FC2ブログ

NHK「日曜討論」江川紹子氏の発言

今日のNHK日曜討論」を見て気になった事を一言述べます。
江川紹子
憲法改憲論者に対して下記のような趣旨のことを述べていました。
「憲法を変える事が目的化してる。何のために変えるのかが分からない。」
僕はこの方の言ってる事が分かりません。
僕は改憲論者です。改憲する事が目的で改憲を述べてるのではありません。
日本国憲法には「国民の生命と財産を守る。」と書いていません。
憲法前文には「平和を愛する諸国民に、我らの安全と生存を保持しようと決意した。」とあります。
近隣諸国、北朝鮮、中国に「日本人の安全と生存」を委ねるそうです。
そんな日本から、北朝鮮は日本人をせっせと拉致していきました。
日本国憲法は9条2項で、軍事力を保持せず、さらに交戦権をも認めないとしています。
憲法を変える目的は、国民の生命と財産を守る為には必要だと言う事です。
拉致被害者を北朝鮮から取り戻すには憲法改正しかありません。
軍事力を背景に北朝鮮と交渉すべきです。
普通の国では当たり前の事です。
江川氏の「憲法改正をする事が目的」との発言は全くのお門違いで、ジャーナリストと名乗るに値しません。
江川氏は自分が正しく、政治信条も中立だと思い込んでいる節があります。
これは江川氏だけでなく、他のリベラルを自任する評論家、ジャーナリストにも言えることですが、彼らに欠けているのは世界標準は何かと自問する謙虚さです。
例えば、右翼、左翼、とよく言われますが、自分ではセンターだと思い込んでしまいます。
その場合は世界標準と言う物差しで測れば、右か左かまたは中立かが判断できると思います。
日本の左派系ジャーナリスト(自分は中立だと思い込んでる。)は、この世界標準と言う物差しで、自分を見つめることをお勧めします。

モンゴル・ウランバートルで開かれているアジア欧州会議(ASEM)首脳会議は16日、「国連海洋法条約に基づく紛争解決」を明記し、中国をけん制する議長声明を採択して閉幕しました。
中国を名指ししての非難声明は出せませんでしたが、一応の目的は達成したと思います。
日本のテレビ・メディアはあまり報じていませんが、安倍総理と会談した欧州連合(EU)のトゥスク大統領が参院選で与党が過半数を得た事に対し「祝意」を示し、安倍政権の継続に期待感を表明しました。
日本のメディアは反安部政権が多いので、こういった報道は彼らにとって都合が悪いのでしょう。
9月には中国でG20首脳会議が開かれます。
議長は中国が務めます。
今回の仲裁裁判所の裁定をどう評価するか、取り扱いを間違えば中国は世界の笑いもになってしまいます。注目です。
そんな中、中国主導で世界の安全保障問題を話し合う「世界平和フォーラム」が16日北京で始まりました。
日本の鳩山由紀夫元総理は、中国の主権を否定する仲裁裁判所の裁定が出されたことに関し「日本や米国は基本的に静観すべきで、中国に圧力をかけるべきではない。」また「この問題は当事国(中国とフィリピン)の2国間で解決すべきだ。」と中国側の主張を支持し、安倍政権を批判しました。
さらに鳩山氏は中国から要請されている、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の「国際諮問員会」委員への就任を受け入れると表明しました。
「日本としても協力していくことが重要だと考えている。」と記者団に語りました。
僕は鳩山氏に「日本としても」と、まるで日本の意思のように言って欲しくありません。
日本国民また元総理との肩書を利用して、中韓に利するような言動ばかりしています。
とにかく、鳩山氏は日本国籍を返上して、中国と韓国の名誉国民になっていただきたい。
酷暑の中、鳩山由紀夫の関連記事で益々暑苦しくなってしまいました。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


スポンサーサイト




テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 鳩山由紀夫 アジア欧州会議 韓国 中国 安倍総理 日曜討論 NHK 江川紹子 日本国憲法

