして番組を再視聴したら蓮舫氏が新代表になっていました。
二重国籍者が最大野党の代表になってしまいました。
民進党の内部からも「蓮舫氏は代表選を辞任すべきだ。」との要望書が党幹部に提出されたそうですが、幹部・蓮舫氏自身それを無視した形です。
今日のネットニュースではまた新たな記事が載っていました。
週刊現代93年2月6日号で作曲家・三枝成彰氏の対談で「父は台湾で、私は二重国籍なんです。」
自分で二重国籍者だと自覚していた訳です。
これでもう終わりでしょう。
明らかに「嘘」を付いて事になります。国籍と言う重要な問題で偽証していた事が明らかになりました。民進党支持者では問題ないのでしょうが、今後国民がどう思うかです。
安倍総理は本当に強運の持ち主です。
衆議院の解散を安倍総理が打ち出したら民進党はどうするんでしょう。
旧社会党のように民進党の瓦解が始まりました。

韓国経済が破たんに向かってカウントダウンに入ったようです。
先日韓国の最大手の海運会社が破たんしました。
さらにここに来てサムソンは、スマートフィンの爆破事故が起こり全数のリコールを発表しました。さらに現代自動車販売不振、現代製鉄も米国のダンピング課税で青息吐息です。
朴政権になって韓国は反日全開で中国傾斜を深め、日米の眉をひそめさせてきました。
しかし韓国が拠り所にしてきた中国経済が急落してきて、また北朝鮮の脅威に何もしない中国から、朴槿恵さんは何もなかったかのように笑顔で日米に近づいて来ました。
そんな中、今日の韓国紙・東亜日報に「大使館前の少女像を移転して韓日関係を改善すべきだ」との論説主幹のコラムが載り、日本のメディア関係者を驚かしているようです。
韓国メディアがこんな事を報じると、まかり間違えば、不買運動、社屋への攻撃が起きかねない国柄です。
昨年末の日韓合意に、少女像について「適切な解決に向けて韓国政府の努力」が盛り込まれていること、像自体がウイーン条約に違反していることを指摘して、「韓国は国際社会の基準に則り少女像を移転させ、韓米日の軍事協力を強化する必要がある。」と訴えています。
そして北朝鮮の脅威に備えるべきだ。との趣旨の事を述べています。
論説主幹は安全保障からこのコラムを述べてるようですが、その裏にあるのは韓国経済の破たんを避けるためには、日本の金が必要だと言う事です。僕はそう思います。
像を移転して、日韓通貨スワップ協定を早急に再開したい。そういう意味もあると思います。
僕は、日米韓による北朝鮮に対する安全保障政策は否定しません。
しかし感謝もされない経済援助はやるべきではありません。
喉元過ぎれば、韓国の反日はまた繰り返されます。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 民進党 東亜日報

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-