FC2ブログ

半島有事でも浮世離れした連中が意気軒高

まず本題に入る前に一言。
Twitterで発信した事とかぶりますが、このブログでも述べたいと思います。
僕のTwitterが「ネットウヨ」と言うアリガタイ称号をいただきました。
僕はブログで何度も言ってきました。
世界標準で見なければいけないと。
憲法改正を訴えると「ネットウヨ」、慰安婦問題、南京大虐殺問題の虚構を訴え中国や韓国に反論すると「ネットウヨ」、朝日新聞やTBSなどの左派系メディアを批判すると「ネットウヨ」。
「ネットウヨ」と言う言葉には、以前TBS岸井成格が「放送法遵守を求めた視聴者の会」を誹謗中傷した発言「知性のカケラも無い。」が想起されます。
そこには論理的な根拠はなく、単なる言論封鎖をする為の誹謗中傷の言葉です。
世界標準と言う「物差し」で見れば僕の発言は右でも左でもない。中道だと言うのが分かります。
9条を後生大事に抱えてる日本は、世界から見れば特殊な国です。
今後も僕はこのブログでその事を発信していきたい。
日本は日本人が守ると言う普通の国になる為に。

ここから本題です。
ようやくメディアも「朝鮮半島有事」を報じ始めました。遅きに逸した感はあります。
そんな中、中国が新型短距離弾道ミサイル「東風」を台湾と在日米軍基地に向けて配備したと速報が入りました。
半島有事だけでなく、東アジア全体に危機が拡大しそうです。
また半島有事の当事者・韓国では、国内であまり危機感が感じられないそうです。
韓国メディアは「日本は朝鮮半島有事の危機を煽り過ぎだ。ケシカラン。」とこの状況でも日本批判を繰り広げています。
我々日本人から見れば彼らの思考は、やっぱり「ズレている。理解不能」と言うしかない。
現実を見ようとしない韓国ですが、5月の大統領選まで韓国と言う国が存在しているのだろうか?。

一方浮世離れした連中は日本国内にも存在します。
民進党など4野党は昨日安倍総理の退陣を求める街頭演説会を開きました。
安倍政権が進める「テロ等準備罪」を批判しました。
社民・福島瑞穂に至っては「メールで捕まる共謀罪」と声を張り上げていました。
彼らは最後まで北朝鮮の核、ミサイル、半島有事には触れることはありません。
彼らは日本国民の生命より「ノット・アベ」の方が重要だそうです。

次の浮世離れした連中。
産経新聞から。
政府への政策提言などを行う「日本学術会議」が昨日総会を開き、「科学者は軍事的な研究は行わない。」とする声明を決定した事を報告しました。
日本の旧帝大を筆頭に、多くの大学が地政学・ミサイルなど軍事転用される研究には消極的です。
学者の国会と言われる日本学術会議の提言はこれらの大学に多大なる影響を及ぼすことになります。
産経によると、研究者9人のうち8人がこの声明を支持しました。その内の女性研究者は「(半島有事)このような状況で、北朝鮮からのミサイルを迎撃する事は、むしろ戦争の危機を拡大させる。」と言う趣旨の事を述べました。
この女性研究者の身内が北のミサイルで殺されても、遺体の前でこう言えるのか。
学者馬鹿とはこの事です。
声明に反対したのは男性研究員一人だけだったそうです。
「国が破れて今のシリアやスーダンのようになったら、学問の自由も学術の健全もありえない。国は現実問題として国民の生命と財産を守らなければならない。学術も当然、平和の維持に責任がある。」
この男性の発言は多くの国民に受け入れられると思いますが、学術会議では少数派と言うより、9人のうち1人だけと言う異常な閉鎖空間です。
ここには10億円の国費が運営費として投入されてます。
納得いかない。


ブログが更新できない平日はTwitterで発信してます。
呆笑 礼 https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

北朝鮮はミサイル、韓国は少女像で日本威嚇

昨日速報として北朝鮮のミサイル発射について少し触れました。
今日の新聞各紙には地図とともにその詳細が載ってます。
記事によると、ミサイルは秋田県男鹿半島沖約200kmのEEZ内に落下したそうです。
地図を見ると、ミサイルがそのまま飛べば、青森にある日米また民間も使用してる三沢飛行場(三沢基地)に着弾します。
また今回の飛行ルートを半径として円を描けば、西日本がすっぽり入ってしまいます。
日本の新聞だけでなく韓国紙も今回の北朝鮮によるミサイル発射は、在日米軍基地への攻撃能力を誇示する為だと結論付けています。
今回のミサイル発射は移動式発射台から発射されたとみられ、日本側は全く察知できなかったようです。
次のミサイル発射は、日本列島を飛び越し、太平洋側の排他的経済水域(EEZ)内に着弾させるのではと危惧します。
日本列島を飛び越し、海岸からわずか200kmあたりに着弾させる。
北朝鮮の日本への宣戦布告のようなものです。
これでも平和ボケした9条教信者は、日本に攻めてくる国はない。と断言するのでしょうか。
昨日、稲田朋美防衛大臣が就任したことで、ある政治アナリストと言う人物が、「稲田氏は保守強硬派だ。韓国と安全保障で手を結ばなければならないのに心配だ。」と述べていました。
以前このブログで述べましたが、韓国THAAD配備に関して、日本にはXバンドレーダーの情報を渡さないと言ってます。
稲田氏が防衛大臣になる前から、韓国は日本と安全保障で手を結ばないと言っているのと同じです。
韓国のかたくなな態度は、稲田氏の責任ではありません。