青山繁晴氏が週刊文春を刑事告発した

青山繁晴さんが、5日週刊文春を刑事告発したと発表しました。
民事訴訟は参院選後に行うようです。
先週発売された文春記事を巡っては、青山さんは民事のみならず刑事でも訴えると強調していたので予想通りの展開です。
僕が興味があるのは、明日発売の文春がどういう記事を書くかです。
先週僕は週刊文春が参議院選2週間の第一週に「青山疑惑第一弾」を打ち、明日「第二弾」を打つのは編集戦略としては自然なことだと述べました。
青山氏を落選させる事が出来れば、参議院候補・有田芳生氏や文芸春秋・社長に喜ばれるのは火を見るより明らかです。
しかし青山氏は先週いち早く民事のみならず、刑事でも訴えると述べました。文春は民事訴訟は当然想定内だと思いますが、刑事告発は予想していなかったと思います。
文春と顧問弁護士が協議した結果が明日の記事になると思います。
記事は3パターン予想できます。
1、当初の予定通り「青山疑惑第二弾」を打つ。
2、刑事告発にビビり、他の記事に差し替える。
3、「弊誌を刑事告発した青山氏」という刑事告発された記事を書く。
青山さんの発言では記者も訴えるような事を述べていました。
青山さんに突撃取材し、さらに夜電話取材してその無礼を青山さんから怒鳴られた若きO記者、彼の胸中を察するに・・・、まあ僕が心配することでもありません。
明日発売の文春が楽しみです。(夕方には明らかになるかも?・・・・)

韓国の聯合ニュースが、今年4月中国で亡くなった元朝日新聞・主筆の若宮啓文氏に韓国政府が勲章を授与する見通しだと報じました。
若宮氏も草葉の陰で、大好きな韓国から勲章をもらえる事に喜んでいると思います。
死者に鞭打つことはしたくありませんが、彼が日本の国益を毀損したことを考えると、一言述べさせてもらいます。
若宮氏は「竹島は韓国にあげちゃえ」と朝日新聞で主張したのは未だに記憶に残っています。その他、靖国問題、慰安婦問題など韓国よりの発言を続け、朝日新聞退社後はその活動の場を韓国に移します。
韓国の大学で学生たちに反日教育を行い、また中国にも活動の手を広げ、シンポジュームのために訪れていた中国・北京市内で亡くなりました。
韓国政府は勲章の授与理由をこう述べています。
「日本の良心的な知韓派の言論人として韓日間の主要懸案に対する日本内の正しい歴史認識に寄与した。」
若宮氏は、韓国政府の主張を代弁し日本政府を批判してきたのだから、韓国の国益に寄与したのは確かだと思います。
その意味では勲章授与に値します。
先月20日には韓国・ソウルで「若宮氏をしのぶ会」が行われ、韓国政府関係者が多く集まったそうです。
この事は日本ではあまり報じられなかったように思います。
少なくても、僕は知りませんでした。
売国奴という言葉は使いたくありませんが、韓国政府が言った「良心的な日本人、正しい歴史認識」とは日本から見れば売国と言う言葉に置き換わります。
韓国政府は今月末に最終決定するそうです。
韓国で行われる授与式には日本からどんな人間が参加するのでしょう。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。



テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 青山繁晴 有田芳生 週刊文春 若宮啓文 朝日新聞

パナマ文書報道に見る 日本 欧米 中国の違い。

今日の報道によると、昨日行われた韓国総選挙で、朴大統領が率いる与党セリヌ党が過半数割れで惨敗したと報じてます。
最大野党「共に民主党」が単独過半数を獲得したそうです。
朴大統領はまだ任期2年近く残ってますが、歴代大統領で一番早くレームダックに陥った事になります。
昨年末の「日韓合意」については野党は、破棄、再協議、などと反対してます。
各紙は日韓合意が履行できるか不透明になったと述べてます。
普通の国家であれば、国家間の条約は国内法より優先すると言う考え方が常識ですが、なにぶんこの国は情緒、感情が法律より優先するので、政権が交代すればすべてが白紙に戻ります。
日韓基本条約は日本と韓国が公式に調印したものです。彼らは日本から金を受けっとったら、難癖をつけてこの条約を無効にしようとしてます。(元徴用工、元慰安婦に対する日本への賠償金請求、等)
そもそも「日韓合意」は公文書化されてないので、初めから履行は無理だと僕は思っています。
朴政権は今後政権運営がダッチロールすると思います。
僕が心配する事では無いのですが、韓国経済はさらに悪化するとではと危惧します。
朴大統領は、日韓合意履行どころでなくなるでしょう。
韓国ウォンが暴落しても日本への波及は最小に抑えるよう、準備すべき時ではないでしょうか。

