FC2ブログ

サンフランシスコ市と姉妹関係を解消する大阪市

「この記念碑は、1931年から1945年まで日本軍によって性奴隷にされ、『慰安婦』と呼ばれたアジア太平洋13か国にわたった何十万人の女性と少女の苦しみを表しています。その女性のほとんどは囚われのまま命を落としました。・・・・加害者の政府が責任を負わなければならないと国際社会が宣言することになりました」
これは産経新聞に載ったサンフランシスコ市の公共物になってしまった慰安婦像の碑文の抜粋です。
17歳にも満たない朝鮮の少女を狩り出して、日本兵の性奴隷にし最後には虐殺した。とする韓国のプロパガンダそのものの碑文です。
日本が朝鮮の女性を強制連行したとする証拠はありません。
あの朝日新聞など左派メディアは日本糾弾の為に世界中の文献を調査してきましたが、その証拠は出てこなかった。
結局左派新聞である・朝日新聞は記事の取り消しに追い込まれた訳です。
先日米国の公文書館から慰安婦へ払った給与のリストが見つかったとの報がありましたが、なぜかメディアは無視しています。
相当な高額の給与が支払われています。
大阪市の吉村市長がサンフランシスコ市の中国系市長に「慰安婦像の寄贈受け入れをやめて欲しい。」と書簡を送り、サ市のM・リー市長との面会を要請しましたが「慰安婦像に関する要件であれば議論・交渉、面会の余地はない。」と一蹴されてしまいました。
これは姉妹都市関係にある相手に対する返答ではない、敵対する関係のようです。
吉村市長は「姉妹関係を解消する」と表明しましたが、大阪議会の野党、公明、あろうことか自民党市議らが朝日新聞の後方支援を受けて「反対」の大合唱です。
この問題を突き詰めれば、日本政府が韓国を甘やかし、朝日新聞慰安婦の虚偽を世界に拡散させたからです。
吉村市長の英断に対し、朝日新聞はいつものように識者とか関係者とやらを紙面に登場させて。朝日の主張を代弁させ吉村市長を批判しています。
慰安婦像がサ市の公共物になった事に対し日本政府関係者は「忸怩たるものがある」として受け入れを阻止できなかった事への悔しさをにじませたそうです。
今頃何言ってるんだ。「忸怩たる思い」とは僕が言いたい。

朝まで生テレビ」を録画してチェック。
ダースレイダーというラッパーが出演していました。
北朝鮮の核放棄について。
「唯一日本は核爆弾を落とされた国、だから日本が(北朝鮮に対し)核放棄の対話での圧力をかけられる。・・・」
それに対し「圧力をかけるなら『日本も核を持つぞ』と言えば相当な圧力になる。」と福島香織氏が発言した。
その通りだと福島氏に賛同した僕。
さらにMC田原総一朗から「ダースさん、日本はアメリカの核の傘から出るべきか。」と問われダース何とかは、出るとも出ないとも答えられず「日本は国際協調すべき」と言い続けるだけでした。
平和主義者だと自分は思っているのだろうけど、自分の論理が破たんしてる事を認めようとしない。
似非平和主義者、左翼の頭の中は本当に理解できない。
あえて批判されることを承知で書きます。
「9条の下日本は核を保持しない。被爆国としてこれからも非核を訴えていく」と左翼はのたまいますが、日本は日米同盟で米国の核の傘に守られてる。この事を無視して「日本は被爆国だから非核を訴えるべき。」これは偽善です。
福島香織さんではないが、「日本は被爆国だ。3度目の原爆投下は許さない。よって日本は核保有を宣言し日本に核ミサイルを向けてる中国、北朝鮮、ロシアに対し、日本は核ミサイルで答える。」
その位言ってもいいのではと思うのだが?
一方今日の産経新聞に文芸評論家の小川榮太郎氏のインタビュー記事が載っていた。
小川氏の著作「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」に対し朝日新聞が猛抗議し名誉棄損で損害賠償を請求するとする件について、小川氏にインタビューしています。
詳しくはネットでも読めると思うのでご覧になって下さい。
ここにきて朝日新聞は小川氏以外にも、維新の足立康史議員の「朝日新聞死ね」で足立氏に抗議文を送り、月間正論で朝日新聞を批判した高山正之氏にも抗議し訴えてると息巻いているようです。
こんな状態の朝日新聞を産経新聞は「朝日、常軌を逸した恫喝」と報じています。
朝日は相当追い詰められて来たのだろうと個人的には思います。
そんな朝日新聞に一言言いたい。
朝日新聞は民進党と一緒になって、「森友学園」が開校を目指した小学校の「設立趣意書」で黒塗りされた部分を「安倍晋三記念小学校」だ。とする報道を繰り返してきた。
これに関しては毎日新聞も同様に報じていたようです。
しかし財務省が開示した黒塗りには「開成小学校」と書いてあることが明らかになった。
それに対し朝日新聞は「籠池氏が『安倍晋三記念小学校』の校名を記した趣意書を財務省に出したと、5月9日付け朝刊で報じた」と淡々と釈明しただけで、安倍総理、読者への謝罪・訂正は無い。
こんな態度だから「朝日新聞は偏向・ねつ造、はては反安部の機関紙」と言われてしまうのです。
慰安婦報道も同じ。
日頃朝日は「安倍政権は言論弾圧・報道の自由を制限してる」と批判してるくせに、小川氏と言う個人に対し言論封殺、言論弾圧を行っている。
報道機関と自負するなら、法的措置など執らずペンで堂々と戦うべきではないか。
こんな事を書くと僕も訴えられるのだろうか?