慰安婦問題での日韓合意を受けて、韓国は財団を発足させました。
日本側が拠出する10億円に関して、日本側は「使い道を明らかにして欲しい。」と述べたと、韓国側が反発しています。
日本側は「賠償金」として使われるのを嫌がっているようだと、韓国紙は報じています。
韓国のチョ報道官は「日本からの拠出金は被害者の名誉、尊厳のために使われる。具体的な事業内容は財団が被害者の意見を反映して決める。」と日本からの意向は無視すると述べました。
また日本大使館前の少女像撤去については、
「民間団体が自発的に設置したもので、政府は関与できない。」と従来の答弁を繰り返しました。
本来、ジュネーブ条約に違反し、また韓国の国内法でも違法設置像なのに、政府が関与できないとは、摩訶不思議な論理です。
一方新しい少女像が、8月中にオーストラリアの最大都市シドニー郊外を含め10カ所で除幕式が行われるようです。
挺対協が3日明らかにしました。
挺対協によると、少女像は現在韓国内36カ所、米国とカナダに3カ所あるそうです。
これにオーストラリア、韓国内合わせて10カ所の除幕式が今月行われます。
これ以外にも今年中にあと8カ所で像の建立が予定されているそうです。

北朝鮮はミサイル発射、韓国は慰安婦像建立。
困った人達です。
それ以外言葉が見当たらない。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 稲田朋美 排他的経済水域 EEZ THAAD

間もなく日本は国防のリアリズムに直面する

ヨーロッパは、ギリシャ危機があったり、英国のEU離脱があったり、また移民問題を発端とした極右政党が台頭してきています。
事実上ヨーロッパ共同体が崩壊するかもしれません。
ロシアは旧ソ連に先祖帰りしてるかのようです。
中国は南シナ海での覇権が認められないならば、「国際海洋法条約」を離脱するとメチャクチャなことを言いだして、東アジア諸国を恫喝しています。
つまり国連常任理事国の中国が国際法は守らないと明言しました。
米国の史上最低の大統領選は世界から嘲笑されています。
10数年前には、経済評論家(財部誠一氏など)が田原総一朗氏の番組に出て、「これからはBRICsが世界経済をけん引する。」と胸を張って述べ、田原氏などもそれに納得していました。
しかし今ブラジル、中国、ロシアも経済が破たん寸前です。
こう見ると、第二次世界大戦後の世界体制が崩壊しつつある事を意味してるのではないでしょうか。
日本は戦後70年間日米同盟で平和を享受してきました。
しかし米国は今後保護主義に向かうと思われます。
日本も思想に関係なくリアリズムの現実に直面する事になります。

安全保障のリアリズムにすでに日本は直面してます。
今日の産経新聞によると、詳しい日時や場所などは明らかにされてませんが、中国軍機が東シナ海上空で、海自機に対し「攻撃動作を仕掛け。空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した。」と織田邦男元空将がネットで明らかにしたそうです。
産経新聞が防衛省に確認したところ大筋で事実関係を認めたそうです。
艦船だと速度が遅いですが、戦闘機は一瞬で領空に侵入してしまいます。
中国軍、自衛隊とも一瞬の判断でドッグファイト(格闘戦)になってしまいます。
産経新聞以外があまり報じませんが、尖閣周辺の緊張は間違いなく高まっています。
こんな状況でも日本の政治家の中には、「防衛費は人殺し予算」と言い放った人物がいる事に驚きを禁じません。