連日メディアはパナマ文書を取り上げてます。
日本人は現在400人程名前が挙がってるようです、長嶋さんがCM出演してる会社など、しかしまだ政治家が出てきていないようです。夏の選挙まで温存していて、選挙直前に公表するのでしょうか?(政権側の政治家の名前が出たら大変です。)
安倍政権が衆参同日選挙に踏み切れるか、注目です。
名前が挙がった、アイスランドの首相は辞任しました。同じく名前が挙がった英国のキャメロン首相も辞任せず乗り切れるか、僕は難しいと思います。
産経新聞に宮家邦彦氏のコラムが載っていました。
パナマ文書から見える「ジャーナリズムの本質とは」と言うテーマです。
中国は今回この報道(NHK,CNN)放送を完全に遮断し、報道規制を敷きました。中国で真のジャーナリストを育成するのは無理だろうと、宮家氏は述べてます。
では日本のジャーナリストはどう考えているのか。
先日の高市総務相の「放送法の公正」発言に関し、「私たちは怒って言います。」と横断幕を掲げた田原総一朗をはじめとするジャーナリスト達、彼らは事あるごとに「反権力」「政府を監視するのがジャーナリストだ。」と主張してます。
宮家氏は、外国特派員にジャーナリズムについて聞いた話を紹介しています。
彼らに聞いたところ「権力の監視」は少数派で、多くは「事実を可能な限り客観的に伝える事」と答えたそうです。
僕もこれは当然だと思います。
口を開けば「反権力」を唱える日本の一部報道関係者とは大違いだと宮家氏は述べてす。
先の横断幕を掲げてた、田原氏、鳥越氏、岸井氏など「反権力」と主張する彼らは、ジャーナリストと言うより、左派系の活動家と言った方がいいのでは、と思えて来てしまいます。
パナマ文書報道で見えてくるもの。
調査報道を基本に事実を伝えようとするジャーナリズム(欧米)
公正中立ではなく反権力を信条とするジャーナリズム(日本)
大本営発表しか報道出来ない中で苦しむジャーナリズム(中国)
欧米、日本、中国の溝は予想以上に深いと氏はコラムを結んでます。

日本のジャーナリストが事あるごとに政治改革と政権側を批判しますが、その前に自分達の「ジャーナリズム改革」が先ではないでしょうか?。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : 朴大統領 セリヌ党 パナマ文書 宮家邦彦