昨日24日韓国の国会が8月14日を、元慰安婦をたたえる法定記念日「日帝下の日本軍慰安婦被害者生活安全支援と記念事業に関する法改正案」を可決し、通称「慰安婦の日」とすることを決定したそうです。
日本側は「日韓合意」に反すると抗議しましたが、韓国は馬の耳に念仏と言うか、蛙の面に小便と言うか、とにかく日本側の抗議を意に返さない無礼な態度をとっています。
日韓合意が結ばれた時からこうなる事は分かっていました。
そしてちょうど訪韓していた公明党の山口代表は韓国側に抗議しませんでした。
彼は「韓国の国内問題の一環の立法措置だ。」と述べ、日韓合意への影響はないとの認識を報道陣に示したそうです。
公明党の代表だが一応日本側、政権与党であるにも関わらず、こんな体たらくでいいのか。
支援団体・創価学会の意向がそうなのか、はっきりメディアは分析し報道すべきだ。
大阪市の吉村市長の詰めの垢でも飲んだほうがいいじゃないかと思う。


呆笑 礼 @hoshorei
https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

スポンサーサイト




テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 田原総一朗 朝まで生テレビ

朝日新聞、森友問題と慰安婦問題の印象操作

連日国会は森友問題しかやっていません。
韓国は大統領がクビになって事実上の機能不全に陥っていますが、日本も似たようなものです。
森友問題で刑事事件に発展しそうなのは、見積書を三種類作って、補助金をだまし取ったのではとの疑惑です。しかしメディアは昭恵夫人の100万円寄付に焦点を集めて。安倍総理退陣の大合唱です。
安倍総理が何らかの口利きを行いその見返りに100万円貰ったのであれば納得ですが、選挙区外で100万円寄付したとしても法的には問題ないはずです。
安全保障が危機的状況なのに、国を揺るがす大問題だと煽りに煽ってるメディアこそ問題です。
今日の産経新聞・産経抄ではそんな煽り報道の親玉・朝日新聞を取り上げています。
24日朝日新聞の一面に「昭恵夫人付職員が関与」との見出しが躍った事を批判してます。
「関与」と言う言葉を使う事で、安倍総理夫人が森友学園土地問題に関係をもって、便宜したとの印象を読者に与える事を朝日新聞は意図してると、産経新聞は分析しています。
他紙、毎日新聞、日経新聞、東京新聞はともに「照会」との言葉を使用しています。
朝日新聞が「関与」と言う言葉で、日本を貶める報道は以前にも行われた。と産経は続けます。
平成4年1月11日の朝刊トップは「慰安所、軍関与を示す資料」と記事が躍り、また別の記事で「朝鮮人女性を挺身隊の名のもとに強制連行した」と報じた事で、日本が慰安婦強制連行を行ったとの印象を世界に広めてしまいました。
問題の資料の真実は「慰安婦募集に際し、一般市民の誤解を招かぬように誘拐などを行う悪質な業者に気を付けろ。」と言う通達の事で、朝日が印象操作した「軍の強制連行」とは真逆の資料です。
とにかくこの朝日新聞の報道で政府内は蜂の巣をつついたような大騒ぎなってしまいました。
記事の5日後、記事の真相も分からぬまま訪韓した宮沢首相は、8回も韓国民に謝罪してしまいました。
朝日新聞慰安婦報道について、「政治動かした調査報道」(平成6年1月25日朝刊)と自画自賛します。
しかし後年、朝日新聞は「慰安婦報道・挺身隊の名のもとに強制連行は虚偽報道」として訂正に追い込まれ社長は退陣します。
朝日が記事を取り消しても「慰安婦強制連行」は独り歩きして、世界に拡散してしまい収拾が付かなくなってしまいました。
今回の森友問題も同じような朝日特有の「印象操作」を感じざる負えません。

