FC2ブログ

憲法記念日に寄せる。

今日のテレビ報道は昨日の安倍総理の発言「9条の1項2項を残し自衛隊を明記する。」との発言で大騒ぎです。
僕は昨日Twitterでも述べたのですが。2項のすべての戦力の不保持、交戦権の放棄を残せば、自衛隊が違憲との解釈の余地を残す事になる。と述べました。
2項は削除する。と言うのが僕の考えです。
昨日久しぶりに石原慎太郎氏が産経新聞に寄稿してます。
「憲法に問われる国家の主体性」と言う論述です。
石原氏を嫌いでも、その色眼鏡を一度外し、若い学生諸君にぜひ読んでもらいたい。
まずその前に石原氏は白洲次郎について述べているので、蛇足ながらソフトバンクのCMと白洲について述べます。
以前このブログでも述べましたが。
ソフトバンクのCMはこの白洲次郎をモデルにしていると思われる。
白洲次郎の妻は白洲正子です。
CMではお父さん犬が白戸次郎、その妻が白戸正子。そして黒人の息子までいます。
韓国では「犬の子供」と言うのは屈辱の罵倒の言葉です。
しかも韓国社会は黒人差別が激しいと言われています。
白洲次郎を犬になぞらえ、その犬との間に妻正子は黒人の子供をもうける。
これ以上の屈辱があるだろうか?
僕は白洲次郎は吉田茂の側近として、戦後GHQと渡り合った英雄だと思います。
また白洲は治安悪化を理由に、すべての在日朝鮮人を朝鮮半島に送り帰すようGHQと交渉しますが、これは失敗します。
日本住む在日の人々は白洲を「俺たちを日本から追い出そうとした極悪人」との評価です。

話を元に戻し石原氏の寄稿をざっと見てみます。
石原氏は同じ敗戦国のドイツと日本について比較しています。
ドイツは降伏に当たり戦勝国に三つの条件を提示します。
1、憲法はドイツ人の手で作る。
2、戦後の子弟の教育指針はドイツ人自身が決める。
3、国軍は残す。
青山繁晴氏も確かこう言っていたと思います。「ドイツは敗戦慣れしていた。」と
僕が思うに、一方日本は無条件で降伏し、GHQによる憲法を押し付けられ、それまでの日本をすべて悪とする洗脳教育(WGIP)が徹底され、現在のメディア・教育界の左派的偏向を生んでいる。
白人による植民地支配に対し日本は有色人種として初めて白人と対等に渡り合った事が、日本に対する脅威に繋がり、二度と白人に歯向かえないように徹底的に占領政策を進めた。
その集大成と思える物が、現日本国憲法だと言う事です。
憲法前文に対し石原氏はこうも言っています。
「悪さをなして先生に酷く叱られ恐縮してひたすらにお詫びする生徒の卑屈な姿を象徴している。」
また日本が起こした太平洋戦争についてナセルとスカルノは「我々が独立できたのは、敗れはしたが日本があれだけ白人と戦ったと言う事実のおかげだ。」

大急ぎで石原氏の論文を抜粋し、僕の見解も述べてきました。
最後になりますが、石原氏は白洲次郎から聞いた話が印象的だったと述懐しています。
それを紹介して終わりたいと思います。
「吉田茂の犯した最大の間違いは、自分も同行していったサンフランシスコの日本の独立が認められた講和条約の国際会議で、アメリカ側の憲法の破棄を宣言しなかったことだ。」
この時憲法の破棄を宣言していたら・・・・・。


ブログが更新できない平日はTwitterで発信してます。
呆笑 礼 https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

