FC2ブログ

中国の要求を一蹴した、台湾蔡英文総統。

北朝鮮の若き将軍様が、また核実験をやらかすのではと報じられてます。
また朝鮮半島有事が、紙面を賑わす事になるかもしれません。
しかし僕は朝鮮半島より先に、南シナ海での有事が起こるのではと危惧してます。
先日の報道で中国軍機が、南シナ海の公海上空で警戒監視活動中の米軍偵察機に15メートルまで異常接近しました。
中国人パイロットがどのくらい操縦に熟練してるか分かりませんが、米軍機は怖かったと思います。
以前にも米軍機に異常接近した中国軍機が接触し中国軍機は墜落し、米軍機は中国領に不時着した事件がありました。
米軍の分析によると、自分の操縦技術を過信した中国人パイロットがやらかした事件です。
現在この海域での米中は、一触即発だそうです。
昨日の産経新聞が報じていました。
米国防省は「紛争の一歩手前の威圧的戦術だ。」と中国を批判してます。さらに今回の事案が発生したのは「国際空域であり、米軍機の活動は通常任務だ。」と述べてます。
米軍のハリス太平洋軍司令官は「戦わなければならないところでは、我々は戦う。」と述べて中国に強い立場で臨むと強調したそうです。
そんな中20日に台湾で蔡政権が誕生しました。
親中国派の馬政権から日米寄りの政権に代わります。
蔡総統が就任演説で「92年コンセンサス(台湾は中国の一部)」に触れなかった事に関して、中国が猛反発しています。
彼女は、中国が要求する「92年コンセンサス」の表明要求を拒否しました。
中国と親密だった馬総統は、台湾の軍事費を減らしたり、学習指導要領に中国側の意向を反映させた改定を行いました。
この学習指導要領の改定時には、中国化すると学生らが反発し抗議行動が起こりました。
馬政権の8年間に渡る中国融和政策で、台湾海峡は安定したと言われてます。しかしそれは中国が台湾海峡から南シナ海に軍事展開する事を意味し、現在の埋め立てなどの違法行為を呼び起こしたとも言われてます。
蔡政権は国防自主を目指し、馬政権で減らされた軍事費を増大し、潜水艦と空軍の高等練習機を自主開発する方針を打ち出しました。
また馬政権が改定した中国寄りの学習指導要領も元に戻すようです。
6月には中国と南沙諸島などの領有権を争うフィリピンが、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に申し立てた仲裁手続の判断が下されます。
大方の予想では「中国の違法性」が指摘されると言われてます。
中国はすでに「仲裁結果は受け入れない。」と訴え始めています。
中国は日米、フィリピン、ベトナムと対峙してきましたが、蔡政権が生まれた事で台湾とも対峙しなければならなくなりました。
米関係者は「最も嫌なのは『予測不可能性』だ」と中国軍の暴発に懸念を示しました。
この状況に一番頭を抱えているのは韓国だと思います。
朴大統領は「中国に付くか、米国に付くか、どうしよう。」
得意のどっちつかずのコウモリ外交が、いつまで続くか見ものです。
蔡英文総統朴槿恵大統領どちらも女性指導者です。
皆さんだったら、どちらの指導者を選びますか?。

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。


スポンサーサイト




テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 92年コンセンサス 韓国 蔡英文総統 朴槿恵大統領 常設仲裁裁判所

香港,台湾の学生達に比べ幼稚なシールズ。

頭がぼーっとしてます。完全な寝不足です。今日の記事に誤字、脱字があったらご容赦ください。
(普段でも文字の間違いは多いですが。)
昨夜無性にラーメンが食べたくなり、近所の家系と言われる店に行ってしまいました。
まずビールで喉を潤し、焼き立ての餃子をタレに付け頬張ります。口の中で肉汁が広がり、またビールで流し込みます。
やがてラーメンが登場します。
スープを一口、やっぱり旨い。まず麺を口に運び、次に海苔、チャーシューを堪能し、コチジャンとニンニクをガッツリ入れて、味が変わったところで、一気に麺を食べ続けスープまで飲み干してしまいました。
ニンニクをガッツリ入れた為か、夜なかなか寝付かれず、気が付くと明け方になってしまいました。
明け方のテレビでは、台湾総統選挙が今日投開票が行われると報じてます。
日本では政権を取った民主党がデタラメ過ぎたので、次の選挙で惨敗しました。
同じように国民党馬英九総統は、もはや人民から見捨てられてます。
民進党蔡英文主席の当選が確実視されています。
特筆すべき事は、学生運動から派生した政党「時代力量」が大躍進しそうなことです。第三局に躍り出るかもしれません。
彼ら学生たちは、香港の学生たちと同じで、大陸の中国共産党に対する危機感を肌感覚で感じています。
自由、人権を中国共産党から守る。そう訴えています。
同じように政治活動を始めた日本のシールズ
彼らは相も変わらず、安保法整備反対、憲法改正反対、沖縄の辺野古基地移設反対、中国共産党が喜びそうなことばかり主張してます。
台湾の学生に比べ、シールズの学生たちは、自由、人権は当たり前に存在してると思っています。
世界に目を向ければ、自由、人権は血を流して勝ち取らなければならない事もある。それがリベラルの意味だと彼らは知らないようです。
平和を訴えるなら、国会前ではなく、中国大使館前でデモしろと言いたい。
台湾の学生たちに比べ、国際的なバランス感覚がないシールズの学生たちの幼稚さが際立っています。
シールズだけでなく、なぜか日本の左派は中国共産党には沈黙してしまいます。
台湾の選挙結果は今夜にも判明します。