韓国紙・朝鮮日報がロッテ会長の次女シン・スンウンさんが、日本の民放テレビのアナウンサーと結婚と報じています。
見出しを見て僕はTBSかなと思いました。そしたらその通りTBSのアナウンサーでした。
何かと韓国との繋がりが噂されてるTBSです。
韓国人女性と結婚することで、彼の社内評価はうなぎ登りと言ったところでしょうか。

次も朝鮮日報の記事から
記事は23日、日本の平和団体が釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を訪れて「まっとうな謝罪と賠償を日本政府に促した。」と報じています。
「日本平和委員会」と言う団体の20人余りが、「安倍政権は慰安婦の歴史をゆがめ、朝鮮をはじめとするアジアの女性に性奴隷であることを強いた事実も無視してる」と批判したそうです。
朝鮮日報によるとこの団体は全国に500の基礎組織があり、会員は1万7500人も上ると伝えています。
さらにこの像には1月に日本夫婦、2月には日本人女性4人がそれぞれ謝罪の手紙を携えて訪れたと報じていました。
慰安婦像を訪れて謝罪するのは、どんな日本人か知りませんが、朝日新聞が拡散させた「慰安婦強制連行虚偽報道」はいくら朝日が訂正しても、このように拡散し続けています。


ブログが更新できない平日はTwitterで発信してます。
呆笑 礼 https://twitter.com/hoshorei

クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 安倍総理

米国製憲法の歴史。

先日の新聞に雑誌・「新潮45」9月号の広告が載っていました。
「世界中の慰安婦像をクレーン車で撤去したい。」
朝鮮半島で慰安婦狩りをしたと偽証、虚偽を世界に発信した故吉田清治氏の長男の言葉です。
ジャーナリストの大高未貴氏の取材に父の過ちを悔いていたそうです。
吉田氏の作り話を執拗に垂れ流した朝日新聞の罪はもっと重いです。
今日の産経新聞に、外務省の英語版HPにある「歴史問題Q&A」に、今年2月に杉山外務審議官が国連で行った慰安婦問題の事実関係に関する発言内容のリンクが新たに追加されてることが分かったと報じています。
杉山氏の発言は2月の国連女子差別撤廃委員会で、河野談話作成過程で強制連行を裏付ける証拠が無かった事や、強制連行説は吉田清治氏による「ねつ造」であり、朝日新聞が吉田氏を大きく報じたことが「国際社会にも大きく影響を与えた」と指摘した内容です。
これまで外務省は杉山氏の発言を無視し続けた事に各方面から批判されてきましたが、ようやく発言がリンクされた事はよかったと思います。
ここで外務省から名指しで批判された朝日新聞がどんな対応を見せるのか、それとも反論せず沈黙を守るのでしょうか。
注目です。

米国副大統領のジョー・バイデン氏が、大統領候補のトランプ氏の日本の核武装容認発言に対し「核保有国になれないとする憲法を、私たちが書いた事を知らないのか。」とした批判発言が波紋を呼んでいます。
米国が国際法を破って、敗戦国の日本に憲法を押し付けたと公式に言ってしまった事になります。従来米国は公には認めていなかったと思います。
護憲の総本山である朝日新聞天声人語はこんな事を述べていました。
「米政府の要人としては異例で、無神経と言う他ない。『米国から押し付けられた憲法だから改憲すべきだ』と主張する人たちが歓迎しそうな話だ。・・・日本政府がまとめた憲法改正案が民主的でないとしてGHQが短期間で作り直した。ただその中で日本の研究者の意見も参照されたと言われる。」とバイデン氏の発言を傲慢だと批判していました。
今日の産経新聞に古森義久氏が「米国製憲法の歴史」と言うコラムを載せています。
古森氏が1981年4月にNYで日本憲法起草の実務責任者チャールズ・ケースディー氏にインタビューしたそうです。
ケースディー氏によれば、マッカーサーは日本側に草案作成を命じ、その産物が「松本試案」のA案、B案でしたが共にマッカーサーから米国の意向に反するとして排除され、GHQでの憲法作成が行われたそうです。
朝日新聞天声人語の言う「日本の研究者の意見も参照されたといわれる。」は、先に述べた「松本試案」であり、またGHQの原案を日本語に訳す時の表現の事ではと推測します。
ケースディー氏は、東京の第一生命ビル内ですべて米国人だけで進められたと証言しました。
また米国製の日本国憲法の最大の目的は「日本を永久に非武装のままにしておくこと」だったと総括してたそうです。
GHQは日本政府代表にこの憲法を受け入れるよう強要しました。
その時会合が行われた上空には原爆を落としたB29爆撃機が轟音をあげて飛び「原子エネルギーの暖」と言う言葉で威圧してきたそうです。
憲法論議をする場合、こう言った憲法の出自をぼかすことは不健全である。
バイデン氏の発言はその憲法の歴史を邪気なく開けたと言うことだろう。
古森氏はそう述べています。

