FC2ブログ

中国の大気汚染。

韓国フォルクスワーゲン現地法人が、前月の5倍の売り上げを達成したと今日の紙面に小さく載ってました。
「なぜ」
私の第一印象です。
中身を読むと、VWは11月にローンの金利0%、現金の購入者に対し最大187万円の値引きをすると告知したため、韓国人が殺到したようです。日本人ならどうだろう。まあ購入する方も少しはいるでしょう。しかし5倍の売り上げは無理だと思います。
日本だけでなく先進国では、VWの詐欺的不正で失った信頼はそう簡単に取り返せるものではありません。
VWの再生は、企業のコンプライアンス、社会的使命を考えると、まず自ら原因、対策、謝罪、があってユーザーが納得してからです。
韓国人はその辺は関係ないのでしょう。
まあ韓国自体が法や、倫理や、コンプライアンスとは無縁の国家ですから、しょうがないのかなと。

似たような国がもう一つあります。
そうです、中国です。
こちらは韓国より深刻です。
温暖化はCO2が原因ではないと言う学者の方もいますし、そもそも地球は温暖化してるのかと、疑問を呈してる科学者もいるようです。素人の私はその説を聞くたびに、なるほどと妙に納得してしまいます。
そんな中私にとっての危機は中国大気汚染など環境汚染です。
テレビに映し出される、昼間でも白く煙って周りが見えない状況は、皆さんも驚いたと思います。
まさにSF映画そのままです。
あの映像に下記のようなナレーションを流したらどうでしょう。
「20XX年、人類は度重なる環境破壊と核戦争の結果、大気汚染や環境汚染は悪化の一途をたどり、一部の指導者や資産家は空気浄化装置を設置した地下都市に移住した。取り残された庶民の中からある指導者が現れ、地下都市との戦いが始まる・・・。なんちゃって。」
笑い事ではありません。
以前は黄砂に交じって汚染物質が日本に飛んで来る。と報じられて注意喚起が出されていました。しかし今の大気汚染PM2.5黄砂の比じゃないと思います。その他にも土壌汚染、赤や黄色又鮮やかな緑色した河川、それらは重金属など化学物質に汚染された証拠です。それらが海に流れ日本沿岸までやってきます。
今まで日本は、自分たちの公害の経験から、中国に対し工場のばい煙除去装置の設置に協力してきました。
しかし中国人の経営者は少し経つと、役人に賄賂を渡し除去装置を撤去してしまいます。これは違法行為ですが除去装置の電気代が馬鹿にならない、また生産効率が悪化するなどの理由です。
つまり環境より目先の利益追及であり、自分が儲かれば他人や環境などどうでもいいのです。
これは中国人の特質です。
いい例が中国サッカーです。
現在中国代表はW杯の予選で苦戦してます。サッカー好きの習近平が、いくら叱責してもどうしようもないみたいです。
中国サッカーを経験した事がある外国人監督、またコーチを経験した日本人のインタビュー記事を読んだことがあります。
二人ともこんなことを言っていました。
「近代サッカーの戦術では自分がおとりになって、敵を引き付けて、ストライカーのゴールに貢献する。自己犠牲の精神が必要だが、中国人はこれが出来ない。『なぜあいつのゴールの為に俺が犠牲になるんだ。ゴールは俺が決める。』こう自己主張する。中国人に団体競技は無理だ。」
そうコメントしていました。
まさにこの考えが、中国の環境汚染を生んでいるのです。

今回絶望的な終わり方です。
これは私の本意ではないのですが・・・・・・。

SF映画のように、簡易マスクではなく本格的な防毒マスクをつけて外出する映像が、もうすぐ見られるかもしれません。

皆さん、それは中国だけではないかもしれませんよ。




にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

スポンサーサイト

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 黄砂 中国サッカー 韓国 中国 PM2.5 大気汚染 フォルクスワーゲン

中国の環境汚染

昨年末風邪をひき、熱はすぐ下がり体調もすぐ回復したのですが、ただ咳だけが残り、約一月ほど夜など眠れない日々を過ごしました。
マスクを付けて満員電車で回りの視線を気にしながら、ぐっと咳を我慢するのが、こんない苦しいものかと、思い知らされました。周りの人にしてみれば、隣で咳をされたら大変不快に思うのが、こちらも痛いほど分かるので、顔を下に向け身を小さくして乗車してました。
私は子どもの頃から気管支炎ぎみだったので、この年になっても風邪をひくとすぐ気管がやられます。

そんな中、昨日北京市の大気汚染が最も重大な状況だと、当局が警報を出したと報道がありました。中国では他の都市も深刻な状況だそうです。
気管の弱い私には、恐怖を覚える報道です。
中国大気汚染、水質汚染、砂漠化(北京の近郊まで砂漠が迫ってる)、土壌汚染、沿岸部の漁業の乱獲と海洋汚染、中国は一体どう対処しようと思ってるのでしょうか?
日本のメディアやコメンテータの中には、日本も60年代同じように公害に苦しんだが、それを克服して今の環境立国になった。中国も今その通過点だから、多少多めに見よう、日本は環境技術で手助けしよう。と言ってる人もいます。
中国と日本は民度が違うので、そんなに簡単ではないと思います。まず中国で精製してるガソリンは粗悪品です。きれいに精製すればコストアップする。せっかく日本の技術で工場からの煤煙を無くすフィルターを付けても電気代、生産性が悪くなる等で装置を止めてしまってます。
つまり自分だけが儲かればいいのです、最後は金を持って海外に移住する。
これでは、いつまで待っても環境問題は悪化するだけです。
このまま行けば、中国大陸は人が住めなくなり、住める土地や海洋を目指し、癌細胞のように近隣諸国を侵食していきます。今すでに軍事力を背景に近隣と摩擦を起こし始めてます。
日本は近隣諸国(韓国は除く)米国と密接に連携してその時の準備をして置くべきです。
また中国は民度を上げるため、反日教育に血道を上げてないで、人の為に生きる教育をしてほしいものです。(期待しても無駄?)
中国が、タコのように自分自身を食いつぶす日は、もうすぐです。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

保守 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

岡本綾子のすぐにチェックしたい! ゴルフの急所 (日経プレミアシリーズ)岡本綾子のすぐにチェックしたい! ゴルフの急所 (日経プレミアシリーズ)
(2013/04/09)
岡本 綾子

商品詳細を見る
皆さん一度基本に戻って、スイングをチェックしましょう

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 中国 民度 大気汚染 環境問題 北京 反日 教育

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-