民進党ブーメラン芸は正に名人の領域。

今日は産経新聞の記事から2題述べます。
まず3日の記事から
民進党・長妻議員が「国会で追及して欲しい事をお寄せください。」とTwitterで募集したところ、同党議員の不祥事が相次いで寄せられているそうです。
1日の呼びかけに「蓮舫代表の2重国籍を追及しろ。」「山尾志桜里前政調会長の多額のガソリン代を計上した政治資金問題を追及しろ。」「後藤祐一衆議院議員の防衛省職員への暴言問題を追及しろ。」さらに女性をホテルに連れ込もうとした民進党議員の不祥事、等々。
枚挙にいとまがない位寄せられてるそうです。
インターネット上では「こういう結果になることを、長妻氏はなぜ予想できなかったのか?。」と揶揄されてるようです。
まあ馬鹿にされてると言う事です。
こんなに馬鹿にされてるのに民進党は政権奪取を目指すとしています。
彼らの非現実的な発言を聞いてると、変なクスリでもやってるのかなと思ってしまいます。
民進党のブーメランは今やお家芸とも言われる、伝統・名人芸の領域にまで達しています。
今民進党は「森友学園問題」で安倍さんを追及してます。
「森友学園は、園児に『安倍総理がんばれ』を言わせてる。」
さらに「教育勅語を暗唱させてる。日本の領土、領海を守れと言わせている。これは教育基本法に掲げられてる政治的中立に違反してる。」と民進党は述べています。
今日の産経新聞・産経抄でも「(愛国教育を重視してる)森友学園のありようには違和感を感じる。」と述べてます。
「安倍総理がんばれ」は議論の余地はあるかなと思います。
しかし自国の領土・領海を教えるのが政治的中立に違反するのだろうか?
教育勅語を教えることが政治的中立に違反するのでしょうか。
教育勅語のどこが戦前の軍国主義教育なのか、その中身を指摘してほしいと思います。
まあ天皇制に反対する方々が言うのなら理解できますが。
教育勅語と言うと中身には言及せず、反射的に軍国主義教育と反応するメディアやコメンテーターが、今の日本メディアを牛耳っています。
今年の1月には日教組・民進党議員のチラシが、神奈川県の小学校で児童に配られました。
安倍総理を批判した文書です。
児童に安倍総理を応援させると政治的中立に反する。しかし安倍総理を児童に批判せるのは政治的中立違反にはあたらないそうです。
さらに言えば、日教組のドンだった民進党・興石東前参議院副議長は日教組会合でこう述べたと言われています。
「政権交代に手を貸す。教育の政治的中立などと言われても、そんなものはあり得ない。」
まさに今の民進党の伝統芸・華麗なるブーメランが、民進党自身に突き刺さったと言うことです。

2題目です。
先日の日米首脳会談でトランプさんが「尖閣諸島を日米同盟の第5条のもと米国は守る。」と米大統領として初めて公式に表明し、文書化されました。
日本側は胸を撫でおろして喜んでいます。
しかし今日の産経新聞の古森義久氏のコラムを読むと、そう喜んでばかりいられないと思わされます。
「トランプ政権が日本の施政下にある尖閣諸島の防衛を約束した事に反対する。」
米国議会の2月28日の公聴会で民主党の有力議員からこんな言葉が叫ばれたそうです。
発言したブラッド・シャーマン議員の言葉を要約すると。
「日本は憲法上の制約を口実に米国の安全保障のために何もしていない。それなのに日本の無人島の為に膨大な費用と人命をかけて引き受けるのは理屈に合わない。日本はこれを憲法の制約と言い訳するが、その癖誰も憲法を変えようとは言わない。」
この公聴会では米国の軍事がGDP比3.5%に対し日本の軍事費がGDP比1%の事も批判されたようです。
一方日本を擁護する共和党・デーナ・ローラバッカー議員は
「確かに日本の憲法が日米同盟を一方的にしてる。しかし安倍総理は憲法改正を含めて日本の防衛を強化し、同盟をより均等にしようと努力している。」
どちらの議員の発言も、最終的には日本の憲法改正を促しているという事です。
トランプさんが「米国は尖閣を守る。」と断言したことで、日本の憲法改正について米国で議論が盛んに行われる事になります。
今後9条・憲法改正について米国から圧力がかかるかもしれません。
僕は9条は改正すべきだと何度もこのブログで述べてきました。
しかし日本独自での憲法改正は、現状のメディア・憲法学者・評論家を見ると、そうとう難しいと思います。
結局、現日本国憲法は米国主導で作られ、またその憲法を改正するのも米国主導と言う事になるのでしょうか?

なんか腑に落ちませんが。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

青山繁晴氏当選,憲法改正が現実になるか。

参議院選挙の結果は予想通り、改憲勢力が3分の2を確保しました。
青山繁晴さんの当選が早々に打たれました。
しかし民進党有田芳生氏も当選してしまいました。残念。
青山さんの落選を目論み、ウソ、ねつ造で青山さんを侮辱した週刊文春、またそれを画策した有田芳生氏や青木理氏、サンデー毎日に対する青山さんの反撃が始まると思います。
先週の週刊文春は青山さんに関しては沈黙しました。
しかし今週は参議院選挙の結果について触れない訳にはいかないと思います。
当然、青山さんの当選にも触れる事になると思います。
青山さんから刑事告発された編集長、記者がどんな記事を書くのか今から楽しみです。