中国韓国に寄り添い、日本を貶める日本人達。

聯合ニュースによると、
日韓合意から5日で100日となるが、真の解決は「道険しい」と報じてます。
記事は「日韓合意」」に反対する市民団体を説得出来るかが鍵を握りそうだ。と述べてます。
記事は
「日本大使館前の少女像について、『韓国は可能な対応方向について、関連団体との協議を通じて適切に解決されるよう努力する。』と表明したが、日本は像の撤去を要求し続けている。」
とあたかも日本側に問題がある様に記述してます。
この認識は、先日BSフジ「プライムニュース」に出演した、金慶珠東海大学教授が同様なことを言っていました。
「像は大使館から75メートル離れてる。それがウイーン条約違反だ。ならば100メートル以上離れればいいのか?。と言う事になる。日本の10億円の拠出より像の撤去を先にやったら、韓国内で10億円で像を売り飛ばしたと世論が紛糾する。」
いつもそうですが、この韓国人の言ってる事が良く分かりません。
要は日本は少女像撤去は諦めろ。と言ってます。
元々この合意に僕は反対でした。
日韓外務大臣同士が口頭で約束して文書化してないのです。慰安婦=性奴隷と思われても仕方ないような曖昧な決着だからです。
結局、日本大使館前の像撤去については、韓国は約束していない。との見解です。
6日の聯合ニュースによると、
ソウルの日本大使館前の少女像で、被害者を追悼するプレートを取り付ける式典が行われたそうです。
韓国のNPO法人、日本から「東アジア市民ネットワーク」らが、韓国反日団体「挺対協」が主催してる水曜集会に出席し主催者に銅のプレート5枚を手渡しました。
廷隊協はプレート5枚を少女像に取り付けました。
東アジア市民ネットワークの代表で僧侶の殿平善彦氏は「加害者であった両親が誠意ある謝罪が出来なかった事に対し被害者に謝罪する。安倍晋三首相は被害者に直接、誠意ある言葉で謝罪し、被害者が止めろと言うまで誤り続けるべきだ。」
と韓国人が聞いたら、涙を流して喜びそうな事を言って、実際彼らに謝罪しました。
「恨みを持ったまま亡くなった被害者達の事を思うと日本の行動を見過ごす事は出来ない。」
参加した韓国人の言葉で記事を結んでます。
僕はこの「東アジア市民ネットワーク」殿平善彦氏を知らなかったのですが、よくもまあ日本に弓ひく日本人がいるものだと呆れます。
岸田外務大臣は「慰安婦像は撤去される。」と能天気な事を言ってますが、この状態で撤去出来るのでしょうか?

前回このブログで書いた、中韓に隷属する鳩山由紀夫元総理は、日本での反日活動が評価され、中国の西安交通大学の名誉教授に就任したそうです。
ぜひ中国籍を取って中国に移住して、二度と日本の地に足を踏み入れないでいただきたいと思います。
朝日新聞の元主筆の若宮啓文氏は朝日の紙面に「竹島は韓国に譲れ。」と書いて大騒ぎになりました。現在朝日新聞退社後、念願の韓国東西大学で教鞭をとっています。
彼は韓国紙のインタニューで、在日韓国人を「我が同胞」と表現しました。
心身とも立派な韓国人になりました。
彼を慕って韓国に移り住んだ元朝日新聞記者がいます。あの慰安婦強制連行、挺身隊を慰安婦と混同させ、韓国が慰安婦問題で日本を追及する根拠、ベースを作り上げた人物、植村隆氏です。
彼は朝日新聞退社後、数校の大学で教鞭をとりましたが大学に抗議が寄せられる事態になります。
結局彼は韓国の大学で教鞭をとる事になりました。
彼も心身とも立派な韓国人を目指しています。
元々彼の場合奥さんが韓国人なので、夫婦そろって韓国から反日を叫ぶと思います。
先日、国連女性差別撤廃委員会が注目を浴びました。
日本は韓国人少女20万人を強制連行して性奴隷にしたとか。日本の皇室典範にまで口出して、女系天皇を認めない日本は、女性差別してると日本批判を繰り返しました。
では、ローマ法王は女性がなれるのか?など日本側から批判の声が聞こえてきました。
これらの日本叩きは中国人委員が主導してると記事にありました。
しかしこの女性差別撤廃委員会委員長は林陽子と言う日本人です。
本当の日本叩きの主犯はこの林陽子です。
以前もこのブログで言いました。
反日、日本叩きの根本原因、主犯は日本人の中にいると言う事です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ




テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 林陽子 若宮啓文 植村隆 鳩山由紀夫 金慶珠 プライムニュース 東アジア市民ネットワーク 廷隊協