共産党・藤野議員の発言「防衛費は人殺し予算」で各方面から批判されてる問題で、昨日共産党が藤野氏を更迭しました。
藤野氏は記者会見を開き「党の方針と異なる誤った発言だ。」とし事実上自身の発言を撤回しました。
共産党はこのまま、この問題が長引けば参院選に影響する事を危惧し、幕引きを図ったようです。
しかし共産党・志位委員長の発言を見てみれば、藤野氏の発言は「党の方針に沿ったもの」と思われても仕方ないと思います。
今日の産経新聞から、
公明党の幹部は藤野氏が記者会見で説明した点について「党の方針通りではないか」との疑問を呈したそうです。
志位氏は安保関連法について
「日本を再び、殺し、殺される国にしてはなりません。安保関連法は廃案にすべきです。」と述べてます。
党の方針に沿った発言をして更迭された藤野氏、共産党は「トカゲの尻尾切り」を行ったと見るのが自然です。
一方民進党は、藤野発言時に同席し、事実上発言を「追認」した山尾志桜里氏に関しては沈黙してます。
民進党はこのまま彼女に対して御咎めなしで済ますのでしょうか。
このままだと、さらに有権者は離れます。
政権の奪回は無理だと断言します。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 国際海洋法条約 田原総一朗

中国と韓国のワタリガニ戦争の真実。

中国軍のフリゲート艦が尖閣のEEZへ侵入してから、メディアが色々中国の意図を分析しています。
共産党の志位委員長でさえ「軍艦侵入は軍事的緊張を高めるだけ。」と中国を批判しました。
しかし未だに翁長沖縄県知事はダンマリを決め込んでいます。
では第二党の民進党はどうなんでしょう。
今日の産経新聞・産経抄からです。
中国が、初めて軍艦を接続水域へ侵入させた事は、我が国の安全保障上『新たな段階』に入ったと考えざる負えない。」
民進党「次の内閣」の長島昭久ネクスト外相は9日に談話を発表し、政府に引き続き警戒監視や関係各国との緊密な連携を求めました。
また民進党岡田代表もこの日記者会見を開き「危機感を国民は持っていいただきたい。」と呼びかけたそうです。
さすがに中国軍の脅威の前には、与野党関係なく安全保障で自民党と足並みを揃えて、国民の生命と財産を守る気概を感じた。
と思いきや、岡田氏が言いたかった事は「安倍首相は憲法9条の改正を考えている。」だから危機感を持て。
岡田氏は中国ではなく安倍総理に気を付けろ、危機感を持てと国民に向かって声明を出しました。
安倍総理は「安保関連法」を成立させ、日米同盟の深化を目指しました。
中国、北朝鮮などに対する備えの為です。
岡田代表は10日、アメリカ大使館でケネディ駐日大使と会談し、安倍さんが成立させた「安保関連法」を白紙に戻すと、大使に宣言したそうです。
宣言されたケネディ大使も迷惑だったと思います。
岡田氏の言動は親父が中国で商売(イーオン)しているから・・・。
中国軍が初めて日本を威嚇した今、民進党政権でなくて本当に良かったと思います。

先日このブログで、朝鮮半島がこの季節になると「ワタリガニ」で緊張状態になると述べました。
黄海上の軍事境界線に当たる北方限界線(NLL)付近はこの時期、ワタリガニの漁場で韓国では漁獲量が最も多い海域です。
それは北朝鮮にとっても同じで、ワタリガニをめぐって軍事的衝突をも引き起こす事があるそうです。
当然境界線付近は、南北とも漁を控えて睨み合ってる状態でした。
しかし今年は、南北が漁を控えている海域に中国漁船が何百隻とやって来て、根こそぎかっさらっていくそうです。
挙句韓国の今年のワタリガニの漁獲量は通年の3分の1になってしまったそうです。
韓国漁民は政府に取り締まりを要請しましたが、政府は有効な手を打つ事が出来ず、ついに漁民自ら中国漁船を「拿捕」し韓国当局に引き渡すと言う事態になってしまったそうです。
僕は中国漁民が勝手に違法操業をやってるのかと思っていましたが、どうやら違うようです。
今日の産経新聞に黒田勝弘氏が書いていました。
北朝鮮は手っ取り早く「外貨」を稼ぐため、この軍事境界線付近を入漁料の形で、中国に売り飛ばしたようです。
北朝鮮漁民は文句を言わず沈黙してるのは、そのためだと黒田氏は述べてす。
北朝鮮は韓国と領海を争っている海域を勝手に中国に売り飛ばした訳です。
ある意味したたかと言うか、日本人には考えられません。
黒田氏は、一体いくらの入漁料を中国が支払ったのか不明ですが、韓国は中国に対し「対北制裁違反ではないか」と追及すべきだと述べてます。
普段安倍さんには強気の、民進党岡田代表、翁長沖縄県知事同様、朴大統領も、中国に対しては腰が引けてしまって、面と向かって抗議出来ないようです。
このままだとワタリガニが枯渇してしまう。
韓国漁民はそう嘆いていると、韓国紙も述べています。
僕は中国と韓国勝手にやってくれと思いますが、
ただ残念な事に日本の海洋資源も狙われています。
他人ごとではないのが現実です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。



テーマ : 朝鮮ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 中国 長島昭久 北方限界線

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-