改憲勢力が3分の2を占めた事で、憲法改正への発議が可能になりました。
今回の参議院選挙で民進党共産党と共闘した事で、奇しくも国政を任せられない事を国民に露呈してしまったと僕は思います。
今回の民進党惨敗の原因は共産党との連携にあると、党内からも不満の声があるようです。
しかし岡田代表は今後も共産党と連携すると、テレビでのインタビューに答えていました。
社民党は今回一議席しか獲得出来ず、政界から消滅しようとしています。
このままいくと民進党も同じ運命をたどる事になると思います。
中国が南シナ海で暴れまわり、東シナ海では我が自衛隊に対し一触即発の挑発を行っています。
北朝鮮はムスダンの発射に成功しました。
しかし民進党は、ただただ安保関連法の廃案を訴え、安全保障に関しては議論を避けてきました。
共産党に至っては「防衛予算は人殺しの為の予算」と言い放ち、自衛隊を憲法違反だから将来的には解体する。しかしそれまでは自衛隊を災害等で活用すると述べ、その異様な姿を国民にさらしました。
今回から参政権が18歳に引き下げられました。
共同通信が実施した出口調査で、18,19歳の投票行動が浮き彫りになりました。
18,19歳の比例代表の投票先は、自民党が40%で全世代の38.2%に比べ高いと言う結果が出ました。一方民進党は19.2%で全世代の20.4%より低いと言う結果が出ています。
産経新聞によると、学生団体・SEALDsが野党共闘による安倍政権打倒を訴える中、世代別に見ると自民党に投票した10代は、20代の43.2%、30代の40.9%に次ぐ3番目の多さで、中高年より自民党を支持している結果になってます。
国会前でSEALDsがデモを行い反日メディアは、それを好意的に取り上げてきました。
しかし参加してるのは60代の団塊の世代がほとんどだと言うネット上の報告もあり、今回の調査結果はそれを物語る事になってしまいました。
都知事選出馬を公表した俳優の石田純一氏も、SEALDsと一緒に国会前で安保関連法の廃案を訴えました。
どうやらSEALDsは若者より中高年に愛されているようです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。



テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : SEALDs 青山繁晴 有田芳生 週刊文春 民進党 共産党 青木理

参議院選挙投開票日に寄せる。

今日は参議院選挙投開票日です。
朝日新聞でも改憲勢力が3分の2に迫りそうだと報じています。
何とか阻止したいと、紙面から苦渋の思いが感じられます。
朝日新聞WEBは昨夜未明、日本社会党、村山富市元首相と、自民党に復党した野中宏務元官房長官の街頭演説をUPしました。
村山氏の要約です。
「色んな総理がいたが安部さんは最悪の総理大臣だ。戦後70年、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争などで日本の自衛隊を使いたがっていたが、9条があるおかげで日本は自衛隊を使えなかった。だから平和だったんです。選挙が終わったら、安部さんは憲法の解釈を変えて戦争ができる国にしてしまいます。」
野中宏務氏の要約です。
「あの戦争を体験した私は、命がある限り、やはり憲法9条だけは守ってほしい。・・・略・・・どうぞそう言う意味で、明日の投票日は皆さんがお一人お一人が力を合わせていただきますようお願いします。」
社民党・村山氏の演説は当然のものとして、自民党に復党した野中氏はまるで民進党・共産党に投票を呼び掛けているかのようです。
以前石原慎太郎氏は野中氏を「中国に魂を売った売国奴」と述べ物議を醸しました。
朝日新聞は選挙前日の直前にこの記事をUPしました。
朝日新聞や共産党、民進党・辻本清美氏など護憲派は憲法改正は許さないと主張してます。
よく考えていただきたい。
憲法は国民のものです。護憲派の物ではありません。
憲法改正は国民投票で決めます。その権利を彼らは国民から奪おうとしています。
国民の審判は今日未明に判明します。

今日の産経新聞は、韓国が昨年オープンした高尺スカイドームで、来年開催されるワールド・ベースボール・クラッシク(WBC)の第一ラウンド開催を申請してると報じています。
申請はいいんですが、問題はこのドーム球場が欠陥だらけで改修してまた改修の繰り返しだそうです。
座席が最大31席も連なりトイレにも行けない。野球観戦にはオムツが必需品だそうです。
さらにドーム球場なのに雨漏りが発生して、傘を差して野球を観戦しなければならないそうです。さらに球場は薄暗く選手から「フライが消えて守りずらい」「天井が白いのでボールがよく見えない。」と散々の言われようだそうです。
運営するソウル市は税金を追加支出して対応するようですが、韓国民からは「税金でゴミ球場を作ってくれた。」と批判されているそうです。
来年WBS第一ラウンド観戦で、このドーム球場を訪れる予定の皆さん、オムツと傘はお忘れなく。