今日の産経新聞のコラムで、故つかこうへい氏の19年前の取材記事について述べていました。
まだ読んでいない方のために簡単に紹介します。
在日2世のつか氏は、慰安婦問題の取材を重ねます。当時マスコミ報道の主流だった「強制連行」の証拠を探そうとしたようです。
「悲惨さを調べようと思っていたら、思惑が外れバツが悪かったが、慰安婦と日本兵の恋はもちろん、心中もあった。将校に恋をしてお金を貢いだり、休日には一緒に映画や喫茶店に行ったりという人間的付き合いもあった。」とつか氏は述べています。
さらに「強制連行はしてないと思うが、人間の尊厳の問題なのだから、元慰安婦には何らかの誠意はみせ続けるべきだ。」とも述べてます。
昨日の桜田議員の「慰安婦に関する」発言は真実であっても、日本では言論封殺されます。
桜田氏の発言を糾弾した人々は、先のつか氏の発言も糾弾するのでしょうか。教えていただきたい。

つか氏は自分の父親についてもこう言ってます。
「うちの親父は『日本に連れてこられた』と言っていたけど、本当は食い詰めて自分で渡ってきたのだろう」


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


テーマ : 台湾ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 時代力量 中国 慰安婦 台湾 つかこうへい シールズ 民進党 国民党 蔡英文 馬英九

日米は台湾を正式に独立国と承認、代わりに韓国を中国に差し出す。

昨日のなんちゃって日米韓首脳会談の事を各メディアが報じてます。
各メディアは、これが日韓の関係改善の契機になればと期待した論調で記事を締めくくってます。
アメリカは北朝鮮有事で、日韓の軍事上のオペレーションを上手く機能させなければならい。またその為日韓で懸案の「秘密情報保護に関する協定」の締結を望んでいます。
日韓の2国間で難しければ、日米韓の3各国で締結することも考えているようです。
しかし反日のためなら周りが何も見えなくなる韓国です。日本との軍事上の結びつきが強くなる、秘密情報の共有は難しいと思います。
またアメリカ中国の2面外交を展開している韓国は、中国が嫌がる日米韓の軍事上の協定には二の足を踏むでしょう。
オバマもいい加減韓国の本質を理解すべきです。
中国包囲網は、韓国以外の東アジアの国々、日本、オーストラリアなどと安全保障を考えましょう。
特に台湾はアジアのキーストーンになります。中国化させてはいけません。

なぜかテレビでは台湾の大学生らが立法院を占拠するなどの抗議行動を報じません。
一時学生たちと警察の衝突があった時少し報じただけです。
中国に気を使っているのでしょうか。
事の発端は、昨年6月に中台双方の市場開放を目指した「サービス貿易協定」の承認をめぐり与党、国民党が審議を打ち切った事が原因です。
中国台湾側に随分譲歩したと言われてますが、中小企業が多い台湾では、巨大資本の中国企業に淘汰されると言う懸念があります。また中国企業による出版の寡占化で、台湾の言論の自由が脅かされる。中国の国策である三戦による中国化が進行し、中国人の流入も相まって、中国が目指す「中台統一」に向かってしまう。
こういった事から学生たち、労働者たちによる議場占拠が行われました。
学生たちの不安はあながち的外れではありません。
その証拠に中国が苛立ち始めました。
中国国務院、馬報道官
「両岸の経済協力の進展が妨害されることを誰も望まない」
「経済協力の強化は両岸人民の利益につながる。」
中国共産党機関紙は
「サービス貿易協定で台湾と再交渉する必要はない」
「茶番だ」と抗議行動を一蹴してます。
日本にとって、またアメリカにとっても、台湾の中国化は阻止しなければいけません。

いっそのこと日米は中国と交渉したらいかがでしょう?
日米は安全保障上の枠組みから韓国を外します。韓国を中国と日米の緩衝地帯にしましょう。
その代わり台湾を正式に独立国家と承認し、日米の安全保障上の枠組みに組み入れます。
(実際には日中共同声明の問題がありますが、気分的にはこんな感じです。)

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

教科書に書かれなかった戦争 (Part 22)教科書に書かれなかった戦争 (Part 22)
(1996/02)
文 玉珠、森川 万智子 他

商品詳細を見る
性奴隷だったはずの慰安婦の方が宝石を買い、故郷に送金し家を建てる。

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。


テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 安倍総理 朴大統領 中国 オバマ 台湾 三戦 日米韓首脳会談

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-