ブログを書いていて、朝日新聞は本当に偉そうで頭きます。
大体「天声人語」って言う言葉は何なんでしょうか。
「庶民の声こそ天の声」って言う意味みたいですが、天の声を朝日新聞が受け取り、人の言葉に変換して読者に伝える。そんな傲慢さが感じられます。
まるでカルト宗教のようなタイトルです。
天声人語は最後にこんな事を述べてます。
「戦後の歴史を無視するかのようなバイデン氏の発言は傲慢だ。・・・敗戦を思うこの時期、日本の政治家からどんな声が出てくるか。まさか聞こえなかったことにするわけではあるまい。」
朝日新聞が、靖国問題、南京問題、慰安婦の虚偽を世界に流布してしまった事について、政治家を批判する天声人語にこう言いたい。
「朝日新聞からどんな謝罪が聞けるのか。まさか自分たちの責任をなかったことにするわけではあるまい。」


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。


テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

tag : 天声人語 慰安婦 朝日新聞 吉田清治 大高未貴 国連女子差別撤廃委員会

朝日新聞慰安婦報道訴訟。

慰安婦問題をめぐる昨年の日韓合意を受けて、昨日韓国で「和解・癒し財団」の初の理事会がソウル市内で開催され、設立、発足しました。
会場には日韓合意に反対する市民・学生らが乱入し、一時占拠したと韓国各紙が報じています。
会場から出たキム理事が反対派から催涙スプレーを吹きかけられ、目に軽傷を負い病院へ搬送されたと報じられました。
これに先立つ水曜日に、日本大使館前の少女像にて恒例の反日集会が行われ、夏休み中の中高校生が大勢参加したと報じられてます。
この抗議集会は韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)が主催しており、今回の反対派乱入事件は挺隊協が主導したのは明らかです。
彼らはこの合意について、「不可逆的解決などありえない。我々は日本を永遠に糾弾する。」として、財団設立に反対してきました。
この「北朝鮮系の挺隊協」の真意は、日韓関係の離反です。
また韓国の世論・メディアも日本がらみだと、理性的な判断はできません。
彼らは朴政権より「北朝鮮系の挺隊協」を支持してしまいます。
朝日新聞が「慰安婦強制連行・性奴隷」を初めて報じ、キャンペーンを張り、それが韓国側に飛び火して、現在に至ります。
韓国はせっかく手にした日本批判の格好の材料を、今後も手放す事はありません。

朝日新聞は日韓のトゲである「慰安婦問題」を世界で初めて報道しました。
朝日新聞は平成26年にこの報道の一部を誤報だったと認め取り消しました。
これに対し、国民2万5千人が日本国民として名誉や人格を傷つけられたとして、朝日新聞を相手取って起こした訴訟の判決が、昨日言い渡されました。
産経新聞から、
判決は「朝日新聞慰安婦に関する誤報で、名誉毀損の被害者がいるとすれば、それは旧日本人、大日本帝国、日本政府だ。日本人一人一人の国際社会における評価が下がったと言う道理はないし、そのような事実を認める証拠もない」と認定したそうです。
この時傍聴席からは「不当判決だ」「今も海外で嫌がらせにあっている人はどうなるんだ。」と怒号が飛んだそうです。
元々この裁判での裁判官の資質(日教組教育が強かった時代に教育を受けた世代など)に問題ありとして、原告が裁判官の交代を求める「裁判官忌避」を申し立てていましたが、却下されてしまいました。
原告らは「裁判官は世間知らずだ。日本人は海外で性犯罪者の子孫だと言われてるのに、日本人の名誉が傷つけられていないとなぜ言えるのか。」と憤慨しています。
口頭弁論では豪州在住の日本人らが出廷し、
「豪州では日本に対するヘイトスピーチや暴力、差別行為が起きている。朝日新聞は自らまいた反日の種を刈るべきだ。朝日新聞は誤報を認めた振りをしてるが、英語版の記事では世界に向けて『慰安婦強制説』を発信している。こういった偏向報道で海外在住の日本人が反日活動の矢面に立たされ、多大なる被害を受けている。」と訴えました。
裁判官にはこの方々の心の叫びが届かなかったようです。
いや偏向裁判官は初めから朝日新聞擁護を決めていて、この方々の発言を無視したのかもしれません。その証拠に、東京地裁はこうした海外の状況には一切触れていないようです。
原告は控訴するそうです。
当然です。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