また先日の産経新聞は、日韓漁業再交渉が決裂したと報じています。
これに伴い日韓双方のEEZ(排他的経済水域)から双方とも操業が禁止になりました。
僕は大変いいことだと思います。
お互いの漁獲量の割り当てが、韓国の方は多く、日本側は少ないので、日本にとって全くメリットがありませんでした。
また韓国側のEEZでは乱獲のため水産資源が激減しています。
しかし日本側のEEZ内は資源保護で韓国より水産資源は豊富です。
韓国漁民の為に資源保護してる訳ではありません。
また韓国漁民の違法操業を改善するよう韓国政府に要請していましたが、中々改善されない事も今回の「交渉決裂」の要因だそうです。
韓国漁民は違法操業以外でも、カゴや網など漁具を勝手に投棄する為、漁場が汚染されていることも問題視されています。
そんな韓国ですが、自国EEZ内にやって来る中国漁船の違法操業に悩まされているようです。
韓国は自分たちを棚に上げ、中国政府に対し「違法操業取り締まり強化」を求めているようです。
なんか笑い話のようですが、中韓で勝手にやっていただき、くれぐれも両国とも日本のEEZ内には来ないでいただきたいと思います。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。



テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : 日韓漁業再交渉 韓国 朝日新聞 安倍総理 村山富市 野中宏務 辻本清美

ビックコミックスピリッツ付録を称賛する韓国人記者

先日発売された「ビックコミックスピリッツ」に別冊付録として憲法全文が載っていたと話題になってるようです。
これについて韓国紙・ハンギョレ新聞、キル・ユンヒョン東京特派員が東京から配信していました。
彼は10日に行われる参院選の取材で、東京水道橋にある「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の高田健事務局長の事務所に立ち寄りました。
高田氏のインタビューが終わり帰ろうとした時、高田氏から「ビックコミックスピリッツ」を手渡されたそうです。
彼は別冊付録を見て、あまりにも驚き涙を誘うようだったと述べてます。
解説には「日本国憲法は前文と103条の条文で構成されている・・・略・・・短く整理された単語には、何というか深い意味合いが含まれている。」とある。
このまま行けば、参院選で改憲勢力が3分の2を占めるかもしれない。単なる漫画雑誌だが編集者の声なき声が重く伝わってきた。そう述べています。
韓国メディアは反安部政権であり、憲法改正には反対しています。それは中国、北朝鮮と同じです。
小学館・ビックコミック編集部は憲法改正反対を訴えるため、この時期にこんな別冊付録を付けたのか良くわかりませんが、解説で「・・・何というか深い意味が含まれている。」という説明文からは、現憲法を好意的に感じてるのは分かります。
護憲派やこの韓国記者のような勢力には、追い風になるでしょう。
この記者の見解では、「日本が9条を改正すれば『集団的自衛権』を無制限に拡張するとみられる。その事が朝鮮半島周辺情勢にどのような影響をもたらすか、想像しただけでも頭が割れそうになるくらい痛くなる。」と述べてます。
日本が朝鮮半島侵略を企てるかのようです。
朝鮮半島有事には在日米軍と韓国軍が北朝鮮(背後の中国)と対峙する事になります。
米韓から日本は支援要請を受けるのは間違いありません。
ただ現憲法下でどこまで支援できるか疑問です。
朝鮮半島有事の時、この記者は韓国人として「日本は米韓を支援するな」と言うのでしょうか。それとも韓国が困っている時は憲法改正して助けるべきだ、と言うのでしょうか。
こちらの方が、頭が割れそうなくらい痛くなります。

そんな韓国ですが、ついに朴槿恵大統領が米国から要請されていた、高高度防衛ミサイル(THAAD)を在韓米軍に配備すると発表しました。
米韓は「北朝鮮のミサイルへの対応だ」と述べていますが、当然中国は猛反発しています。
昨年韓国は中国の要請でAIIBに参加し日米を落胆させました。また中国・北京で行われた「抗日軍事パレード」に出席し、中国との蜜月を演出しました。
しかしわずか8か月程で、中国から日米の方に寝返った事になります。
韓国にTHAADが配備されれば、中国の戦略ミサイルの動向が米国に筒抜けになってしまいます。
産経新聞によれば、THAADが導入されれば朝鮮半島だけでなく、南シナ海などでも米軍は中国への軍事圧力を強める事が可能になる。と述べてます。
米中の軍事的緊張がさらに高まったと言えます。

明日は参議院選挙です。
しかし野党は、安保関連法の廃案、護憲を訴えてこういった世界情勢は眼中にないようです。
世界情勢より、改憲勢力の3分の2を取らせない、9条を守る。これしか考えていないようです。
国民はこんな野党議員より賢明である事を願うばかりです。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。



テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : AIIB ビックコミックスピリッツ THAAD 朴槿恵大統領

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-