FC2ブログ

クリミヤ併合で無力なオバマを嘲笑するプーチン。

日米韓首脳会談がオバマの要請で決定しました。
韓国は歴史問題を封印し、日本は慰安婦問題で日韓局長級会談を設置する事で譲歩したようです。
ただ日韓だけの会談は予定されていないようです。
しかし韓国は中韓首脳会談を予定していて、そこで中韓は歴史認識などで日本批判を展開し溜飲を下げるでしょう。
日米韓の会談では日本批判を封印しても、その前後の中韓首脳会談で日本批判をしたら、日米韓の会談は茶番ではないでしょうか。
日韓関係は、顔も見たくない程崩壊した男女関係みたいなもの、家庭裁判所だったら離婚を勧めるだろう。
お互い顔も見たくない夫婦を無理やり対面させても、憎しみが高まるだけです。
オバマが仲介して、オバマを間にして両サイドに日韓の首脳、それをカメラに収めて何になるのでしょうか?
単なるオバマのメンツを保つためのセレモニーみたいなものです。
今までは韓国が一方的に反日を叫び、日本が何らかの譲歩をして日韓関係を取り繕ってきました。
しかし李大統領の竹島上陸、天皇陛下に土下座して韓国人に謝罪しろ、この発言で韓国にシンパシーを抱いてたセンターから少し左派系の人
(朝日新聞などは別)までが韓国への嫌悪感を持ち始めました。
そして朴大統領の一連の狂気のような日本批判は日本人の嫌韓国を決定的にしてしまいました。
韓国の脆弱な経済を支えているのは、日本の銀行でありそれを突き詰めれば日本人の貯蓄です。
日本のメガバンクが韓国から手を引いたら、国際的に信用のないウォンは暴落し、韓国経済は崩壊します。
日韓関係の悪化で懸念されるのは、朝鮮半島有事です。いいかえれば半島有事の危機管理さえしっかり出来れば、日韓の断交まで進行しても日本には、何ら困ることはないでしょう。
日韓の関係悪化は改善しません。
朝鮮半島有事に日米でどう対応するかその検討を始めることが現実的です。

オバマが「21世紀型軍事力に頼らない外交」を唱えている間に、プーチンは軍事力を背景にあっと言う間にクリミヤを併合してしまいました。
EU各国がロシアにどこまで制裁措置をとれるのか、現実的には難しいでしょう。
ドイツなどは反原発を世界に宣言しカッコよく脱原発で突っ走っていますが、それはロシアからのエネルギーの輸入があるからです。
ロシアに圧力をかけると言う事は、そのロシアからのエネルギーを他に求めなければなりません。他国からのエネルギーを手配しても直ぐ、輸入出来るものでもないでしょう。また足元を見られコストアップにつながると思います。
日本も脱原発論はいいのですが、こういったエネルギーの輸入にはリスクが伴う事を理解すべきです。
また日本は安全保障での危機管理を今回のウクライナ情勢でシミュレーションすべきです。
国連もロシアが拒否権を出せば無力です。
オバマは世界の警察を否定し、内向的な政策でファンタジーの中に生きています。
しかしこの情勢を冷静に分析しているのが中国です。
中国はオバマが対人恐怖症で内向きで軍事力を行使出来ないと判断すれば、尖閣上陸を決断すると思います。
やり方は漁民に扮した人民軍に上陸させるのか、中国軍として軍事侵攻するのか分かりませんが。
ただオバマがこんな状態なので、日本は尖閣有事を周到に準備すべきです。
4月のオバマ訪日では、日米同盟の確認は当然するでしょうが、単なるお題目で終わらないようオバマに釘を刺すべきです。

平和憲法9条があれば、中国尖閣に軍事侵攻しないとおっしゃる左翼系文化人の方々、クリミヤ併合を見れば9条は日本の軍事防衛を拘束こそすれ、中国の軍事進攻の抑止には、何ら意味をなさない事が分かると思います。

クリックするだけでランキングに参加できます。クリック後はランキングページに移動します。クリックしていただいた方、感謝です。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
呆韓論 (産経セレクト S 1)呆韓論 (産経セレクト S 1)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る

PR Disc Work

CD DVDの製作、格安 国内プレス、海外プレスを承ります。
音楽CDの自主制作をサポートします。


スポンサーサイト




テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

tag : 韓国 中国 オバマ プーチン クリミヤ ウクライナ情勢 日米韓首脳会議 尖閣

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-