テーマ : 時事ネタ
ジャンル : ニュース

tag : 韓国 慰安婦 朝日新聞 挺隊協 和解・癒し財団

朝日新聞、押し紙に代わる新たな手法?

僕は以前産経新聞と朝日新聞を購読していました。
しかし、朝日の報道に嫌気が差して止めてしまいました。
その後朝日新聞の販売店の店長は何度も購読してくれと懇願してきて、ビールとか色々あげるから、何とかしてくれと何度も言ってきていました。
その時朝日新聞が販売部数激減で相当追い詰められ、販売店にプレッシャーをかけているのだろうと思いました。
その極め付けが、半年後の昨夜やって来て3か月無料で入れさせてくれと言うものです。
「契約書はサインしてもらいますが、集金はしません。店長の私が一筆書きます。」
とインターホン越しに言ってきました。
しかし僕は断わりました。
朝日新聞はもう見たくないと言う思いと、さすがにこれは違法だろうと言う思いがあったからです。
もうこんな事で朝日と関わりたくないと言うことです。
推測するに、僕と3か月契約してそれを朝日新聞に報告する。
しかし僕には請求しない。
つまり販売店が新聞代を被るという事でしょうか。
それとも、何とか販売部数を維持したい、朝日新聞社本体の意向なのか。
その辺は僕には分かりません。
まあ押し紙問題で、公正取引委員会から叱られた朝日新聞です。
押し紙に代わる、販売部数ねつ造を模索してるようです。

一昨日のブログ、共産党・藤野議員がNHKの番組で「防衛費が人殺し予算」と発言した事を述べました。
この問題が波紋を呼んでいます。
一応藤野氏はネット上で釈明したようですが。
今日の産経新聞は、震災で自衛隊の活躍を肌で感じている方々からも非難の声が上がってると書いています。
先日の震災に苦しんでいる。熊本、大分からは糾弾する声も上がり。共産党と手を結んだ民進党関係者は「藤野発言で100万票は失った。」と頭を抱えているようです。
さらに藤野氏が先の発言をした時、同席していた民進党・山尾志桜里議員は藤野氏の発言をとがめず、事実上「追認」しました。
民進党も同意見だと思われても仕方ありません。
民進党関係者は「あの発言をおかしいと思う見識が山尾氏にない事が問題だ。共産党をかばっているようで『野合』と言われても仕方ない。」そう言ってるそうです。
この件に関し、民進党・岡田代表は
「不適切だ。」と指摘したそうです。
民進党・枝野幹事長は
「自衛隊関係者に不快感を与える。」と語りました。
民進党・前原議員は
「極めて悪質でひどい発言だ。身を賭してやってる隊員に対し極めて失礼で無礼だ。」と批判しました。
しかし藤野発言の現場にいながら、藤野氏の発言を「追認」した身内の山尾氏に関しては、
彼らは何も言いません。
彼女のガソリン代問題、コーヒー代問題も民進党は明らかにしようとしません。
自民党への批判は舌鋒鋭い民進党ですが、山尾志桜里議員問題は隠ぺいするつもりです。
今回の藤野発言で、彼らが主張する「安保関連法は戦争法案だ。」は事実と異なると、国民が気づく事を希望します。


クリックしていただいたらランキングに参加できます。
クリックしていただいた方感謝です。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
つれづれなるままに 日本の主張を発信していきます。

PR Disc Work

オリジナルCD、DVD制作承ります。



テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : 朝日新聞 公正取引委員会 山尾志桜里

プロフィール

呆笑 礼

Author:呆笑 礼
ようやく日本がいいなと思い始めたおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Amazon
アクセスカウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-