「ガソリン買ったの秘書だ。」山尾民進党議員。

2日のブログで、「放送法尊守を求める視聴者の会」が記者会見で、同会が求めてる「公開討論会」に対し、田原総一朗氏が参加すると明らかにしたと、書きました。
しかし田原氏以外の人選を頼まれたTBS金平茂紀氏が同会に対し「貴会の呼びかけの件につきまして、金平氏はお受けいたしませんとの事です。金平氏に代わって、ご連絡します。」とTBSから回答があったと同会がHPで報告しました。
またTBSは昨日同会が「スポンサーに圧力をかけると示唆した。表現の自由、民主主義に対する重大な挑戦だ。」とする抗議声明を発表しました。
さらにTBSは同会が安保関連法に関し「放送違反」と主張してる事に関し、
「権力に行き過ぎが無いかチェックすると言う報道機関の使命を認識し、公平、公正な番組つくりをしており、放送法に違反してるとは思っていない。」
ならばTBSにこう言います。
「国民には、あなた達が『行き過ぎた報道をしていないか』を監視する役割がある。」
残念ながら、視聴者がTBS報道番組が公正、公平だとは左翼以外思っていません。
TBSが恐れてるのは同会が、
「TBSの番組すべてをチェックし、『安保関連法』の賛成、反対の放送時間を割り出しました。そしてあまりに反対の放送時間が多いとの結論に達し、各方面に調査結果を公表します。」と発表した事です。その中にはTBSのスポンサーも含まれてる事に反発したわけです。
TBSが言う様に番組が「公正、公平」に行われてるなら、何も恐れることはありません。
自信があれば、スポンサーにそう説明すればいいだけの話です。
また同会に不満があれば同会が求める「公開討論会」にTBS代表として金平茂紀氏が出席し、同会を論破すればいいだけです。
高市氏の「放送法公正」に関して反対した左翼ジャーナリスト7人衆は、田原氏以外同会から逃げ回っています。
中でもTBSニュース23岸井成格氏の「恥を知れ、低俗で、品性、知性のかけらもない。」と同会を罵倒した彼は、現在同会から逃げ回います。
僕はこの岸井氏こそ
「ジャーナリストの恥だ。辞めてしまえ」と言いたいと思います。

「ガソリン買ったの秘書だ!!!。」
民進党の山尾志桜里政調会長が昨日の定例会見で釈明しました。
ガソリン248万円分のプリペイドカードは秘書が、他人が捨てた領収書(プリカにチャージした)を拾って清算した可能性があると、秘書が勝手にやったようだと述べました。
また政治資金の収支報告書が食い違っていた件では、記載ミスであり修正したと述べました。
一方「新築祝い」で選挙区内の店舗に2万1千円の支出は、公職選挙法に違反する恐れがあるが、これも手違いと述べただけでした。
自民党甘利議員が「秘書の不祥事」の監督責任を認め、閣僚を辞めましたが、山尾氏は政調会長を辞めるかとの問いに「甘利氏と事案が違う。」と否定しました。
「秘書が勝手にやった。」「不明金は修正した。」と言う事で自分には責任が無い、むしろ自分は「被害者だ」との主張が目立ち、いらだった記者から「反省が無い。」と問われ、ようやく「反省してる」と述べて記者会見を終えました。
どうも民進党議員は自分たちはエリートだとの思いが強く、謝罪する事は大っ嫌いの様です。
攻める時は、舌鋒鋭く追求し「謝罪しろ」と攻め立てますが、自分が攻められると、言葉を弄してうやむやにして、出来れば謝罪せずに乗り切りたい、との思いがありありと見え隠れします。
彼女は、若手で政調会長に抜擢されるほど党内では期待され、次期代表との声も聴かれたそうです。
そな中民進党内で静かにほくそ笑む女性議員が思い浮かびます。
蓮舫氏です。
山尾氏に脚光が集まり、蓮舫氏は影に霞んでました。
民進党代表の座を狙う蓮舫氏は、今回の山尾氏の不祥事にホット胸を撫で下ろし、ほくそ笑むと思います。
民進党は次の代表は女性を選び、支持率アップを狙うと僕は思っています。
根拠はありませんが、
現在民進党の支持を上げる事は、それくらいしかないでしょう。
政策に関しては、自民党と共産党だけがハッキリしとした物を持っていて、それ以外の政党の政策は、この二つの政党の二番煎じのようなものです。
「これで次期代表は私のものだ。これからテレビ出演だから、思わず笑みが出ないよう、神妙な顔をしなきゃ・・・。」
テレビ出演する蓮舫氏の胸の内です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 八尾志桜里 放送法尊守を求める視聴者の会 田原総一朗 岸井成格 金平茂紀

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-